ライカが「M-D Typ 262」の発表を準備中?

Leica Rumors に、LEICAの新型機「M-D Typ 262」の発表準備が進んでいるという情報が掲載されています。

Leica M-D Typ 262 camera is coming for sure

  • 以前に、ライカがLEICA M Edition 60 に似た「LEICA M-D Typ 262」を発表するというニュースを掲載した。この新型機は、背面はISOダイヤルのみで液晶モニタが搭載されていない。M-D Typ 262の名称は、既に韓国の認証機関に登録されている。

    私は1ヵ月前にライカの公式サイトに、LEICA M-D のページが既に存在していることに気付いており、このページにアクセスすると、通常の404 not found(ページが見つからない)の代わりに403 Forbidden(アクセス禁止)が表示される。

    これは、新型のLEICA M-D Typ262 の専用のページが既に存在しているが、まだアクティブになっていないことを意味している。

 

LEICA M-D Typ262 は、その名称が3月にRRA(韓国の認証機関)に登録されているので、そう遠くないうちに正式発表されると見られていましたが、実際に発表の準備が進められているようですね。

背面の液晶モニタの非搭載に関しては賛否両論あるようですが、デジカメで銀塩カメラと同じような感覚で写真が取りたい方には、M-Dは良い選択肢になるかもしれませんね。

2016年4月13日 | コメント(6)

コメント(6)

確か、LEICA M Edition 60は液晶が無い分薄いかと思いきや、確か厚かったんですよね。液晶なしを出すなら、薄くなるといいですね。記念モデルと同じサイズで出すのでしょうか??

液晶なしではなくて、ファインダーなしが良かったです。
EVF、LVのミラーレス。

売れ行き好調「Q」のMレンズ交換仕様で来るのでは?

m60には実装されなかったae撮影時の露出補正ダイアルが欲しいです。

以前、可能性の指摘があったファインダーレスがどうなのかですね。
どうせ高いでしょうから、買える人が羨ましいと指を咥えるだけですが。

M-Aプラス10万円くらいの値付けですかね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年4月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF14mm F2.8L II 後継機のテストが行われている?」です。

次のブログ記事は「ツァイスBatis 2.8/18の画像 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る