キヤノンEF-M28mm F3.5 IS STM の画像

読者の方から、キヤノンのEF-M28mm F3.5 IS STM の画像を提供していただきました。
前回提供していただいた情報通り、EF-M28mm F3.5 にはライトが内蔵されているようですね。ISも搭載されているようです。

このレンズがあれば、マクロリングライトのような特殊なアクセサリー無しで、気軽に光の回ったマクロ撮影ができそうですね。

後は価格が気になるところですが、プラスチックマウントのようなので、低価格なレンズになる可能性が高そうです。

[追記] このレンズの最短撮影距離は0.093mのようです。
----------------------------------------------
既に正式発表されていますので、EF-M28mm F3.5 マクロIS STMの画像は公式サイトを参照してください。

2016年5月10日 | コメント(42)

コメント(42)

最短9.3cmですか!これってワーキングディスタンスじゃないですよね??

なんと素晴らしいアイデアのレンズでしょう。
光学系は要確ですが見た目とギミックだけで欲しくなりました。

昔のメディカルニッコールみたいですね。
業務用のマクロとしても重宝するかも。

これは面白くていい製品ですね。
寧ろなぜ今までなかったのか不思議なくらいです。
プラマウントで値段もお手頃になりそうでEF-Mマウントユーザーの使途をキヤノンはキッチリ理解してそうですね。

斬新ですね。

これは写真の楽しみが手軽に広がりそうですね。
史上初なのかはわかりませんが、すばらしいアイデアと思います。

うわ~こりゃいい!これは買っちゃうなぁ
あとは販売価格が幾らかですね

F値からプラマウントは予想できましたね。
カメラ女子に受けそう。
M10のキットレンズとかも出そう。

変わった形ですね。しかもプラマウントだぁ。これまでとは違った撮り方ができるんじゃないかと期待させる面白そうなレンズですね。

マクロリングライト付きとは面白い発想です。

基本的にEF24-70F4LISと同じようなマクロ機能かと思いますが、お気軽マクロレンズとして使えそうで、発売が楽しみですね。

うわ、これ欲しいですねえ。ニコンでも出してくれないかなあ。
テーブルの上の物をチョイ撮りする時に重宝しそう。

マクロレンズとしての出来栄えは分かりませんが
アイディアは相当に良いですね さすがにEOS-Mのツボをよく分かってます 

最短撮影距離0.093mの文字が・・・
相当寄れますね。

このマクロ、22mmF2単焦点レンズのほぼ2倍程度の
大きさで許容範囲です。
ISもマクロライトも付いて誰でも
気軽にマクロフォト撮れそうですね。
そこがこのレンズの狙いかな?
と、思いました。ユニークでイージーで良いですね☆
作品撮りとしては、その焦点距離とレンズの明るさ
から、かなりのテクを要しそうですが・・・
面白そうなレンズが出ますね!

面白そうなレンズで、いいですね。
ただ単焦点なのに、ズームリングの様な物が付いてますね。
SUPER MACROにすると、倍率1.2倍になるとかでしょうか?

面白い!
しかも沈胴式みたいですね。
そういえば、アクセサリーシューを一眼レフに最初に標準装備したのはキヤノンでした。
(canon FX)

45mmのマクロではワーキングディスタンスが取れないだろうと思っていたら、マクロリングライト付きなんですね。
そして、逆付けしたレンズのような外見。
面白いけど、売れ行きが想像できない(笑)

安原製作所のNANOHAを思い起こさせるデザインですね。

フィルター枠がかなり小さそうですね。
37mmより小さそうな気がします。
コンデジ用のフィルターとかになるのかも。

意外に安そう?(笑)

EF-Mだから、ここまで遊び心を
加えられたのかもしれませんが
EFレンズでもやってほしいですね(笑)

マクロレンズも、EOS-Mも、持っていませんが
ちょっとこれで遊ばしてくれない!?って思いました。

面白いな~と思う反面、このぐらいの画角のマクロを使った事がなくどういった撮影が出来るか自分の中でイメージ出来ません。
早く作例が出まわるといいですね。

これで女子がスイーツとか食撮りしている姿が目に浮かびますね。隣でフラシュたかれるより気にならなくてよさそうです。

EF50mmマクロが廃盤になった代わりがこれなんですかね・・・?
EF-Mは22mmパンケーキだけしか使って無い状態だけど、このレンズ気になるなぁ
プラマウントで値段抑えてるの見ると映りに若干不安がありますが

