シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsの公式サンプル画像

ドイツのシグマが、flickrで一眼レフ用の超望遠ズーム「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports」の公式のサンプルを公開しています。

S - 150-600mm F5-6,3 DG OS HSM SIGMA Deutschland 

比較的廉価な超望遠ズームレンズは、望遠端では甘くなってしまうレンズが多いですが、このシグマのスポーツラインの150-600mm F5-6.3 は、望遠端でもなかなかシャープですね。

カバのサンプルを見る限りでは、周辺部の画質の落ち込みもあまりなさそうです。このレンズと同時発表された廉価版のコンテンポラリーラインの150-600mmのサンプルも見てみたいところです。

2014年9月30日 | コメント(21)

コメント(21)

コレは良いですね!Nikon純正80-400を導入しようと考えていましたがタムロンの150-600が出て、ヨドバシで試してみましたが周辺の甘さで二の足を踏んでいたいときにこの情報。

今回、作例を見て購入する決意が出来ました。あとは値段ですね。本当に定価25.6万円なんでしょうか?

PENTAXは、まだフルサイズ機が無いから出ないのでは?

望遠端でこの写りなら期待できそうですね。
動き物(否 動物)を狙うので写りももちろんですがAF速度及び精度、
手ぶれ補正の効きなども気になります。
このレンズの場合、これにかなり近いらしいコンテンポラリーの方の性能も
気になりますよね。
スポーツが良さそうなら良さそうなほどコンテンポラリーの期待が高まるという。

これはすごい描写ですね。 欲しいな~。

中傷する訳ではありませんが、シグマのレンズはAF精度が純正と比して劣る為、
その点気になります。 元々精度の高いNikkorとは比較にすらなりませんが、
速度優先と感じられるEFレンズよりも格段に精度が落ちます。
広角~準標準を使う分には問題無いのですが……

新3ライン以降、初期合焦位置とAF速度は良くなりましたが、AF精度に関しては
純正の代わりとして安心して使えるレベルに達していません。

シグマは描写性能が高いレンズ、価格と比べて素晴らしいレンズが多いだけに
なんとかならないかな・・・と長い間思っています。

鳥屋さんのブログを見ると、タムロンの150-600も近距離なら純正と違いが分からないとか。
最近のタムロンやシグマのレンズは良くなっていますね。

でも、ニコンのボディにシグマの50mmを付けてみましたが、ピントリングの回転方向が反対でイライラします。
AF後の微調整時には指が自然に動くので、ピントが反対にずれるとイライラしてきて集中できませんね。
ピントリング、ズームリングの回転方向は純正に合わせて欲しいです。
サンプル画像ももう少しあると良いのですが、回転方向が同じならこの価格でこの絵なら購入もありですね。

動体重視のスポーツラインと、標準ラインのコンテンポラリーラインはどちらが画質が良いのかな?
普通に考えれば、動体重視していないほうが高画質に設計できそうなものだけど。

この描写なら買い。
後は実売価格がどの程度になるかかな。

画質は良さそうですが、『Sports』と謳ってるレンズのサンプルなのに、殆ど止まった動物ばかりですね。

すでに600/4や500/4を持っている人がTamron150-600を買う主な理由の一つはその質量。2kgを切るTamronと約3kgのSigmaスポーツラインでは購買意欲にかなりの差が出てくる。まあ、メジャーな意見ではありませんがね.....

意欲的なレンズですがスポーツラインとするにはF値が暗いですね。日中晴天ならそこそこのAF追従はできそうですが暗い状況では難しいでしょうね。出すならF4ズームまででしょう。

obさん、ご指摘の様にシグマに限らず純正レンズ以外はAF速度に問題があると思います。シグマレンズの場合はキヤノン機では余りきにならない人が多いように思えます。ボディ側のAF制御において、ニコンとキヤノンは確かに違います。以前のデーターでは、キヤノン機が合焦と認める範囲は、ニコン機の約2倍の幅があり、この幅はニコン機の場合、AF補助光使用時に広げるAF許容範囲です。各社のマウントを提供している関係上、動作は汎用性持たせてあると思います。部品を個々のメーカーに合わせて調整や変更は行なわれていない為、ニコン機とは相性は良くないのではないかと思います。

カバは600mm、5D、ISO800、F7.1、フォトショ現像ですかね・・・。
jpeg撮って出しも気になるところです。

タムロン150-600+1DⅢでAFサーボだと、ブルーインパルスでは能力不足だったんで、7DⅡや6Dと組み合わせた時のインプレが早く聞きたいです。

う~ん?サンプルを見た私の感想では、
Ta150-600より解像度悪いと思いますね。
Nikon D810&D800E で野鳥を撮っています(手持ち主体)が
もっとシャープな解像感が得られています。(純正の類似レンズと比べても良いですね)
ブルーインパルスも先日撮りましたがAF追従も良く気に入っています。

大きなほ乳類だと,解像感がイマイチわかりにくいですね。
一枚ある野鳥を見る限り,解像感は悪く無さそうですが,それほど良いとも思えない。
もう少し色々なサンプルが出て来るのを待ちたいと思います。

コンテンポラリーラインの150-600mmの重さがとても気になります。まだ情報は無いのでしょうか?

EF100-400LIS後継機の噂がとんとでなくなり、
こっちにしようかなぁ~とよそ見したくなりますね。
動きものとか他のサンプルをもっと観たいですね~。
コンテンポラリーラインもどんなものか気になります。
タムとの比較はもっと気になりますね。
で、実売のお値段ってどれくらいなんでしょうかね。
早く発売してほしいものです。

>>j
スポーツラインにするなら暗くてもF4までと言うけど、
600mmまでF4通しならヨンニッパの重量や最大径といい勝負。
プロでもサンニッパに高画質対応の2倍テレコンをかますことが多いし、150-600mmの大きさを考えるといい線ついてると言えるでしょう。

obさんの仰る様に、レンズのAF精度は純正に劣るんでしょうか?
単にボディからの信号で動いてるだけでしょ?
レンズの問題と言うよりはボディのAF精度や
ボディ、レンズそれぞれのAFズレの問題
だと思ってました。
それがキッチリ調整出来ていれば
純正だろうがサードパーティーだろうが、
AF精度は問題無いとの経験上の認識です。

AF速度は劣るかもしれませんがモノに依りますよね。
このレンズでも他のレンズでも、
ボディをシッカリAF調整した上でなら(純正メーカーで)
シグマでレンズをボディにシッカリ合わせてくれますよ。
シグマ他非純正レンズでの問題と言えば、
AF設定がズレてて、別に調整が必要になる場合がある位でしょうか?
けどそれも純正でも有り得る事だし・・・

とにかくこのレンズ、少し暗いのが残念ですが興味持ってます。

Artラインの600mm希望

約2年使用し、Nikonのヨンニッパの重さが辛くなり

売却し購入を考えています(^_^)v 待ちも大切ですが、

やっぱり野鳥は機動力も必要ですよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーが画質認証ブログラム「GR certified」プログラムを開始」です。

次のブログ記事は「キヤノンPowerShot G7 X のサンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る