キヤノン「EOS M10」のスペックに関する情報

読者の方から、キヤノンEOS Mの新型機「EOS M10」のスペックなどに関する情報を提供していただきました。
  • キヤノンがEOS M10を近日中に発表する。
  • EOS M10のスペックは次の通り。
    - センサー: 18MP APS-C CMOS
    - 大きさ: 108 x 66.6 x 35mm
    - 重さ: 301g
    - モニター: 3インチ104万ドット
    - 画像処理エンジン: DIGIC6
    - AFシステム: ハイブリッドCMOS AF III (顔認識 + トラッキング)
    - レンズキット: EOS M10 と15-45mm IS STM
    - ダブルズームキット: EOS 10MとEF-M 15-45mm IS STM & 55-200mm IS STM (価格は849.99ドル)
  • EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM の価格は299.99ドル

 

新型EOS M の名称は「EOS M10」で二桁になっているので、これまでのEOS M とは別シリーズという位置付けのようですね。

EOS M10のセンサーは18MPですが、AFが最新の「ハイブリッドCMOS AF III」なので、EOS M2のセンサーの流用ではなく新型センサーのようです。ボディのサイズは、EOS M2 よりもわずかに大きいようですが、EOS M3 よりは小さいようですね。
-------------------------------------------------------------
情報を提供して下さった方ありがとうございます。

canon_new_eosm_f001.jpg

2015年10月 8日 | コメント(31)

コメント(31)

筐体の縦横比が黄金比でないというか、3:2というより4:3というか、
どことなくPowerShot Nのようなデザインでかわいいですね(笑)

誰をターゲットにしてるんですかね。
iの無い方のKissユーザーを拾うつもりなのか?

2400万画素じゃないとはΣ(・□・;)
こんなところで差別化しなくていいのに。

m3は多少ゴツくなったので女性はこっちの方がかわいいと思うでしょう。
ですのでターゲットの半分は女性でしょうね
カラバリもm3より多くなるかもしれませんよ。

アクセサリーシューもなくて
EVFも使用できないのかな?
ここまで簡潔な製品も必要なのか難しいところですね。

中身は高性能なEOSそのものでしょうが
拡張性をここまでそぎ落とすのは
かなりの冒険のように思いますし、
ソニーへの対抗上投入する製品でしょうね。

可動モニター装備でしょうか?

M2使ってる自分にはあまり旨みはないかな~。
てっきりM2よりコンパクトだと思ってましたが案外大きいのね。

操作性はどうなんでしょうねえ。M2と同じに戻るのでしょうか。背面が見たいです。外付けEVFは付かないでしょうね。あと、15-45のレンズキットはいくらかなあ。6万円くらい?

300gオーバーはちと重いですね。
22mmと組み合わせてコンデジがわりに常時携帯を検討していたのですが、今回はパスかな…。

canonさんもう少し頑張りましょう。

まぁいろいろですね。
僕は面白いラインナップに思います。
レンズキットもしくはダブルレンズキットありきのラインナップってのが実際だと思いますが、それであれば価格次第ですがコンデジユーザーを、交換レンズの世界にうまくリードできる立ち位置になり得るように思いました。

p.s.
個人的には本サイトでも紹介されているG5 Xのレンズ交換式が出たらと期待しちゃいます。

CANONもようやく本腰入れてきたかな。
いやらしい横綱の相撲っぷり、CANONユーザーとしてはそれもアリです。
ここからの巻き返しに期待。でなければ本場所(ミラーレス)休場です。。

ゴミ取り無しとか心配です。
シャッターボタンの傾き加減に拘りを見せていたはずが
あっさり止めてしまい残念です。

シェアを取るには価格が重要
という事で
出来る限りコストを下げた結果ですかね
実験的なのかも知れません

ありゃ、ちと重い。
m2より小さいのかなと思っていたのでちょっと残念。
それでも実物みるのは楽しみです。
それなりにキビキビ動作するなら買ってしまいそう。

α5100並の軽さを期待していたので300gは重いです。
せめてEOS M2よりは軽くして欲しかったなぁ。
この重さならせめてホットシューありにすべきでしょう。

ん?新型の18MPセンサーですね。これで薄暗い場所でのAF性能がアップしてたりすると、レンズ交換式カメラの入門機としては、ベストの選択肢になったりしませんかねぇ。
高機能機を狙っているユーザーには訴求できないけど、EF-M 15-45mmの新レンズの性能が良くて、半年くらいで価格がこなれてくれば、非常に良いカメラという判断ができるかもしれませんね。
カラバリに、ホワイトとライトピンク、ライトブルーなんかあれば、人気がでそうです。
これヒットすれば、キヤノンのマーケティングの勝利でしょう。

