オリンパスE-M1の新ファームは2週間後にリリース?

43rumors に、オリンパスE-M1の新ファームに関する噂の続報が掲載されています。

(FT5) Now 100% sure new E-M1 firmware is coming in two weeks from now.

  • 現在では、オリンパスが今から2週間後に素晴らしいE-M1の新ファームウェアをリリースすることを100%確信している。この新ファームは、シルバーのE-M1や新しいPROズームと共に発表されるだろう。新ファームの改善点の非常に長いリストが得られ次第、知らせたいと思う。
  • P.S. (新ファームに)4K動画は間違いなく搭載されない。

 

E-PL7以外のオリンパスの新製品は、この新ファームや40-150mm F2.8を含めて、どうやら全てフォトキナの直前あたりに発表される可能性が高そうですね。今回のE-M1の新ファームは、キーストーン補正機能などの新機能を含む、非常に大きなアップデートになると噂されているので、詳細な内容が出てくるのが楽しみです。

2014年9月 3日 | コメント(12)

コメント(12)

FT5で,いよいよですね。
発表が待ち遠しいです。

発売から一年近く経ちますか、未だにE-M1にはワクワクさせられます。

OM-D,PENともに非常によく出来たカメラだと思っています。ただ相変わらず対応してもらえていないのが、ISO-AUTOの設定で感度アップの際のトリガーとなる低速シャッターの設定ができないことです。今回のリストに入ってくれていればそれが一番の喜びなのですが無理なんでしょうね...なんで対応しないのか不思議です。少なくともE-M1ではやって欲しいものです。

ISO-AUTO等の低速シャッターの設定ですが、フラッシュ同調の低速シャッタースピードに連動してますよ

>hogeさん
>、ISO-AUTOの設定で感度アップの際のトリガーとなる低速シャッターの設定

ISO-AUTOの下限シャッタースピードは、フラッシュの低速制限の速度とリンクしています。(どういう理由かはオリンパスしかわからないのですが・・・)
ただし、フラッシュの低速制限を1/30秒以上に設定しても最低1/30秒は優先的に確保する仕様みたいです。
1/30秒で使えるだけでも割と使いやすくなると思います。
高速側は1/320秒まで上げられます。

E-M1非常に気に成っている今日この頃であります
レンズカタログに300ミリF4が載っているのを見てGHからの乗り換えを真剣に考えています
新しい機能によっては即買いでしょう 

オリンパスオンラインショップのキャンペーンのページに
40-150mmPROレンズ発売記念キャンペーンのリンクがありますね。
まだ当該ページはありませんが、発売は秒読みのようです。

dig3様:

ありがとうございます。さっそく帰宅して試してみたいと思います。
それにしても不思議な仕様ですね...

ISO-AUTOの話題ということで個人的に不満なのは、露出のMモードでISO-AUTO時、露出補正できない点ですね。

これがパナソニックだとMの時はISO固定しかできなかったので(少なくともGF1時代)、それよりはマシなんですけど、他社(ペンタかな?)とかでは露出補正できるのもあるのですよね。

Mモードといいつつも、実際は自動感度のAEなので、この点はファームアップ等で対処して欲しいものです。
露出パラメータは絞り・SS・ISO感度の3つなので、銀塩時代の感度固定のUI に引きずられるのはそろそろ終わりにして欲しい…。

パナライカの絞りリングを使えるようにして!

ざりねろさん
本来のMモードで撮りたいなら,ISO固定で撮ればいいというだけの話ではないのでしょうか?

creaさん
いえ、本来のMモードが使いたいのではなく、SSと絞りを固定してISO可変のAEが使いたいのです。
そして当然露出補正もしたい。

フィルム時代なら、感度は固定なのでMモードは露出マニュアルしか無かったのですけどね。

どうやらペンタでいうTAvってやつのようです。
そしてペンタの特許らしいという情報が…。マジですか。
ペンタにはハイパーマニュアル? というMモードで露出を選択しやすいのもありますし、便利そうですね。

写真は光と影の表現なので、露出制御は重視したい所。
オリンパスにもハイライトシャドーコントロールとか、ハイキーローキー、スポット測光のハイ/ローか色々ありますけど、他社技術でも良い物は取り込んで欲しいです。

まぁ、E-M1ならレバー切り替えでISO操作が簡単なので、それでやればいいのかもね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがフォトキナで発表する可能性のあるレンズのリストが掲載」です。

次のブログ記事は「Fujifilm X100T は9月10日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る