ライカの新製品のティーザー画像が掲載

Mirrorless Rumors に、ライカの新製品のティーザー画像(スケッチ)が掲載されています。

Official Leica invitiation for the Fixed Lens Camera announcement.

  • Meister-camera.com が、新しいライカカメラのスケッチのティーザー広告を掲載している。このライカのカメラは、ドイツでは6月11日(以前に述べた6月10日ではない)にお披露目されるだろう。
  • (リマインダー)以下はこれまでに分かっている新型カメラのスペック。
    - このカメラはライカモノクロームのような外観だがより小さい。
    - このカメラにはsummilux 28mm F1.7 の固定式のレンズが採用されている。
    - フルサイズセンサー(画素数はまだ分からない)
    - 手ブレ補正搭載
    - EVF

 

ティーザー広告も出てきたので、どうやらライカの新製品発表は間違いなさそうです。ティーザー広告のスケッチを見る限りでは、新型機は箱型のカメラで、光学ファインダーは搭載されていないようですね。

なお、元記事に掲載されているドイツ語のテキストはライカの伝統(品質や耐久性など)について述べられていて、新型機に関する情報は特に無いようです。

leica_teaser201506.jpg

2015年6月 2日 | コメント(10)

コメント(10)

ワクワクしますね。EVFはそんなに大きくないのかなと思ったり。

液晶画面なし、電子レンジファインダー・・・
妄想ばかり膨らみますね(笑)

ストラップの取付方法はライカTと同じ方式のようですね。
正式発表が楽しみです。

注目していましたが、フルサイズだけあって、
やはりGRのようなコンパクトなカメラではなさそうですね・・・

M9チタンのようなスタイリングに見えます。
個人的にはファインダー内臓のフルサイズXがよかった。
レンズも35mmを希望します。

BlackMagic ccみたいな箱型でアールのあるカメラになりそうですね。
レンズ部分を除くと新機軸なのかも。

超高額で一般消費者向けとはいかないでしょうが、
カウフマン社主の下で緻密なマーケティングによって
生み出されるのでしょう。

EVF内蔵でコンパクトに出来ているなら
X1以来の人気になりそう。

面白そうですが、日進月歩のEVFカメラで、レンズ交換出来ないのでは、高い玩具にしかならないかも...

この手のカメラを買う向きでしたら3年も遊べれば充分でしょう。
庶民ですと、中古で降りてきても憧れのままのお値段の気もしますがw
あとは、スナップカメラとして使えるレスポンスの良さがあるか、等の実際の使い心地ですね。

ライカXバリオより高価であることは間違いないでしょう。40~50万円台でしょうか。でもそれだったらM240の中古を買ったほうがよさそうです。レンズは別売と言えども。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年6月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark II は小型軽量化され若干高価になる?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-Pro2は防塵防滴になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る