DxOMark にソニーα5100のセンサースコアが掲載

DxOMark に、ソニーα5100のセンサースコアのデータが追加されています。

Sony A5100 sensor review: Uncompromising performance 

 

   α5100       α77II       α6000   
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
80 82 82
Color Depth
(色の再現域と分離)
23.8 24.4 24.1
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
12.7 13.4 13.1
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
1347 1013 1347

  • α5100のDxOのスコアは80ポイントに達しており、APS-Cとしてはとても良好なスコアだ。色再現の23.8bitsは素晴らしい値で、高感度も同様だ。一方で、ダイナミックレンジの12.7EVは良好な値ではあるが、現在のAPS-Cセンサーでは標準的な値にすぎず、GH4やE-M1に採用されている4/3センサーやソニーの1インチセンサーに迫られている。
  • α5100のスコアは同じソニーのα77II やα6000と近いが、色再現とダイナミックレンジで若干低い値になっている。α5100の高感度はα6000と同一で、透過光ミラーのあるα77IIはこれよりも低い値となっている。
  • α5100は上位モデルのα6000から機能が削減されているが、劣ったセンサーを使用しているというわけではなく、実質的に同じ画質のセンサーを採用しているようだ。

 

α5100のスコアは、同じく24MPセンサーを採用しているα6000やα77IIと較べて若干低い値となっていますが、実写ではほとんど同じ性能と見てよさそうですね。α6000に採用されているEVFや高速連写等の機能が不要なら、α5100も良い選択肢になりそうです。

[追記] スコアの信憑性やデータの見方などのDxO自身についてのコメントは引き続きこちらでお願いいたします。

2014年9月24日 | コメント(6)

コメント(6)

6000と5100は同じセンサー、エンジンだと思ってたんですが、
びみょーに違うんですかね。
6000を2台買うのもなんなんで、
タッチシャッターと動画の優位性もあるので、
5100を買い増そうかと思ったんですが、
ちょっと躊躇したくなりますね。
自分が重視しているダイナミックレンジなんかは、
5100と6000の差よりも、5100とRX10の方が「近い」んですよね。
実売価格自体も5100>6000なので、初値とは言え、
現状で5100を買う要素が減ってしまいました。
あと2万円くらい安くなったら「妥当」な価格なのかな。
この後出てくるQX1の方が、
値段的にも性能的にも面白いかもしれませんね。

Overall Scoreは数ポイント違いますけど(誤差?)、同じセンサーっぽいですね。
まあ、当たり前か……

α5100、なかなか評判良いですね。
ただα6000と同じセンサーなら、α6000でもXAVC Sを採用出来たんじゃ?
ファームウェアのアップデートで使えるようになれば良いのですが、ソニーはやらないんだろうなぁ…。

2400万画素センサーの+-3ぐらいは同じものと見て良いのでしょうかね?
色再現とダイナミックレンジとか・・センサーはよくサイズなりとか言われてますが、小さいセンサーの方がサイズの割りに全体的に効率が良い感じに見えるのは気のせいでしょうか?

QX1、α5000と同じセンサーとの話を聞きましたが、これα5100とも同じものなんですかねえ。

適正露出で撮影することを放棄しない限り、違いを確認するのは困難だと思います。
1段分補正するぐらいではわからないでしょう。
違いが出る撮影や補正をこのクラスで行う方が問題ですが、センサー性能が高いに越したことはないですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2014年9月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD750の感度別のサンプル画像が掲載」です。

次のブログ記事は「D300S後継の期待が高まることは十分理解している」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る