キヤノンEF24-105mm F3.5-5.6 STM IS は非常にシャープだが像面湾曲が目立つ

Photozone に、キヤノンのフルサイズ用の標準ズーム「EF24-105mm F3.5-5.6 STM IS」のレビューが掲載されています。

Canon EF 24-105mm f/3.5-5.6 STM IS - Review / Test Report

  • 鏡筒の造りはとても良好で、L レンズと同じではないが、通常のキットレンズレベルではない。鏡筒はハイクオリティなプラスチック製で、マウントは金属だ。レンズは望遠側で大きく繰り出すが、しっかりとしている。
  • ズームリングはスムーズに回転する。ズームは若干自重落下する傾向が見られ、これが恐らくロックスイッチが用意されている理由だろう。フォーカスリングはバイワイヤ(モーター駆動)で、非常にスムーズに回転する。
  • AFはリングタイプUSMほど速くないが、作動音がせず、きびきびと動く。AF精度は良好だ。
  • 歪曲は、24mmで3.4%の強いタル型で、中間域ではわずかな糸巻き型、105mmでは1.9%の気になるラインすれすれの糸巻き型だ。この大きさの歪曲は珍しいものではなく、とりたてて言及することはない。
  • 周辺光量落ちは、24mm開放で2EVの非常に大きな値だが、F5.6に絞ると1EVに大幅に改善し、それより絞れば問題はなくなる。広角端以外では、周辺光量落ちはそれほど目立たない(105mm開放で0.7EV)。周辺光量落ちはフルサイズ用の標準ズームとしては標準的だ。
  • このレンズの解像力は、このクラスの平均を上回っている。解像力は、中央は開放からF8まで(ズーム全域で)一様に素晴らしい値(excellent)で、隅は良い(good)からとても良い値(very good)だ。興味深いことに、24mmでは隅の解像力は、周辺部よりも若干良好だ。像面湾曲は24-28mm域の無限遠付近でかなり目立つ。
  • 倍率色収差は周辺部で1-1.5ピクセルで、通常の範囲を超えるものではないが、24mmでは一番隅の部分の色収差がこれより若干悪い。
  • ボケは、玉ボケは若干同心円状になり、輪郭も目につく。通常のボケ(前ボケ、後ボケ)は、絹のように滑らかではないが、この種のレンズとしてはとても良好だ。
  • このレンズはズーム域も明るさも欲張っておらず、それにもかかわらず大きいので、結果としてとても良好な性能になっている。しかし、欠点もある。このレンズは非常にシャープだが、像面湾曲のために、広角端付近の無限遠近くで隅の画質が損なわれている。このクラスの全てズームは、いずれもそこかしこに問題を抱えており、標準ズームの選択は難しい。

 

光学性能は5点満点中3点で、良好な評価となっています。解像力チャートでは、広角端でも隅まで良好な解像力ですが、無限遠付近での像面湾曲が指摘されているので、広角側で風景などを撮る際には、ピント位置や絞りに少し注意が必要かもしれませんね。とは言え、価格を考えれば全体的によく出来たレンズと言ってよさそうです。

2015年4月 3日 | コメント(3)

コメント(3)

Lレンズとの比較はなにも触れてないんですね
Lよりは若干解像しないって話は聞くけど、どうなんですかね

公開されたMTFを見る限り、旧いLより少し性能が上がっているように見て取れます。
その旧いLですが、私も使っていましたが、なかなか良いレンズでした。
(MTFはかなりカオスな感じなのですが。)

近接撮影能力も強化されているようですね。
一般に、標準ズームは最も良く使うレンズですから、これが残念な出来だと、多くの撮影でがっかりしてしまうでしょう。
良い標準ズームに巡り合えた人は幸せだと思います。

私はかつて、EOS5DMark2に24-105mmF4Lを付けて山歩きをしていましたが、重さに耐えきれずにNEX-7に乗り換えてしまいました。
(前の記事で酷評されていたVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSも持っています。)
・・・またキヤノンに戻ろうかな?という気分になったり。

「EF24-105mm F3.5-5.6 STM IS」をEOS6Dのキットレンズにして、17~18万円位で売ってくれたら、買いたいかも・・・。

6Dにベストマッチのコストパフォーマンスに優れたレンズですね。
キットレンズとして販売されれば6Dももう少し売り上げが伸びそうなものですが、未だにセット販売されないのが謎です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα6000後継機(α7000?)の発表は4K動画のトラブルのために遅れている?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.8 STMは4月、EF50mm F1.2L後継機は来年の登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る