パナソニック100-400mm F4-6.3 は2016年の春に登場?

43rumors に、パナソニックの超望遠ズーム100-400mm F4-6.3 の発表時期に関する噂が掲載されています。

And this is the next Panasonic MFT lens (coming Spring 2016).

  • パナソニックが25mm F1.7を発表した。次にパナソニックから登場するのはなんだろう? LEICA DG 100-400mm F4-6.3 Power O.I.S. ASPH. だ! あるソースから、このレンズの2016年春のリリースが計画されているという囁きを聞いている。

 

パナソニックの100-400mmは、オリンパスの300mm F4 と並んでm4/3ユーザーに最も期待されているレンズの1つだと思いますが、今回の噂が事実だとすると、このレンズの登場はまだかなり先のことになりそうですね。

この100-400mm はF6.3で口径は抑えられていますが、LEICAブランドのレンズなので、どのくらいの価格になるのか気になるところですね。もし比較的手頃な価格なら、大人気のレンズになりそうです。

2015年9月 3日 | コメント(12)

コメント(12)

Nikon1の70-300と、このレンズで迷います。どちらもセンサーと画像処理エンジンの進化に期待しますが、どちらかと言うとm3/4の方が早いのでしょうか?
でも、このレンズが大きいようであれば、また迷ってしまいますが。

Nikon 1に80-400をつけてますが,AFがセンター1点なのでほとんどMFの連写で頑張りますがかなり難しいです.ですので,これが出たら是非GX7で使ってみたいです,ですが,買うかどうかはやはり絞り開放での解像度と価格のバランス次第でしょうね.

LEICAブランドですか…
ン十万とか付けて来そうで不安。
安く作れないにせよ、せめてXレンズ辺りで欲しかったなーと。
換算200-800mmは結構魅力なんですけどねぇ。

実売で10万円を切るくらいになれば・・・と思いますが、きっと「LEICA」の文字が全てを狂わせますね(笑)

冗談はさておき、どのような描写のレンズになるのか興味津々。
GH4の後継機が2000万画素クラスのカメラになるなら、このレンズとセットで揃えたら楽しくなりそうです。

前に量販店で聞いた通りの発売時期のようですね。値段は20万円前後になると聞いていますが、そこから少しでも安くなれば良いのですが。

明るさからして、バリオ・テリートとかでしょうか。

価格の予想ですが、35-100mm F2.8 が 10 万ちょい切るくらい (最安店クラスだともう少し安いけど) だから、100-400mm は暗いとはいえ LEICA 銘だし、35-100 より安くなるとは思えないなぁ……。42.5mm F1.2 と同じくらい?

それより、100-400 が出たら 100-300 が安くなってくれたりしないですかね? 逆にお買い得ってことで人気が上がって値段も上がったりする可能性もあるけど (^^;

来年春ですか‥。ということは、時期的にGH5との同時発売ということなのでしょうか?
でも、GH シリーズにはボディ内手振れ補正つけないと聞いているので、GX 8のようなデュアルIS効果望めず、超望遠ズームとのシナジー謳えない気がするのですが‥。

スピードを重視するパナソニックの社風が、発表から発売までたらたらやっているはずもなく、希望的観測では今年の年末、クリスマスプレゼントでトナカイと共にやってくると思います。

一眼レフでシグマやタムロン、或いはキヤノン、ニコンで重たい思いしたユーザーの多くがフォーサーズ超望遠ズームに流れるは必定。需要確保の為、オリンパス300には先行したいはず。推論
どうでしょうか?

ついに、FT用Σ50-500から乗り換えられるレンズの登場。
パナソニックは一足先に、レンズ+ボディーISを実現して
いるので、オリンパスが対応出来なければ、超望遠mFTは
パナが一定のシェアを取るかも知れない。
リオ五輪に向けた企画として、非常に良いタイミング。

100-400となると鳥さんが好きな方には朗報です。思っていたよりテレ端が暗めですが、次世代mFTセンサーでは常用isoが1000を超えるでしょうから問題ないかも知れません。オリンパスの300/4か、パナ100-400/4-6.3。どちらも魅力的です。値段と重さでどちらかをポチると思います。楽しみですが、先ですね。

F4-F6.3はちょっと暗すぎます
もうちょっと明るくしてほしかったなあ

これが出たら、これで月を撮ってみたいですね。
気になるのは、望遠端の解像度ですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2015年9月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「RICOH THETA S の詳細スペックと画像が掲載 」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF35mm F1.4L と EF35mm F1.4L II の比較サンプルが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る