タムロン28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD は画面の隅まで一貫した解像力

ePHOTOzine に、タムロンのフルサイズ用高倍率ズーム「28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD (model A010)」のレビューが掲載されています。

Tamron 28-300mm f/3.5-6.3 Di VC PZD Lens Review

  • 大きさは10倍ズームとしては標準的で、540gの重さも同様だ。鏡筒はつや消し仕上げのハイクオリティなプラスチック製で、まずまずしっかりとした感触だ。マウントはゴムでシーリングがされている。
  • ピエゾドライブモーターによるAFは、高倍率ズームとしてはかなり速く、いつでもマニュアルでピントの調整が可能だ。フォーカスリングはスムーズで十分な重さがあるので、微調整も快適に行える。フォーカシングはインナーフォーカスで、フィルター枠は回転しない。
  • ズームリングは、200mmから300mmのズーム域では少し重くなるが、動きはスムーズだ。下に向けてもズームの自重落下は見られないが、それでもズームのロックスイッチが用意されている。
  • 手ブレ補正は、300mm・1/30秒で約半分のシャープな画像が得られた。これはおおまかに言って、4段分の効果だ。
  • 解像力は、28mmでは、開放から画面全域で既に素晴らしい値(excellent)だ。絞ると画面全域で改善し、ピークのF8では画面全域で際立った解像力(outstanding)になる。
  • 100mmでは、開放では中央はとても良好な値(very good)、隅は良好な値(good)まで解像力は低下する。絞るとF11でピークになり、画面全域で素晴らしい値(excellent)になる。
  • 300mmでは、開放では画面全域で良好な値(good)で、全体的に解像力はもう少し低下するが、それでもなお、このような高倍率ズームとしては、かなり良い解像力を維持している。F11がベストの性能で、このとき画面全域でとても良好な値(very good)になる。
  • 色収差は300mmでF6.3の時に1ピクセルを超えるだけで、ズーム全域で許容範囲内に収まっており、周辺部のハイコントラストの部分でもほとんど問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは、28mmで2.39EV、300mmで1.69EVでまずまずよく補正されている。F8以上に絞れば、ズーム全域で見た目に均一になる。
  • 歪曲は、28mmでは4.51%のタル型で非常に目立つレベルだ。300mmでは1.1%の糸巻き型で広角端ほど目立たない。歪曲の形は全域で整っているので、後処理での補正はかなり容易なはずだ。
  • 逆光では、300mmでは若干のコントラストの低下が見られるが、その他の焦点距離ではかなりフレア耐性は高い。
  • このレンズは便利なズーム域に加えて、高性能な手ブレ補正や防塵防滴、高速なAFによって、更に利便性を増している。ニコンユーザーは純正との価格の違いはわずかかもしれないが、旅行用の便利なズームを探しているソニーとキヤノンのフルサイズユーザーは、メーカー純正や他のサードパーティーに(このレンズ以外の)実用的な選択肢はない。
  • 良い点: 画面全域での一貫した解像力、便利な10.7倍のズーム域、効果的な手ブレ補正システム、良好な造り防滴構造、まずまずコンパクトで軽量、圧電素子のAFモーター。
  • 悪い点: ニコン純正とあまり価格が変わらない。

 

解像力は、絞り開放から隅まで優秀な値で、特に広角端では高倍率ズームとは思えないほどの高さですね。望遠側は広角側ほどの性能ではないですが、周辺部の落ち込みがなく、一昔前の高倍率ズームと比べるとずっと安定しているようです。サンプルでも、高倍率ズームとしてはシャープで良好な画質という印象です。

2014年9月29日 | コメント(12)

コメント(12)

値段が下がってくるまでは、防滴を除けば結局純正ですかねぇ

手ぶれ補正効果はニコン純正よりも良いと思っていましたが、それを確認する事ができました。他のデーターもいい結果が多いので安心をしました。今迄はフルサイズのカメラは欲しかったのですが、価格はともかく純正レンズが重いので二の足を踏んでいましたが、タムロンから250g程軽いレンズが出ると聞き、ニコンのFXカメラにこのレンズをつけて、楽しんでいます。APSーCには無かった画質が時々感じられ良かったと気にいっています !

管理人さん、こんにちは。

紅梅率ズームは旅に持っていくといいと言いますが、
個人的には街中での撮影にいいと思っています。

実際、街の中で落ち着いてレンズ交換できる場所がない
ものです。
なので、高倍率ズームでこれだけ良く写ればそれで充分
だと思います。

最近のレンズは絞り開放から使えるものが多いですが、
このレンズもまさにその通り使えるレンズだと思います。

キャノンもこういうの出してほしいですね。
あっ、ありますがけどあれはLレンズで大きく重く高い
ので安いものがいいですよね。

ここまで評価高かったとは意外です。
ネットでサンプル探しまくって見る限り、やはり便利ズーム、進化もそこそこあるが、大したことないなぁという印象しか持っていませんでした。
ここのサンプルは変な癖もなくまぁ良い感じではありますがoutstandingほどの解像力かぁ・・・テストの仕方にもよるでしょうが本当?という印象もまだ残ります。

サンプル見てもそこまで解像してない気がするけど気のせいだろうか

キヤノンは300ミリ級便利ズームが手薄だから素直に羨ましいですね、
サードパーティーとコスパ込みで渡り合える純正レンズのあるニコンが。

一つ前のモデルを使っていますが、高価なLレンズしか選択肢が無いキャノンユーザーからすると有難いレンズです。その高価なLレンズも、28mm側の周辺部は作品に残すには少し辛いピントになるのがネックですが、タムロンは28-300mmまで、特に目立つ欠点は見当たりません。
広角域以外は純正Lに軍杯が上がりますが、撮影対象によっては全く問題無い場合も多いので、機材を軽くしたい場合など重宝します。軽さも純正Lの様に、筋トレ出来るのでは?という重量もないですし、有難いレンズです。ただ、ズームの回転方向のみ、キャノンと逆回転なので、慣れが必要ですね。改善していただければ、購入したいです。

> 悪い点: ニコン純正とあまり価格が変わらない。

うーん…
たとえサードパーティ製のレンズであろうとも、良い物であれば適正な価格で売る機会があってもいいはずです

ツァイスなら高くてもいいけど、タムロンなら安くすべき、みたいな考え方には賛同しかねます

リングの回転方向が選べて帯が銀色にでもなれば、今の倍以上売れると思います。

16-300はボロクソだったのに、この28-300は非常に高い評価をしていますね。

APS-C機を使っているのだが、広角側は28mmでもいいので、望遠側を重視する場合、16-300よりも28-300の方が画質がいいのかなぁ。

>ニコンユーザーは純正との価格の違いはわずかかもしれないが、

ニコン純正の28-300mmとは2万近く価格が違うと思いますが…

嶋田さん

> 悪い点: ニコン純正とあまり価格が変わらない。
「うーん…たとえサードパーティ製のレンズであろうとも、良い物であれば適正な価格で売る機会があってもいいはずです。ツァイスなら高くてもいいけど、タムロンなら安くすべき、みたいな考え方には賛同しかねます。」

大いに賛同します。まあ、高級?ブランドに大枚はたくのは個人の嗜好ですから他人がとやかく言うべきではありませんが、「タムロンなら安くすべき」は製品力、技術力を過小評価することで納得できませんね。良いものにはそれ相当の対価を払うべき....でもちょっと安いとうれしい....と言うような感覚でしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年9月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスLoxia 2/35 はBiogon 2.0/35 ZMよりもデジタルとの相性が大きく改善されている」です。

次のブログ記事は「ソニーが46MPと54MPの高画素機を準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る