富士フイルムXF56mm F1.2 R は価格に見合った高性能レンズ

photozone に、富士フイルムXF56mm F1.2 R のレビューが掲載されています。

Fujinon XF 56mm f/1.2 R (Fujifilm) - Review / Test Report

  • 鏡筒は金属製の部品がしっかりと組み立てられており、フジノンレンズの常で、造りはとても良好だ。
  • フォーカスリングは、非常にスムーズに回転する。14mm F2.8や23mm F1.4 と異なり、AFとMFを切り替えるフォーカスクラッチ機構は搭載されておらず、富士フイルムの戦略はこの点では少々不明確だ。絞りリングの感触は問題無いが、もう少し重いほうが好みだ。
  • X-T1との組み合わせではAFは間違いなく速いが、それほどキビキビとはしてはいない。AFの作動音は聞こえるが小さい。
  • 歪曲は、JPEGでもRAWでも0.2%を下回るごくわずかなタル型だ。
  • 周辺光量落ちは、(未補正のRAWでは)開放では1.8EVの非常に大きな値で、F2に絞ると大幅に改善し(0.63EV)、F2.8以上では基本的に問題はなくなる(F2.8で0.19EV)。自動補正されたJPEGでは、周辺光量落ちは開放で0.9EV、F1.6で0.6EVで、F2以上ではRAWと同じ値になる。
  • 解像力は開放から中央はとても良好(very good)で、隅と周辺部は良好(good)だが、傑出した値ではない。絞ると解像力はピークとなるF5.6まで、ゆっくりとしかし着実に改善する。このとき、中央は素晴らしい値(excellent)、周辺部と隅はとても良い(very good)から素晴らしい値(excellent)になる。このレンズの解像力の特性は、23mm F1.4と良く似ている。
  • テストした個体のセンタリングのクオリティ(偏芯の少なさ)は良好だった。像面の湾曲は小さい。
  • 倍率色収差は、(ピークの)F1.2で平均0.6ピクセルでかなり小さい。F2.8以上に絞ると、倍率色収差は0.2ピクセル前後に減少し、これは無視できる値だ。
  • ボケは、後ボケも前ボケも滑らかだ。玉ボケはとても均一で、F1.2では少し輪郭が付くが、F2まで絞ると改善する。玉ボケの内部は画面中央では円形だが、周辺部では口径食のために若干形が崩れる(絞れば改善する)。絞りの形状はF2以上で目に付き、意外なほど(絞りの形が見え始めるのが)早い。
  • 軸上色収差は、多くの大口径レンズと同じようにこのレンズでも見られる。絞ると改善し、F2.8ではいくらか痕跡が見られるが、F4以上では問題はなくなる。
  • このレンズは23mm F1.4ととてもよく似た特性のレンズ(これは良いことだ)で、超大口径と高画質を兼ね備えている。鏡筒のクオリティはとても高いが、防塵防滴ではないのが残念だ。価格は若干高いが、テスト結果を見るとこれは適正な価格で、ポートレートやストリート用の大口径レンズを探している富士ユーザーには、このレンズが当然の選択だ。(大いに推薦)

 

光学性能の評価は5点満点中3.5点~4点でとても良好な評価となっています。解像力は、開放から四隅まで実用的な値で、これはF1.2の大口径レンズであることを考えると、とても優秀と言ってよさそうです。ボケは後ボケ・前ボケともにとてもスムーズですが、軸上色収差のためか玉ボケの輪郭に若干色が付くようですね。

2014年5月17日 | コメント(5)

コメント(5)

富士フィルムは高性能なレンズが揃っていて良いですね。
Eマウントを選んでしまったことを後悔してしまうぐらい、羨ましいです。

愛用しています。

ペンタ77mmF1.8Ltd , ソニー135mmSTF ,
オリンパス45mmF1.8
を使用してきた私が、
現時点では、最高のポートレートレンズとして、
みなさんにオススメします。

ボケもOK、ピントもOK
X-T1を使えば、AFでF1.2の顔アップポートレートが可能です。

高性能みたいですなあ。とりあえず新しく始まったレンズレンタルで試してみます。

今日モデルさんの撮影会で使いましたが、
ポートレ最強レンズです。
美しいボケ、そして、
とてもF1.2開放と思えない切れ味。
なんじゃこりゃ!って感じでした。

絵に芯ができて、切れ味バツグンですね!
フルサイズでこれと同等の写りをするレンズは倍の値段すると思うと・・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年5月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX20がディスコン扱いに、X30は夏に登場?」です。

次のブログ記事は「ソニーα6000は動く被写体に強くコストパフォーマンスが抜群のカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る