オリンパスが近日中にPEN E-PL7 を発表?

Photo Rumors に、オリンパスのE-PL7(E-PL6後継機)に関する噂が掲載されています。

New Olympus PEN E-PL7 Micro Four Thirds camera to be announced soon

  • オリンパスは近日中にPEN E-PL7 マイクロフォーサーズカメラを発表する。新型は16MPセンサー、81点AF、8コマ/秒の連写、3インチバリアングルモニタ(タッチパネル)を採用するだろう。

 

オリンパスのE-PLシリーズは1年未満の短いサイクルでモデルチェンジをしてきているので、そろそろ後継機が登場してもおかしくはない時期かもしれませんね。E-PL7のスペックがこの噂通りだとすると、E-PL7は、E-PL6にE-M10のAFシステム(81点FAST AF)を組み込んだマイナーチェンジモデル(?)になりそうな雰囲気です。

2014年5月 6日 | コメント(18)

コメント(18)

81点AF+バリアングルタッチモニタ!
レンズキャップが余るので、ただのキャップ付きのボディを販売して貰えまいか^^;

チルト液晶ではなく3軸バリアングルになるなら、楽しみですね。OMシリーズの後継にも実装の期待がもてるでしょうし。

可愛くてコンパクト、という点ではどうしてもGM1に劣ってしまいますから、見た目にも変化があるのかないのかも興味ありますね

PLシリーズで液晶が本当に「バリアングル」になるのか、それともこれまで通り「チルト」なのかが気になります。

測距点が一気に81点というのも魅力!

付属のレンズは当然のように例のパンケーキズームでしょうね。
かなり持ち出しやすいシステムになりそうですが、内蔵フラッシュは付くかな?

二代続けてマイチェンでは少々興醒めです。
PL5&6は背面液晶が横長で、
センサーを最も活かせるアスペクト比4:3の時、
すごく狭くなるという何だかなぁ仕様。
これが改善されている事を願います。

これでE-PL5あたりが安くならないか期待しますw

もしバリアングルが本当についてたら猫撮りにほしいです!バリアングルでコンパクトなミラーレスは今まで無かったですからね。

E-PLよりE-PMが好きだけど、そっちの後継機を出す気はないのかな・・・

バリアングルも内蔵フラッシュも要らないので
手振れ補正&Wifi内蔵のGM的なモデルに期待。
それと初代Pen時代の旧いM.ZUIKOレンズの
リニューアルもお願いしたいです。

マタマタのマイナーチェンジですね。2015になったら新センサーが出るのでしょうか?まあ通常用途では現時点の性能で満足してますので、軽くて明るいレンズ開発をお願いします。

この情報が本当なら当初E-PM2にE-PLを統合してという話がE-PMは廃止してE-PLに廉価機は統一になったんですね。
E-PxとE-PLxの2ラインにするのかもしれないです。
「バリアングル」はE-620やパナのG.GHに搭載されいるのを言うと思うのですが、チルト式の液晶もバリアングル液晶に含まれるのでPL6と同様180°パネルが開くチルト液晶もバリアングルと呼んでいるのでしょうね、多分*_*;。まあニコンのP7800で横開きバリアングルが達成できているので光軸とズレますが今までのPENにはない液晶パネルになってる可能性は0では無いですけどね*_*;。

ちょっと新製品出すの早すぎじゃないかな・・・

手ブレ補正は何軸でしょうか?

液晶モニタは16:9をやめて3:2にして欲しい。

もうフォーサーズが出ないのならバリアングル(当然3軸のもの)だけで我慢するので・・・
って願ってもオリンパスは応えてくれたことないんでしたね

チルトじゃなく本当にバリアングルで、かつE-M10相当の3軸補正なら魅力的ですが、PL5→6の例がありますし、挑戦的なことはしなそうな予感です。

ボディサイズ、コストとのバランスを取りながら、E-P5とE-M10の機能を盛り込んでくるのだと思いますが、横長液晶の改善(液晶が大きければ横長でも構いませんが)、バリアングル、3軸手ぶれ補正辺りが入ってくれると嬉しいな、と思います。
E-PL7が高機能化すればするほど、GM1対抗の小型機を別に出しそうな気がしますが、その場合、どんな感じになるのか、また、いずれ出るであろうE-M5の後継やE-P5後継に像面位相差を載せるのか否か、など今後の展開も楽しみです。
後は、最近、どんどん機能が増えているので、そろそろフォーサーズ時代から10年以上変わっていない(?)、メニュー画面の一新もお願いしたいです。

E-M10からファインダーとダイアル類を無くしてペンスタイルになった機種だと思います。あと自撮り液晶。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年5月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが2014年度に過去最多の10本のレンズを投入」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF-S10-22mm F3.5-4.5の後継機が今年中に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る