シグマ50-100mm F1.8 DC HSMは開放から極めてシャープなレンズ

LensTip に、シグマの大口径望遠ズーム50-100mm F1.8 DC HSM Art のレビューが掲載されています。

Lens review Sigma A 50-100 mm f/1.8 DC HSM

  •  鏡筒のサイズは非常に大きく、フルサイズ用の70-200mm F2.8 に近い。ズームリングはスムーズに回転するが、かなり重い。フォーカスリングはスムーズで十分な重さがあり、遊びは全くない。フォーカスリングの回転角は150度で、非常に正確なピント合わせが可能だ。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • 中央の解像力は、開放で55lpmmに近い値(良像の基準値は34-35lpmm)で、適切な言葉が見つからないほど途方も無くシャープだ。更に、F2.8に絞るとズーム全域で59lpmmになり、これまでの記録を破る値を達成している。APS-C用のレンズで、これ以上の性能のレンズはこれまでに見たことがない。
  • 隅の解像力は、ズーム全域で開放で42-44lpmmのしっかりとした値で、これまでの記録を破ってはいないが、不満は微塵もない。このレンズの解像力にはウィークポイントはない。
  • 軸上色収差は望、遠端では非常によく補正されているが、50-70mmではいくらか問題がある。しかし、それでもなお軸上色収差は中程度のレベルで、欠点とは言えないだろう。
  • 倍率色収差は少なく、一番目立つ50mmでも0.08-0.09%で、低いレベルと中間レベルのボーダーライン上で、全く不満は無い。
  • 球面収差の補正は完璧ではなく、望遠側でわずかなフォーカスシフトが見られる。
  • 歪曲は50mmで-0.17%のわずかなタル型、100mmでは+1.35%の糸巻き型で、問題は無い。
  • コマ収差は素晴らしくよく補正されており、拍手喝采だ。非点収差はズーム域にかかわらず非常に少ない。
  • 周辺光量落ちは、50mm開放で29%(-1.00EV)、100mm開放で33%(-1.17EV)で、F1.8の大口径ズームとしては間違いなく良好な結果だ。この値は、フルサイズ用のF1.8の単焦点レンズをAPS-C機で使った時と比べてもそれほど劣らない。
  • このレンズはフルサイズでは四隅が真っ暗になってしまって使えないが、周辺光量落ちの状況からAPS-HのEOS-1なら使えるだろう。
  • 逆光耐性は完璧からはほど遠く、望遠側にズームした場合と、絞った場合により深刻になる。
  • AFは完全にノイズレスで、AF速度は平均的だ。良い条件ではAF精度の問題はなく、スタジオでのテストでもそれが確認されているが、悪条件ではしばしばAFを外した。しかし、F1.8の明るさと100mmの焦点距離の組み合わせはAFには非常に厳しい状況だ。
  • AFは50mmではわずかな後ピン、100mmでは前ピンの傾向が見られたが、これはわずかな量で、キャリブレーションで補正することができた。
  • シグマの50-100mmは、補正が難しいズームレンズにもかかわらず、これまでにテストしたレンズの中で最もシャープなレンズの1つだ。価格はこれまでのArtシリーズのレンズよりも高価だが、ニコンやキヤノンのレンズなら、間違いなくこれよりも遥かに高くなるだろう。
  • 良い点: 他には無いスペック、しっかりとしたスタイリッシュな鏡筒、卓越した中央の解像力、とても良好な隅の解像力、倍率色収差がわずか、歪曲の問題が無い、コマ収差の補正が素晴らしい、非点収差がごくわずか、周辺光量落ちが穏やか、素晴らしいボケ、静かで正確なAF。
  • 悪い点: 逆光耐性が不十分、若干球面収差の問題が見られる。

 

シグマの50-100mm F1.8 は、開放からズーム全域で見事な解像力で、とてもF1.8の大口径ズームとは思えない性能ですね。色収差や周辺光量落ちも優秀ですが、逆光耐性はサンプルを見る限りでは今ひとつのようです。

あと、周辺光量落ちのテストで、APS-HのEOS-1で使えそうと記載されているので、同じAPS-Hセンサーのsd Quattro-Hでも使えるかもしれませんね。

2016年5月16日 | コメント(10)

コメント(10)

これを繋いだSD Q-Hのサンプル写真がいつ出て来るのかと、
ワクワクしながら待っています。

試しにフルサイズに付けてみましたが、全域ケラレますが解像が素晴らしいためトリミング利用で全然問題ないですね。
APS-Hは1D3だと若干ケラレますが、1.8ならボケ感から周辺光量落ちと言って誤魔化せるレベルでした。

個人的にはポートレートよりも室内スポーツやライブ会場みたいな「ズーム欲しいがSS稼ぎで明るいレンズが欲しい」という用途にはピッタリだと思います。
特にクロップ機能のあるD500とは相性良いんじゃないでしょうか。

フォーカスリングを操作した時のブリージングがかなり大きいのが動画撮影時に残念です。

逆光性能が悪くて気を使いますが、本当に素晴らしいレンズです
sd quattroで使うことを楽しみにしています

SAマウントのレンズがソニーのカメラで使えるようになったので、こういったニッチで高価なレンズを躊躇なく購入できるようになりました

APS-C使いなら是非とも手にしたい一本ですね。
しかし逆光耐性が低いのは残念です。演出や味として捉えるならありかもしれませんが。
個人的には20-70mm F2なんていうレンズがあったらちょうど良いのですが、今後F1.8ズームシリーズがどう展開されるのか、これで終わりでしょうか。

MC-11でα7RIIのクロップで使えば、ボディ内手振れ補正が効くようになるので、面白いかも、とか思ってしまいます。

点光源のある暗所で明るさを稼ぐには使いにくそうですね
残念…

18-35/1.8、50-100/1.8と来たら、次は8-16/1.8でしょうか?(期待を込めて)

>APS-C用のレンズで、これ以上の性能のレンズはこれまでに見たことがない。

単焦点と比べて不利なはずのズームレンズがこんな評価を得てしまうとは凄い話です。
この焦点粋でF1.8通し、かつボケが綺麗ですから最高のポートレートレンズですね。
逆光でフレアが出易いのもポートレート時にはメリットになります。
それより色収差やコマ収差をしっかり抑えているのがポイント高いと思います。

買いました。
D500との相性良いですね。
おおむねISO50-100で使用してますが、特に手ぶれ補正なくて困ったということないです。
まぁ、いざとなったら、ISO上げれば良いだけですし。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年5月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのハイエンド機のプロトタイプモデルの目撃譚が掲載」です。

次のブログ記事は「ライカSUMMARON-M 28mm F5.6 はオリジナルと同じデザインになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る