ニコンAF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR は開放から際立った解像力

ePHOTOzine に、ニコンの超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」のレビューが掲載されています。

Nikon AF-S Nikkor 500mm f/4E FL ED VR Lens Review

  • 重さは3kg少々で、このクラスのレンズとしてはとても軽量だ。このレンズはとても容易に手持ち撮影することができ、テストに使用したD600とのバランスは良好だった。
  • AFは電光石火のスピードで、フルタイムマニュアルフォーカスが可能だ。幅広のフォーカスリングは軽いタッチで回転するが、スムーズで十分な抵抗があり、微調整も快適に行える。フォーカシングはインナーフォーカスで、最短撮影距離は3.6mだ。
  • 手ブレ補正は、1/30秒で約半分の良好な画像が得られ、およそ4段分の効果だった。
  • 解像力は、開放から中央は際立った値(outstanding)で、隅は素晴らしい値(excellent)だ。F5.6に絞ると隅の解像力は若干改善する。
  • 倍率色収差は、ピークのF22で0.5ピクセルをわずかに超える値で、極めて少ない。色収差は通常の撮影では、隅のハイコントラストな部分でさえ目立たない。
  • 周辺光量落ちは開放で2.2EVで、この種のレンズとしてはよく補正されている。F8まで絞ると見た目に均一になる。
  • 歪曲は、0.6%の糸巻き型で極めてよく補正されている。通常の写真では歪曲は目立たないが、歪曲の形は画面全域で整っているので、もし完全にまっすぐにしたい場合でも、後処理での補正は容易だ。
  • 逆光では、ナノクリスタルコートのおかげでフレア耐性は非常に高く、コントラストも信じられないほどよく維持されている。
  • 他のニコンのトップレンジのプロ用レンズ群の新型レンズと同じように、このレンズも期待通りの画質だ。8000ポンドの価格のため、多くの人には手が届かないレンズになっているが、軽量、高速なAF、素晴らしいハンドリングなどの特徴によって、レンタルでも人気レンズになるだろう。この軽さだけでも、投資する価値がある。
  • 良い点: 素晴らしい造り、500mmとしては軽量、際立った解像力、超高速のAF、色収差が非常に少ない、歪曲が非常に小さい、効果的なVRシステム、防塵防滴、カスタマイズ可能なボタン、フッ素コーティング。
  • 悪い点: 高価なこと(しかし金額だけのものは得られる)。

 

解像力は開放からピークに近い非常に高い値で、申し分の無い素晴らしい性能ですね。蛍石の採用で、光学性能を改善しつつ、大幅に軽量化されているので、使い勝手の面でも旧型からかなり進化していると言ってよさそうです。

問題は価格ですが、このクラスのレンズの場合は、様々な新素材や新技術を投入して最高の性能を追求しているので、高くなるのは仕方がないかもしれませんね。

2015年9月20日 | コメント(8)

コメント(8)

>•悪い点: 高価なこと(しかし金額だけのものは得られる)。

レンズとしては悪い点が無いことですね。
こんなレンズで遠景を撮ってみたい。

このタイミングでテストボディにD600という理由が理解できませんが、D810だとどうなのでしょうね?


テストボディをコロコロ変えたら過去のデータと比較できなくなっちゃいますからね。

このレンジは使う機会がないのですが、でもかなり綺麗な写りですね。収差もほぼ感じないし、望遠らしくない透明感も十分かと。

でも、購入するには大変ですね。

いかんせん値段が…

この値段でも買う人は買うし、
半値でも買わない人は買わない。買えない人は買えない。
ということなのでしょうかね。

ちなみに、ぼくは、1/3の値段なら、(それでも頑張って)買います(^_^;)

一度使ってみたい!

MTFすごいですね。
そして、やはり想像以上に良い写りしそうですね。たた
85ミリ、135ミリ、ニーニー、サンニッパ
といったレンズもFLになってほしいです。
単焦点1.4シリーズがFLもしくスーパーEDで、他社の高性能レンズを向こう20年は迎え撃てるように頑張って欲しいです。
キャノンはずっと蛍石使ってるので、ようやくニコンもといったところでしょうか?
ニコンにはスーパーEDなどもありますが、キャノンのBRレンズや新しいコーティングに負けないよう、進化した素材の開発をどんどん進めてほしいです

軽量化が凄まじいですね。
もうサンニッパと全然重さ変わらないんですね・・・

悪い点が値段が高いって、
このクラスのレンズでそれは全く悪い点とは言わないんですがね・・・

Nikonの本気を見せつけるレンズですね
高くても見合った性能ならある程度の本数が見込めるのでしょうね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2015年9月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF85mm F1.8 IS とEF-S22mm F2 STM を準備中?」です。

次のブログ記事は「トキナーAT-X 11-20 PRO DX は光学性能は旧型から改善しているがAF精度が問題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る