うーむ。今後プラマウントしかレンズは出さないのかなあ。ライトのon/offはレンズ鏡胴のスイッチで切り替え出来るみたいですね。本体のバッテリーの減りが気になります。

レンズに後付けで大きなリングライトを付けるより遥かにスマートですね。
でもフィルター付けてライトも点灯したら乱反射するんじゃ…って思ったらライトの内側にネジ切ってありますね。
このフィルターサイズって現行商品であるのか心配になりました。

手軽だけどちょっと本格的なマクロ撮影ができるEOS Mとこのレンズの組み合わせはマイクロフォーサーズ陣営にとって脅威になりそうですね。

もしかしたらホントに歯医者さん用?
レンズ交換もそうそうしないで付けっぱなしならプラマウントでも問題ない?
マジで面白そうなレンズですね!

斬新です。
後はMFが限りなくダイレクトにできるのを望むのみです。

機能としては面白いレンズで魅力的だとは思いますが、プラマウントなのが残念です。
プラマウントってどうしても削れて粉が出るんですよね……電気屋さんで触れる展示品で削れ過ぎてマウントがスカスカになっているのを見かけたことがあるのであまり良いイメージないですね。

EFの50㎜コンパクトマクロ+ライフサイズコンバーター的な使い方が出来そう。MFではフォーカスピーキングがかなり役に立ちそうです

このレンズ面白そうですね。
写り次第ではMと一緒に買ってしまいそうです。

フード取付用の溝がありますね。
ライトは、上下左右の4分割だろうか?
ライトボタンをクリックで、発光部位を切り替える?

11-22同様にロック付きですな。ライトはレンズ側ボタンでオン、オフ。マクロ以外、スナップや簡易ポトレでも使えるのかな?IS付きは非常に嬉しいが、マクロでどのくらい役に立つのか気になるが、買うのは決定だろう。

フィルターはペンタの40mmフジツボフード取り付けと同じ30.5mmぐらいですかね?

撮るものないけど無条件にコレは欲しい!
被写体を考えねば。
やる気湧きますね。

EF-M11-22mmを使うためにEOS-Mを買う
今度は
EF-M28mmを使いたいためにEOS-Mを買う
そんな人がまた増えそうです

EF-M22mmの、前玉周辺に空いた妙なデッドスペース、気になりました
(外観デザインは統一を維持されたけど)
今回はMacroと言うことでそこにリングライトをと言う発想
素晴らしいです!
目から鱗とも言うべきか・・、買います

ちょっとのときの懐中電灯代わりとしても使えそうですね
しかしフィルターをつけると枠がライトの陰になりそうです。
個人的にマクロ撮影にはチルト液晶が必須だと思っていますが、EOS-Mだと巨大なM3しかないんですよね、危うくマウントを増やすところでした…惹かれますが(笑)

ライトを付けマクロ仕様に限らなかった所に商売の上手さを感じます。
スマホのLEDフラッシュを撮影と併用する必要が無くなりますね。

物撮りとか、女子のテーブルフォト用に企画されたんですかね?
マクロは中望遠以外使う用途がなく、標準マクロには全く触手が動かない。

なのに、なぜだろう?無性に欲しいw

>ごしきさん
M10がありますよ。ようこそEOS Mの世界へ(笑)。

>YON2さん
最近接時にはおそらくレンズ前部と撮影対象の間が1cmとかでしょうから、
光量むらを減らすためにはライトはレンズ前玉外周ぎりぎりに近ければ近いほど良いのではないかと推察します。

とうとう正式発表されましたね。

6月下旬発売予定で、実勢価格は4万前後になるかとは思いますが、35㎜版換算約2倍にハイブリッドIS、リングライトがついて、130グラムなんて予約しちゃいそうです!!

もう少し明るく、焦点距離が長いと物撮りにも人撮りにも重宝したのに。
それこそ女子に文句無しにオススメできるレンズになったろうに勿体無い。

標準と望遠のキットレンズがプラマウントなのは仕方ないとあきらめつきますが、22mmですら金属マウントだったのだから、それより高価なレンズならもれなく金属マウントにしてほしかったですね
つけっぱなしにする性格のレンズでもないわけですし


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年5月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-PL8の発表が遅れる?」です。

次のブログ記事は「キヤノンスピードライト600EX II-RTの詳細スペック [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る