キヤノンが来年に他にはないマクロレンズを発表?

Canon Rumors に、キヤノンの新しいマクロレンズに関する噂が掲載されています。

New Unique Macro Coming? [CR1]

  • 他にはない新しいマクロが登場する? キヤノンの「世界初」のマクロが来年中に登場すると聞いている。これが聞いていることの全てで、「世界初」が何を意味しているのかを推測することはできない。近日中に更なる情報を聞きたいと思っている。

 

「世界初」がどのようなものなのかは分かりませんが、便利で実用的なマクロレンズの登場に期待したいところです。キヤノンのマクロでは50mmがかなり古くなっているので、そろそろリニューアルして欲しいですね。180mmマクロも以前に何度か噂が流れているので、リニューアルに期待したいところです。

[追記] 今年中→来年に修正しました。

2015年2月 9日 | コメント(43)

コメント(43)

ズームかシフトのマクロでしょうね まってまーす

他にはない・・?
ひょっとして、50㎜から180㎜までカバーできるズーム方式のマクロレンズとか?(思いついたまま言っただけですが(^^;))

世界初?
手持ちでは避けられない前後方向のブレによるピンずれを補償するのでしょうか?
なら、大歓迎です。

ズームは、ニコンにズームマイクロニッコールがあるので、世界初とはなりませんね。PCマイクロニッコールレンズもありますね。どんな世界初でしょう。

高解像度の虫の目レンズとか出してくれたら買うかも。
CR1情報ですしあまり期待はしていないですが。。。

50㎜F値1.2+ハイブリッドでしょうか?

コンパクトマクロも古いですし、50/F1.2の後継という事で・・

レンズとは関係ないかもしれないんですが、4Kフォトとの組合せでもいいので、深度合成機能を組み合わせた機能がホントに欲しいです。新しいMや7D系でもいいので、早く搭載してほしいなとおもいます。

世界初?なら
ズーム式マクロかな?
等倍なら最高、0.5倍でも良いかな。
問題は価格ですね。庶民の手が届く範囲でお願いします。

コンデジみたいにLEDライトつきとか…
既にありそうな気はしますが

キヤノンの新マクロレンズは過去にこちらでニュースがありましたね。
http://digicame-info.com/2013/09/is-1.html
ズームだけでなく何か世界初のサプライズがあると良いんですが。

シャインプルーフの原理を利用して、被写体の前部から後部までピントが合うマクロレンズとか?

私も、なんだなんださんのご意見に賛成です。前後のブレを感知するセンサーで、ピントのずれを瞬時に補正するのではないでしょうか?

本当に「マクロレンズ」なんでしょうかね。
カメラをシーケンシャルに制御する「マクロ」だったりして。それなら世界初っぽい。

わーいさんも仰られている様に、シフトが出来るマクロだと有り難いです。
物撮りで5Dsと合わせれば、最強タッグのツールとなりましすね!
別件ですが、50mm2.5マクロの解像感の無い絵創りは、5Dsではさすがに辛いと思います。
リューアルが必要かと思います。

ズームマクロやライト付きマクロはニコンから出て既にディスコンになってるので、それ以外で個人的に出して欲しいのは300mmクラスの等倍マクロかな。
あと、MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトが古くなってきてるので、これに置き換わる新製品にも期待したいところ。

マクロのズームもシフトも、既にニコンが出してるので
世界初にはならないでしょう。

なにが出てくるんでしょうか、楽しみです。


位相差の検出が可能アポダイゼーションフィルタ搭載レンズとかでしょうか。

意外なところでEF-Mマウントで出たら飛び上がって喜びます。

シフトじゃなくて、ティルトの方が良いのでは?
マクロで物撮りなら、ピント面を変えたいでしょう?
両方ならなお良いかも。

60-120mm切り替えマクロとか?
両サイドがマウントで逆付け等倍以上撮れたりして。

去年噂の有ったズームマクロでしょうか?しかしそれだと「世界初」ではないですし。F1.8で等倍以上とか・・・重さも大きさも世界初になりそうですが。

ズームマクロにエクステンダー内蔵でどうでしょう。100-200F2.8Lとか。

外部からMFリモート操作可能なTS-Eマクロを希望します。

MP-E65mmF2.8の後継レンズだったらうれしいですね。AF、手振れ補正付きでね。
最近マクロの世界にのめり込んでいるので、よろしくお願いします。

なるほど。LED製の擬似リングライト内蔵だったら、便利ですね。糸巻き型や樽型に収差を選べる、なんてのもいいですね(無理かな)。

僕の中でマクロレンズは等倍を意味するので
そろそろ50mmもハーフでは寂しいかな?と
最大倍率1:2.8でもマクロの名称が付いているレンズもあるので
そこら辺の取り決めがあっても良さそうなものですが・・・

世界初 全く新しい・・・・
もしかすると等倍以上のマクロレンズとか?
それとも等倍のズームレンズとか?

