シグマが「50-100mm F1.8 DC HSM Art」を正式発表

シグマがAPS-C用の大口径望遠ズーム「50-100mm F1.8 DC HSM Art」を正式に発表しました。

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art 発表

  • 株式会社シグマは、開放値F1.8、APS-Cセンサー用大口径ズームレンズの第2弾、単焦点レベルの画質をカバーする中望遠ズームSIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Artを発表。
  • FLDガラス3枚、SLDガラス1枚、高屈折率SLDガラス3枚、高屈折率高分散ガラス1枚を最適に配置し、軸上色収差、倍率色収差を徹底的に補正。
  • 超音波モーターHSMを新開発。HSMの構成見直しとパーツ形状の最適化を図り、従来のHSMより約30%の薄型化を実現。
  • 絞り羽根にはカーボンフェザー、絞りユニット本体には、フッ素を混合させたポリカーボネートの新素材を採用し、高速連写でもスムーズな絞り駆動を実現。
  • レンズ設計の初期段階からフレア、ゴースト対策を徹底し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っている。
  • 発売日:シグマ用、ニコン用、キヤノン用 2016年4月22日
  • 希望小売価格(税別):155,000円

 

50-100mm F1.8 はシグマらしい非常に尖ったスペックで、大いに話題を集めそうなレンズですね。光学系はFLDガラスを3枚も使った贅沢なものなので、描写性能は期待できそうです。ボケ味が良ければ、ポートレートレンズとして人気がでそうですね。

2016年2月23日 | コメント(14)

コメント(14)

シグマは本当に面白いレンズをつくりますね。
新SDも出るし勢いがあります

いろいろとメカ部分も進化していて嬉しいです
フードが丸型でなくて安心しました笑

最短距離から言ってもポートレート以遠限定なのは明らかですが、
しかしこの1.5キロのレンズ振り回して、被写体にひかれないか心配。。。。
そんなところを度外視して突っ走るシグマ、最高!

さらにQuattroミラーレス本体ですか。。。

今年一番驚いたかも。

大口径の割に安いと思ったら、APS-C 用なんですね

あああ。APS-Hには対応していないとは思いますが、万が一DCレンズでありながらsd Quattro H 本来の画角で使えるなら、このレンズも購入しなければ…。

フィルターサイズが82mmなので、そこまで大きくなさそうですね。重量も1.5kgですから70-200/2.8ぐらいじゃないでしょうか。

>ブドワールさん
18-35/1.8がAPS-Hだと広角側が僅かにケラレる程度なので(22-35域ならケラレません)恐らく大丈夫だと思います。

この焦点距離と明るさならAPS-Cフラッグシップ機と組み合わせて屋内スポーツを撮るのに重宝しそうですね。
F2.8よりも1段以上低い感度で撮れるのは結構嬉しかったりします。

Kマウント用は無しか…残念。

あと、キヤノン用をKIPONのEF-MFT AFかませて75-200mmF1.8相当の怪物望遠レンズとして…などと妄想が…ズイコーデジタル35-100F2.0よりは軽いですし。

>かさねさん
ありがとうございます。CP+に行くつもりなので、念のため確認してきます。
APS-Cではちょっと自分には望遠過ぎると思っていたのですが、これは無視できなさそう(笑)

D500で使ってみたいですね。
ペンタ用出ればアストロトレーサーですよね~

舞台撮りにかなり重宝しそうだなぁ、と思ったらAPS-Cなんですね。
それでも箱のサイズによってはかなり使えるなぁ。

APS-Cの中望遠域レンズとしてミドル・ハイエンドユーザーには嬉しい一本ですね。
作例を色々見てみたくなるレンズに感じます。

SD1Mに取り付けた作例、インプレッションがシグマのサイトに掲載されましたね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年2月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」を正式発表」です。

次のブログ記事は「シグマが「30mm F1.4 DC DN Contemporary」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る