オリンパスが5月12日に2本のPROレンズとE-M1 Limited Editionを発表?

43rumorsに、スイスの販売店がリークしたオリンパスの新製品発表の情報が掲載されています。

(FT5) New Olympus 7-14mm f/2.8, 8mm fisheye and limited edition E-M1 will be announced on Tuesday!

  • Suisse Zumsetinのニュースレターで、オリンパスの新製品の情報がリークされている。5月12日(火曜日)にオリンパスは7-14mm F2.8 と8mm F1.8 フィッシュアイPROレンズを発表する。そして、E-M1のスペシャルリミテッド・エディションも登場する!

 

7-14mm F2.8 PRO は近日中の発表が噂されていましたが、どうやら8mm F1.8 フィッシュアイも同時に発表されるようですね。あと、E-M1リミテッドエディションの情報はこれが初めてで、このカメラがどのような仕様になるのか興味深いところです。

発表は43rumorsによると、ロンドン時間で午前5-6時ということなので、日本では5月12日午後の発表になりそうです。

oly_zumstein.jpg

2015年5月10日 | コメント(11)

コメント(11)

E-M1のLimitedって、まさかワニ革貼りとか、18金貼りなんてのじゃないでしょうね?現時点で何らかの機能性能の向上が加わるとは考え難いんですが。もし、内容向上があるならネーミングもmk2とかになるでしょうしね。まあ、ちょっとだけ期待しよう。

E-M1はチタンカラーとかそういうオチと想像。
ただ、銘板の表記がオリンパスイメージングからオリンパスに戻って最初のカメラになると思います(この4月からオリンパス本体に統合)。
そろそろ12-45くらいのF2.0のレンズも欲しいと思います。
ZUIKO DIGITALの14-35mm F2.0の価格を見る限り払えそうな価格に収まりそうですけど。

リミテッドエディションでデザインだけじゃなく新機能追加とかあるのでしょうか。ハイレゾショットか、前に噂の出ていた4K搭載とか。

先月、E-M1を買ったばかりです。
Limited Editionがどのようなものなのか興味ありますが、機能追加であればファームアップでの同様な追加があることを望みますねー。

リミテッドエディションですか!
もしかしたらチタンを模したあの色になるんですかね。
可能ならE-M5II並みの手振れ補正と動画への強さも欲しいとこですがそこまではしないのかなぁ?

どちらにせよ値段が気になりますね!

E-M1リミテッドエディションですか。
お得意のグリップなどの革張りか。はたまたチタンカラー登場とかでしょうか?機能面が変わることはないでしょうね。

岩合カラーがいいなぁ〜!

ハイレゾショットはハード的な変更が必要との
インタビューを読んだ記憶があります。
実現すれば嬉しいのですが、無理ではないでしょうか。

可能性が高いのはチタンカラーか貼り皮でしょう。
チタンカラーは欲しいかも。

7-14mmProの発売は予想よりも早そうなので、資金計画が追い付きませんw
まぁ、秋の紅葉までには何とかしたいですね。

チタンカラーって、CP+ではE-M5Ⅱではなかったでしょうか。E-M1でやるんでしょうかね?

>E-M1リミテッドエディション

岩合光昭氏と同じ色とかだったら迷います^^;

次期モデルの調査も兼ね、あえてグリップを標準的(?)な物にして、レトロ調にかっこよく仕上げたらもうひと伸び来るかもしれないです。
個人的にはあのグリップがネックなので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF28-300mm F3.5-5.6L IS の後継機を開発中?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが間もなくX-T1の新ファームv4.0を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る