富士フイルムがX-Pro2のリセット問題を修正する新ファームを準備中?

Fuji Rumors に、富士フイルムX-Pro2の新しいファームウェアに関する噂が掲載されています。

Fuji X-Pro2 Firmware update coming soon! (New Source)  BUG FIX

  • 新規のソースによると、富士フイルムは、X-Pro2の不具合を修正する新しいファームウェアをリリースする。バグのうちの1つは、リセット問題になるはずだ。このソースは、次のように述べている。

    「富士フイルムは、この問題を十分に認識しており、新しいファームウェアをリリースする予定だ。富士フイルムは問題を特定しており、ハードウェアの問題は無い」

 

X-Pro2は発売されたばかりなので、この時期にファームウェアがリリースされるとしたら、Fuji Rumorsの言うような緊急性の高いバグの修正の可能性が高そうです。

Fuji Rumorsのフォーラムによると、X-Pro2のリセット問題とは、カメラの設定が不意に出荷時の初期設定に戻ってしまうという現象で、ボタンのカスタマイズや、マイメニューの設定も全てリセットされてしまうとのことです。この現象は、国内(価格.com等)でも報告されているようですね。

2016年3月15日 | コメント(5)

コメント(5)

発売初日に手に入れて、何かの拍子にリセットされてしまう事が3度ほどあったのですが、その後発生してないですね。
様子見てて頻繁に起こるようなら打ち上げようと思っていたのですが、すっかり忘れてました。早速ファームアップされるならかなり迅速な対応!じゃなきゃ発売前から分かってた!?・・・とは思いたくないですがf^_^;)
X-T1の画に惚れてFujiを使いはじめ、X-Pro2の発売を待ちわびて初めて手にしたハイブリットマルチビューファインダーですが、なかなか面白いですね。
画質もUIもレスポンスもX-T1と比較しても遥かに進化してストレス無く使えるようになりました。連写時のレスポンスもなかなかです。
シャッター音もフィルムカメラっぽくてかなりいいです。
画素数UPによる高感度の画質を心配していましたが、X-T1と比較してもむしろ良くなってると感じます。私見ですがISO3200は完全に実用ですし、6400でもサイズによっては実用可。
X-T1では特定のSS領域で顕著だった蛍光灯下での横縞が気になっていたのですが、同じSS領域でも出にくくなった気がします。まるでフリッカーレス機能が付いてるみたい。
X-T1ではあまり持ち出さなかった35/1.4や60/2.4との見た目の相性と画質の雰囲気の良さに、最近はこの2本ばかり持ち出してます。これまで購入を躊躇していた18/2.0も使ってみたくなりました。

私も手元に届いてすぐ各設定・Qメニュー・マイメニュー登録しまして、バッテリー交換したら日付以外はリセットされてしまいました。恐る恐る再度バッテリーを外してみたら今度は異常が出ない状態です。バックアップ電源不足??の問題なのか…考えにくいですけど。
初期ロッドはやっぱり何かありますね。関係ないですがPro-2は電池食いなのかバッテーリーの減りはT-1と比べて早いようです。

私のは1回きりの設定リセット問題で済んでいますので、もう大丈夫なのかなと思ったりしていますが、なんとなく不安は残りますね。ファームウェアの早期リリースを望むところです。バッテリーの減りの方は、使い始め直ぐに急激に減るということもなく、結構いけるなと思います。OVFが気に入ったのでほとんどそればかりで、EVFや背面液晶をあまり使わないからなんでしょうね。いずれにしてもシグマのdp Quattroよりはマシで、キヤノン5D Mark Ⅲのようにはもたないという感じです。

うちの個体はその問題は確認されてませんが、
内蔵バッテリーの充電時間の問題なのですかね?

予約注文で届きましたが、リセット問題はまだ皆無ですよ。
バッテリーも交換して使っていますがね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2016年3月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ30mm F1.4 DC DN Contemporaryのサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「ツァイスが早ければ5月にMilvus135mm F2 Apo Sonnarを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る