パナソニックが間もなく「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」を発表?

読者の方から、パナソニックの大口径広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH. 」の発表日に関する情報と画像を提供していただきました。
  • パナソニックが6月15日に「LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.[H-X012]」」を発表する。

 

パナソニックからLEICAブランドの大口径広角レンズが発表されるようです。詳細なスペックはまだ分かりませんが、画像から最短撮影距離は20cmなのは分かりますね。フィルター径は62mmでしょうか。後は価格が気になるところです。
----------------------------------------------------
情報を提供して下さった方ありがとうございました。

pana_12mmf1.4.jpg

pana_12mmf1.4-2.jpg

2016年6月14日 | コメント(23)

コメント(23)

M4/3にしてはすごい前玉ですね、描写に期待です。

オリンパスが大口径を発表する前に出してくるんですね~
 
とてもほしいスペックのレンズですが、お値段が気になります。オリのf2.0が実売7万円ぐらいですから、少なくとも10万円以上でしょうか。

秋にキャッシュバックキャンペーンやってくれたら、買うかもしれません・・42.5mm f1.2はG7とセットで買ってずいぶん得しましたから。

絞りリングがオリンパスボディでも使えれば飛びつくのですが…
15mmF1.7もオリンパスボディユーザーがよく買うと量販店の店員さんも仰っていたので
パナソニックさんとオリンパスさんで良くお話してレンズFnボタンと絞りリングを相互対応してほしいですね。

ユーザーとしては不便きわまりないです。

コレは良さそうですね。
コレで一層マイクロフォーサーズの価値が増すと思います。

私は更に巨大なF1.2よりも、実用的な大きさのF1.4の方がうれしいですね。

こんなに魅力のある単焦点が揃ったシステムって、他に無いんじゃないでしょうか?

12mmはオリンパスとコーワ。
どちらも描写その他もろもろ抜群に評価が高いレンズですからこれらとの比較が気になります。
あと、オリンパスに言いたい!
いい加減絞り環が使えるようにしてください(笑

これは良さそうですね、楽しみです
フードも付属していると嬉しいですが、、

絞り環の件は、パナが情報を公開しないことにはオリンパスとしても対応したくても出来ないんじゃないでしょうか?

パナとしてもオリ機で使用して欲しくないから協力しないのかも
でなければとっくに実現していると思いますが、、、

すごくいいレンズですね。
ついでに25ミリや45ミリマクロも同じ外装で
240fps対応してもらえるとみんなハッピーに
なれるんですが。

絞り環問題は本当にどうにかしてほしいですね…Pen Liteなどはボディ側の操作ダイヤルが少ないのでレンズ側で拡張できると非常にありがたいんですよね…

良さげなレンズですが、高そうですね。
F1.7シリーズの廉価版に期待します。
14mmの方がいいかな。

楽しみです。
15mm/f1.7も素晴らしいのですが、「f1.7でSUMMILUX?」という違和感が未だに払拭できません。GX7markIIと一緒にリリースされるべきレンズのような気もしますが、とてもセットにするには厳しいお値段、ということなのでしょうか。それならイチニーで出て欲しかった。

ライカQもf/1.7でSummiluxですよー。
あと絞りリングの仕様はm4/3の規格で定められておりパナはそれに則っていますが、
オリンパスが殺してるようです。
CP+で説明員に聞きました。

少し大きそうですけど、ノクチも慣れたし触ったら買っちゃいそう。

絞り環の話は、色んなところで書かれていることが真逆だったりするので、何が正しいのか分かんないんですよね。メーカーの人は相手メーカーのせいにしたいのかもしれないし、担当者が適当な事言ってるのかもしれませんが。
真実は闇の中。。。

個人的には、絞り閑やFnボタンよりも何より、シンクロ手振れ補正とデュアルIS、手振れ補正こそお互い協力して他マウントに対する優位性を作って欲しいです。

絞り環はフォーサーズレンズでも付けてたのでマイクロの仕様に入ってないという方が不自然に思いますね。

このレンズデザインはノクチクロンと同じですが、美しいですよね。

42.5㎜と同じ系統のデザインで、購買意欲を掻き立てそう。もちろん写りもいいんでしょうね。オリンパスボディとは、絞り環が使えないとの投稿があるようですが、これはボディ側の問題なんですか?スナップ用に42.5㎜の購入を購入を検討していただけに、ちょっと気になります。

ノクチクロンはレンズに対し鏡筒が大きすぎましたが、こちらはバランスが良いですね

無条件で、何を売り払っても買います。

私の予測ではF1.7だったのですが、CNでしか望み得なかつたスペックでより魅力です。
7-14と15と14と、下取りに出したら少しは出費少なく買えるかな。

オリンパス的にも絞り環は対応したくないでしょ。
ただでさえ、オリボディ+パナレンズの人が多いのに、
便利になったら、さらにオリレンズ売れないじゃないですか。

電子接点から出る信号なんて複雑なモノじゃないので、
オリ側にやる気があればすぐに実現できるはず。

ノクチクロンほどではないですがパナ製の他の単焦点レンズに比べ太く長く重いレンズですね
重さも300gぐらいはありそう
値段もノクチクロンに近い値段はしそうですがその分写りは期待出来そうですが高くてすぐには手が出ないレンズになりそう

絞りリング付きレンズがここまで揃っていくと、これをちゃんと機能させたいがために、オリンパスの「ボディ」を諦めパナに行っちゃう人も出るから、結果オリンパスは損すると思うんだが。私が実際そうなりそう。

絞り環対応は、技術的に可能でも、
最終的にはパナソニックの「お許し」というか、
お墨付きがないと売り出せないでしょ
「許可もらってないけど、対応に成功しました!みんなつかってね!」
ってのは、いかにもマズイ。
つまり、パナソニックの胸三寸。

希望小売価格18万って、結構お高いですねー。
http://panasonic.jp/dc/lens/leica_dg_summilux_12/

パナのお許しとかお墨付きとかそういう話は関係ないです。
絞りリングの動作についてはm4/3の規格で標準化されていて、
パナはそれに則って製品化している(他社ボディでも動作するよう作っている)ということでしたよ。

オリボディで動作しないのは、オリがあえて絞りリングに対応しないよう設定しているためだと思われ、
なぜオリがそうするかについては「他社さんの事情はちょっと・・・(by CP+のパナ説明員)」とのことでした。
まぁ察しはつきますが笑

KodakのPIXPRO S-1あたりで絞りリングが動くかどうか、試してみたいところではあります。

絞りリングの動作についてはm4/3の規格で標準化されていたんですか!
じゃあ、対応するべきですよね。規格に準拠しているなら。
フォーサーズの規格について軽くググりましたが、詳細は不明でした。
ネットに載せてくれていたら、論争に決着がつくんだから、規格提唱したオリンパスは、すぐ見つかるようにアップロードしておいてもらいたいですねぇ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年6月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF200-600mm F4.5-5.6 IS USMが2016年中に登場?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが7月7日にヨーロッパでも新製品発表のイベントを開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る