オリンパス7-14mm F2.8 PRO は6月に発売?

43rumors に、オリンパスの超広角ズーム「7-14mm F2.8 PRO」の発売時期に関する情報が掲載されています。

BHphoto confirms the 7-14mm f/2.8 PRO lens will ship in June!

  • B&H Photo(北米の量販店)によると、オリンパスの7-14mm F2.8 PRO は6月に発売される。このことは、オリンパスの公式発表は5月中になることを意味している。他のPROレンズ(300mm 4Fと8mm フィッシュアイ)の発売日に関する情報はまだ無い。
  • 以下は7-14mmのファーストインプレッション
    - 4/3用の7-14mmと比べるとずっと小型軽量
    - AFは非常に速く静か
    - フォーカスリングはとてもスムーズ
    - 近接性能は素晴らしい。レンズ前面から2cmまで寄れる
    - ボケはとても良好
    - フレアの問題はない

 

7-14mm F2.8 PRO は、他にも近日中(数週間程度?)の発表という情報があるので、そう遠くないうちに発表されるのは間違いなさそうです。このレンズはインプレでは、大変に高い評価だったので、実際の製品が出てくるのが楽しみですね。

2015年4月24日 | コメント(14)

コメント(14)

お、待ってました。
めちゃくちゃ寄れるんですねぇ
でもフィルターつけられないからキズ、汚れが恐いですね

パナの7-14/4を持ってるので、PASS・・
なので、300mm/F4を先に出して欲しかった・・

いよいよですね!
楽しみです♪(*^^*)
価格によっては300mmF4と前後する可能性がありますが、それでもこのレンズの存在がさらにマイクロフォーサーズというフォーマットを魅力的にするのは間違いないですもんね。

広角は暗いボケないという概念が
消し飛ぶのですから凄いですね

このレンズにしか撮れない
そんな世界があるように思えます

とても楽しみです。

OLYMPUSの直販サイトにて4/3の7-14のアウトレット販売が始まりましたので、いよいよかなって思ってました。正式発表が楽しみです。

このレンズをずっと待ちわびています。
これまでは,9-18mmをE-M1に,Panaleica45mmをE-P5に装着し,2台を首からぶら下げて,縦走登山の撮影をしていました。このレンズが発売になれば,E-M5Ⅱに7-14mm,E-M1に12-40mmの2台体制とし,望遠ズーム40-150mmをザックに忍ばせながら縦走することになりそうです。完璧だ!早く発表して下さい!

こいつをあてにして早々にパナの7−14を売りに出してしまったので、本当に待ちわびています。40−150proの出来を見るに、これにも期待せずにはいられません。魚眼とは時期がずれる感じですかね。

2cm まで 寄れるんですか! 蝶著好きにはたまりませんね!

出目金なのが痛い。
フィルターを付ける手段は無いものでしょうか。
風景ではC−PLを使いたいシーンの頻度が高いのでちょっとつらいですね。

待望の、m4/3初、明るい超広角ズームですね。
最も期待するのがAF精度。焦点距離の短い広角・超広角は
どこのメーカーもAF精度が不十分で、位相差式の限界を
感じているだけに、コントラスト式に期待です。超広角に
なると遠景はライブビューのMFすら大変ですからね。

肝心の画質については、2本のProシリーズから推し量るに
フォーサーズのSHG並は厳しそうですが、その分小型でAFの
信頼性が高い分実用性はかなり期待してます。
中央のピークはほどほどでいいから、開放から周辺までしっかり
写って欲しいです。

太陽などの光源を入れたときのゴーストがどの程度抑えられているか作例が楽しみです。
あとはパナと同じように、リアにフィルターを入れられるように細工しておいてくれればありがたいです。

噂通りならもうすぐ発表と言う事ですね。
楽しみです。

>koalaさん
マットボックスをつければフィルター着けられますよ!
デカくなりますが!

これでレンズ完結しちゃいますね。。
フォーサーズで出なかった超望遠を期待します。。

現在E-M1に12-40Proと40-150Pro(+MC-14)を使用中ですが
確かにここに7-14Proが入ったらシステムとしてはほぼ理想的な
完成です。
個人的には、ProシリーズのF1.0かF1.2の単焦点レンズが
次にほしいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2015年4月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HD PENTAX-D FA 150-450mm F4.5-5.6 ED DC AW はトップクラスの性能」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがX-T10を5月に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る