オリンパスE-M1の新ファームではEVFのレスポンスが16msに改善される?

43rumors に、オリンパスE-M1の新しいファームウェアの新機能や改善点に関する噂が掲載されています。

(FT5) E-M1 2.0 firmware will improve EVF response down to 16ms (from previous 29ms)

  • 別の信頼できるソースが、E-M1 の2.0の新ファームについての追加情報を教えてくれた。
  • オリンパスキャプチャー: ソフトウェアテザリングで、PCからほぼ全ての操作ができる。
  • 2つの新しいアートフィルター: ヴィンテージとパーシャルカラー。
  • EVFのレスポンスが16msに高速化(29msから改善)。
  • 合計で16ヶ所の改善。
  • キーストン補正機能: ライブビューで使用でき、2つのコントロールダイヤルと使って、水平・垂直軸を独立して操作することができる。悪いニュースはレタッチモードでは機能しないことで、1軸しか操作できない。

 

EVFのレスポンスが半分近くの時間になるというのは、大きな改善点ですね。動きモノの撮影などではかなり違いが分かりそうです。今回のオリンパスE-M1の新ファームでは、合計で16ヶ所もの改善点があるということなので、この記事に記載されている他にもまだ多くの改善や機能追加等がありそうですね。

2014年9月 8日 | コメント(14)

コメント(14)

何度も言いたい、パナライカの絞りリングに対応して!

Capa9月号のEVF比較評価記事に依ると、E-M1の連写H時のEVF表示タイムラグは、他製品より遅めの34msec。但し、同時に評価していたE-M10が連写H時に17msecの結果だったので、F/Wアップデートで改善されないかと期待していました。!(^^)!
ちなみに、一番早かったのが、Fuji X-T1で15msec弱。次がSonyのα77 IIの16msec弱。一番遅いのがNikon V3+DF-N1000の41msecでした。
参考まで。

ファームでの性能向上は素直に嬉しいですね。
個人的にはフォーカスピーキングの色で赤が選べるように
なっていると嬉しいのですが、
今言われてもオリンパスさんも困りますよね。(^_^;)

EVFのレスポンス改善は連写時のブラックアウト解消につながるのでしょうか。
あのブラックアウトが小さなタイムラグの積み重ねなら少なくとも改善はありそうですけども。

E-P5、E-M5所有しているのでE-M1はパスしていましたが、新ファームの内容によっては我慢できなくなりそうです。(笑)
EVFのレスポンス向上は嬉しいですね。

地道な改善は嬉しいですね。
私も絞りリング対応をお願いしたい。
マイクロズイコーのさらなるプレムアムラインには
絞りリングも有りだと思います。
私はOM派(EVFとシューが必要)ですが
ペンで絞りとかトキメかないか?

EVFってファームで性能(?)が変わるもんなんですね!? つまりハード的にはそのポテンシャルがもともとあって、ソフト的に改善の余地があった、ということになるんでしょうかね? にわかには信じ難いですが(出し惜しみというわけでもないでしょうが、疑問が残るというか…)、ユーザーの方にとってはもの凄くありがたいファームアップでしょうね!(^^)

E-M1が29ミリ秒から16ミリ秒になる・・・と聞いて
私のDMC-G6はどうなんだろうかと調べてみたら、9.2ミリ秒でした。
E-M1はEVFが大きい分表示タイムラグが大きいのでしょうか?てっきりG6なんかを上回るものだと思っていたので、なんだか拍子抜けしてしまいました。

E-M10は7ミリ秒を達成しているので高画質だとやっぱり遅くなるのかもですね。

倍率が大きかったり、ドット数が大きいとタグも大きいみたいです。

アートフィルターにヴィンテージが追加されるのを期待してたので嬉しい。
iPhoneやInstagramかとバカにされそうだけど、フラッグシップ機種にもこのようなお遊び機能が搭載されるのは素直に歓迎したい。

一足お先にファームアップしてみました。
EVFに関してはフツーの使い方だと言われてみれば違うかな?程度ですね。
ストップウォッチを撮影すると明らかに違いましたが。
デジタルシフトもなかなか。ただ残念なのは2軸補正が出来ないこと。
アートフィルターもヴィンテージとパートカラーも期待していた通りの内容。
ライブコンポジットはE-M10に既に搭載されているので目新しさは無しですね。

アルティミクロン自体は
応答速度が5msだという記事を見たことが
あります。

ですから、処理アルゴリズムの改良によっては
まだまだ向上の余地はあるということですかね。

EVFの解像度を落として応答速度を上げる『動体撮影モード』っていうのもあっても良いかもしれませんね。
でも、ファームアップ13日位にならないですかね。3連休だし(^_^)♪


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスOtus 1.4/85 の価格は4000ユーロ弱?」です。

次のブログ記事は「PENTAX 645用のレンズシャッター付きのレンズが近日中に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る