DxOMarkにツァイスBatis 2/25のスコアが掲載

DxOMark に、ツァイスのEマウント用レンズ「Batis 25mm F2」のレビューが掲載されています。

Carl Zeiss Batis 25mm f/2 Sony FE

 テスト機はα7R・D800E   Zeiss
Batis 2/25 
 Zeiss
Distagon 2/25 
 Zeiss
Loxia 2.8/21 
DxOMarkスコア 39 38 35
解像力 22P-Mpix 29P-Mpix 27P-Mpix
透過 2T 2.2T 2.8T
歪曲 0.5% 0.6% 0.4%
周辺光量落ち -2.5EV -2.3EV -2.8EV
色収差 6μm 5μm 7μm

  • DxOMarkのスコア39は、これまでにテストした広角レンズの中で最も高いスコアだ。
  • このレンズはF2を除く全ての絞り値で、同じような解像力を維持している。歪曲は0.5%のわずかなタル型で、透過の値2Tはこれまでにテストした単焦点広角レンズの中でトップだ。倍率色収差は6μmで、これは色ズレが良く補正されていることを示している。
  • 広角レンズは周辺光量落ちが厳しい傾向があるが、これはBatis2/25にも当てはまる。-2.5EVの周辺光量落ちは多くの広角レンズよりも若干悪く、F2とF2.8の絞り値ではかなり強く周辺光量が落ちるが、F4以上では改善する。
  • ツァイスDitagon 2/25やLoxia 2.8/21との比較では3機種とも素晴らしく、それほど大きな違いはないが、解像力ではDistagonが若干優っており、BatisやLoxiaよりも均一性が高い。
  • Batis 2/25は多くのツァイスレンズより手頃な価格(1299ドル)で、光学性能に優れた広角レンズを探している、風景・建築・ストリート写真家には魅力的な選択肢だ。総合的にBatis 2/25は広角レンズのチャンピオンだ。

 

Distagon 2/25 のスコアはテスト機がD800Eのもので、Batisと厳密には数値を比較できないので参考程度に見ておいた方がよさそうです。

Batis 2/25は、ピークの解像力はそれほど高くないようですが、総合スコアではトップになっているので、全体的な性能が高く評価されているようです。BatisはAFレンズにもかかわらず、MFレンズのDistagon、Loxiaに優る評価になっているのはすごいですね。

2016年2月26日 | コメント(8)

コメント(8)

α7R・D800E だと画素数は一応同じくらいですね。
総合点は高いですが、解像力が低いのが気になりますね。
Distagon25は均一性が高い解像力となっていますが、使用した感想では最周辺部の四隅だけはいくら絞っても流れが残ってしまうレンズです。それよりも(解像面で)悪いとなると総合点が高くても正直微妙な評価です。

24~25mmのAF単焦点レンズで、ニコンやキヤノンのレンズよりも
Batis 2/25は歪みも少なく解像度が実際に良かったので、自分はこのレンズを使いたいために、カメラ本体も無いのに先に購入した程です。

今は、α7RⅡに普段からマウントして写真撮影を楽しんでいます。
このレンズ、とってもイイですよ。

DXOは解像力での評価の割合は少なそうですね。

相変わらずDxOの総合スコアはよくわかりませんね。
Distagonの方がかなり優秀に見えますし、Loxiaももともと開放f/2.8であることを考えればBatisに劣るような数字に見えません。
T値にウェイトを置きすぎなのでは。

DxOは数字だけ見てると意味わからないことが多いけど、元記事行って解像力や収差のグラフを細かく見ていくと納得できるかと。

私が見た画像比較ですと、Distagon 25/2よりも
Batisの方が解像度が高いように見えます。
このレンズも、近接で性能が発揮されないレンズなのでしょうか。
DxOの解像度評価は判断が難しいですね。

フルサイズEマウントの傑作レンズであるbatisですが、解像力の評価があまり出ていないのが気になりすね。
総合スコアの値をどうやって出しているかは分かりませんが、AFもプラスポイントになってるのかな?

24mm F2 ZAが好きなんですが比較が気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年2月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスがCP+でD FAレンズのロードマップを公開」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-Pro2のサンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る