インドネシアの認証機関にライカD-LUX(Typ109)が登録

インドネシアの認証機関「Postel」に、ライカの新型コンパクト「D-LUX(Typ109)」が登録されています。

Postel

  • カスタマー: Leica Camera AG
  • 機器: デジタルカメラ
  • ブランド名・モデル名: Leica D-LUX(Typ 109)
  • 製造: 日本
  • 登録日: 2014年9月3日

 

D-LUX(Typ109)は製造が「日本」となっているので、これまでと同様にパナソニックのOEMモデルの可能性が高そうですね。現行型のD-LUX6はパナソニックLX7ベースですが、新型のD-LUX(Typ109)は、ひょっとすると近日中の発表が噂されているパナソニックのLX100がベースになるのでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------------------
情報を教えて下さった方、ありがとうございました。

postel_leica_d-luxtyp109.png

2014年9月 3日 | コメント(8)

コメント(8)

ご存じの方がいらっしゃったらぜひご教示いただきたいのですが、パナソニックからのOEMのライカブランドのコンパクトデジカメって、やっぱりパナソニックブランドのものと画作りとか違ってくるんでしょうか?

絵はパナソニックそのままですよ。

基本は編集ソフトの違いがメインですかね
あとカメラ内部のメニュー表示等は変わっているので乗っかってるソフトに若干の差異はあるのかも?

本体の製造が日本生産ってことは京都の福知山で製造しているのかなぁ(旧ウエスト電気)

同じパナソニック製でもライカの場合検査の基準がメチャクチャ厳しいです。
ライカの検査は3回繰り返して、そのテストに合格したものだけがあの赤バッチをつけることが許されます。
検査に引っかかったものは東南アジアの方にルミックスの皮を被せて輸出されて行きます。
なので、同じルミックスでも並行輸入品などは写りに影響がない程度のやや難あり商品だったりします。
他のメーカーも同じく検査に引っかかったものはあちらの方へ出荷されて行きます。

パナソニックと、そのOEMのライカは同じではないようです。

海外では今までも何度か全く同じ条件で比較した結果をブログに載せている人がおり、低感度性能に違いはなくても、高感度性能で違いが出るという結果もありますし、性能差ではなく色味などにも違いは出ています。

私はライカMの色味が個人的に好きなのですが、OEMモデルもそれにどことなく似たような結果を出していると思って使っています。一見すると淡い色になってしまっているのですが、それがMのつくる画に似ていて好きです。OEM元のパナソニックは同時に同じものを撮ったことはありませんが、いくら撮ってもどうもどぎつい色が出てしまって好きではありません。Mと一緒に持ち歩くには、パナソニックよりも、結果が似ているOEMの方が使いやすいです。

しかしそれがリーズナブルな価格(安いという意味ではなく納得の価格という意味)かというとそういうものではないと思います。工業製品は少量販売する場合は高価格になってしまうものです。性能がよいから、画づくりがよいから価格が高くても割に合うというものではないと思います。

LumixとパナOEMのライカは画質チューニングが違ってますよ。
Lumixの方がはっきりしてる感じでOEMライカはしっとりしてる感じ。
(Lumixも他メーカーに比べるあっさり目で派手さよりしっとり系ですがOEMライカは更にしっとりした感じ)

個人的には値段差ほどの画質差は感じませんが・・・

チューニングの内容が公開されてない以上はブランドの気持ちの問題としか思えませんが...

LF1ベースのCみたいに外装を独自の物に換えれば、あの価格差もある程度納得できるんですけどね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX100T(X100S後継機)は24MPではなく16MPセンサーを採用?」です。

次のブログ記事は「ソニーがフォトキナで発表する可能性のあるレンズのリストが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る