M3の18-55キットが現在5万円台中頃ですから、機能も画素数もそぎ落とした
M10の15-45キットは4万円が視界に入らないと辛いですね。
個人的にはAPS-Cでの2000万画素越えにはどちらかと言えば否定的なので
1800万画素と聞いて俄然興味が湧いてきたところです。
高感度も結構頑張ってくれる7D2より1割画素数が少ないのであれば
さらに一回り頑張ってくれそうで楽しみです。

M10と名乗る以上、M2やM3をお持ちの方が「興味が無い」と評するのは
製品企画担当にとって最大の賛辞ではないでしょうか。
(一方、M4担当者は必死に頑張ってくださいね!)

このサイズで300グラム超えってどうやったら出来るのかが逆に興味の湧くところですが、
そんなところで頑張らないのも店頭実売価格を下げて、今まで拾えなかった層に
アピールするためのお手軽設計と思います。
「Nのようなミラーレス」って的を得た表現かも知れません。
ひょっとして重さはバッテリー込みですかね?

あとはカラバリ!この(見るからに)廉価版製品で一番重要な製品情報はカラバリではないかと。。。
それがまだリークしてないので、正式発表を待ちわびます。

Mを買ってアクセサリーシューやEVFを
使う人の割合ってどの位居るんでしょう???
って考えるとM3も有るし正解なんじゃないかな。
最新DIGICで1800万画素に押さえて高感度に
強くなれば魅力になると思いますね~♪
価格次第ではサブに欲しいですね~。

前面に赤外線受光口っぽいのがないからレリーズ使えると信じたい

見えているダイヤルがモード切り替えでなくて電子ダイヤルなら買う価値はあると思います。電源のスイッチは親指でON/OFF出来るといいなぁ。

18MPは24MPよりむしろ好ましいです。M10はまだレンズ交換式カメラを持った事が無い人がメインターゲットでしょうから、此処にコメントされる方たちには魅力ないのは仕方ないでしょうね。ただしこのセンサーの性能に依って次期6D2などのセンサー性能も推量できそうですね。

電池込みで300gなら、フラッシュ内臓であれば許容範囲内ですが、電池抜きの重さですよね。
前にこういう情報で、電池込みだったことがあったのでそれを期待します。

レンズ1本付けて実売3万円台なら売れそうだけど
あまり安く無さそうですね…

やっぱり値段だと思います。

Kissの2桁機に対応するMの2桁機という位置づけで言うと、売れる値段がいくらか?という設定問題になるだろうと思います。レンズキットで最終的には3万前後になると思いますが最初は5万を少し切るくらいで良いと思います。

これが、6~7万なら、無理ですね。わざわざ出す意味がない。Canonが好きな世界最小最軽量のAPSCミラーレス等という特徴があるのなら別ですけど。そうでもありませんし、関心は値段一点だと思います。

結構な重量増ですね。M、M2と同じターゲットと考えると、自撮り液晶搭載で大きく重くなったんでしょうか。あとバッテリー気になってて、大きくなった一因でM3と同じLP-E17になったのではと推測します。なぜバッテリーが気になるのか?M、M2のLP-E12を使う新しい機種がもう出ないのではと、あくまで個人的に心配してます。

重量はバッテリー込みだと思います。
E-M10マーク2のリークのときもそうだったし。。。

外部マイク端子、あるわけないですよね!?

ミラーレスの購買層は、自撮りができて、光るやつがあって、一眼レフで、スタイリッシュみたいなのが中心だとおもうので、これはこれで必要なんでしょうね。

何度もすみません。
バッテリー込みの重量なら、Mとほぼ同じ大きさと重量。チルト液晶搭載なら重量増も納得できますね。そうするとバッテリーはLP-E12(笑)。

マイク端子はホットシューと共にリストラされてるかも?

このボディに1インチセンサーを入れてくれないかな
望遠ボディになるのにね。

マイクロフォーサーズを使っていますが、パンケーキ単焦点があまり無いので、EOS-Mの22mmには興味があります。
小型軽量でフォーカスも早く使いやすい機種でしたら、欲しくなってしまいそうです。
でもモードダイヤルが無くメニューからの呼び出しですと、ちょっと面倒ですね。
あとは15-45mmが薄型で繰り出しとか必要なく、コンデジのように右手片手でズーム操作できたら良いのですが。

ニコワンやSONYの様に、シャッター音がキャンセル出来たら、導入したいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LEICA SL の価格はレンズキットで1万ユーロ以上になる?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムXF35mm F2 は10月21日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る