どちらも マクロレンズは実効F値が影響するので
大口径は外せないと思うので レンズが巨大化しそうですね

MPの5倍が10倍になるんでしょう。

ふぅ〜む???世界初ですかぁ〜?
もしかして、「3Dマクロ」とか(笑)
ズームマクロ以外には、思いつきませんが、
ニコン派の私としては、お手並み拝見といきますか^^;

楽しみですね。しかし、今年になってからの
キヤノンの勢いはすごいですね。

1/2倍までのシフトマクロであればニコンのPC-Eがありますから、
等倍シフトマクロだと面白いですね
ただこれを世界初というのは多少大げさな気もしますが

LED付きマクロレンズは安原製作所のNANOHA、シフト・ティルトマクロはPC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED、ズームマクロはAi AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFがありますね。ニコンのレンズはハーフマクロですが、”等倍で世界初”ではインパクトに欠けます。

DOを近接撮影に最適化して採用すれば、5Dsの画素数に負けない超高分解能マクロレンズが造れるかもしれません。

以前の噂のように「等倍かつズーム」であれば世界初ですよね。楽しみです。

等倍広角ズームマクロとか?

これがレンズではなく 「カメラ」 なら色々アイデアが湧きそうですけどね。 ステレオカメラとか、もっと多くして複眼とか。 深度合成もどちらかと言えばカメラ側の仕事ですし。。
レンズ単体だと・・・顕微鏡みたいにレボルバー式の倍率切り替えレンズ、とかかな? ズームだと2~3倍程度の可変ですし。

リングライト内臓は有り得そう!と思いましたが初ではないのですね。

であれば、28mmで1cmまで寄れる広角マクロとか、200mmで2倍ならぬ3倍マクロとか……

オリンパスの深度合成マクロ、シフトチルト、STF……

レンズとエクステンションチューブとテレコンがそれぞれ分離して、組み合わせで100mm等倍にもなるし、200mm望遠にもなるとか……

マクロ好きなので、あっと驚くのを期待します。

180mmマクロを愛用しています。
等倍付近のマクロ域の描写に不満はありませんが、
他の望遠レンズでは寄れない近距離でのボケに物足りなさを感じています。
1.4xテレコン内蔵の300mmのテレマクロが欲しいです。

ティルトシフト・ズームマクロ!
おまけにAFなら完璧!とかどうでしょうか?

既存の機能の組合せなら以外と出来そうな
気もします?

5Dsの発表と同時の噂なので、5Dsの超高画素にマクロレンズの精緻な描写が似合うということでマクロレンズということなんでしょうね。過去に有ったかどうかは分かりませんがマクロレンズというと通常はF2.8くらいでも明るい方なので前玉をおもいっきりデカくしてF1.4~1.8くらいのバカデカいマクロレンズは如何でしょうか?。でも、シグマのArtラインかCZのOtusならコスト関係なしで5Ds用でそんな化け物を出してくれそうな気もしますね(純正では無理かなとも思いますがキヤノンも別系統のLレンズを用意するらしいので5Ds用の化け物レンズを自ら出してくれるかも)。

機材持ってないけど興味津津です

意表をついて3D撮影マクロとか!

 ニコンは、「Micro」が付かなかったReflex Nikkor 500mm F8(New)にもマイクロモードがついていましたね。
そういう意味では、魚眼ぐらいしか真の世界初はないのかも。

何が出るにしても、高額では?
世界初なら競争相手はいないはずなので。

世界初?パンケーキマクロレンズ(笑) ムリなんでしょうねぇ~。

シフトかズーム、どちらももう出てるんですよねぇ
だとすれば、あとはなんですかね

デジタルズームでマクロかマクロの大口径化ですかね
ピント合わせるのが至難の技になりそうですけど

まさか、魚眼でマクロとか出ませんよね(笑)
(できるのかわからないけど)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年2月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーイメージングがCP+で手ブレ補正機能を利用した「超解像」技術を発表?」です。

次のブログ記事は「ニコンが間もなくD810Aと複数の新型COOLPIXを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る