パナソニックSUMMILUX 12mm F1.4 は極上の広角レンズ

ePHOTOzine に、発表されたばかりのパナソニックの広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.」のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Summilux 12mm f/1.4 ASPH. Review

  •  鏡筒はしっかりとしていて造りは非常によいが、サイズの割りにとても重い。フォーカスリングはモーター駆動で、動きは申し分ない。
  • 解像力は、中央は開放からF5.6までは際立った値(outstanding)で、これは見事な結果だ。隅は中央ほどハイレベルでは無いが、それでもなおF2からF8ではとても良好な値(very good)で、F11では良好な値(good)だ。F1.4とF16では、隅の解像力はそこそこだ(fair)。
  • 歪曲は-0.38%の非常に穏やかな値で、ほとんどゼロだ。色収差は中央も隅もどちらも非常に少なく、色ズレの問題は無いだろう。このレンズの画質はクリーンで切れ味がよく、非常に満足のいくものだった。
  • 逆光耐性はとても素晴らしい。
  • このレンズから得られる画像は最高だ。全体的な解像力は非常に良好で、中央は際立っている。m4/3ユーザーにとって、とてもエキサイティングなレンズが登場した。このレンズは極上の広角レンズだ。大いに推薦。
  • 良い点:中央の際立った解像力、素晴らしいフレア耐性、色収差が少ない、造りのクオリティ、素晴らしいエルゴノミックデザイン、防塵防滴。
  • 悪い点: 価格。

 

解像力チャートでは隅の解像力が少し低目に見えますが、隅は実際にはF2以上でvery goodの解像力があるので、これは中央の解像力がスバ抜けて高いために、隅が低目に見えているだけのようです。

サンプルでは、解像力は十分ですがカリカリではなく、パナソニックらしい落ち着いた描写という印象です。ボケも広角レンズとしては、とても滑らかですね。

2016年6月15日 | コメント(6)

コメント(6)

一言でまとめると、「やっぱりライカは良いな」です。

本家のようにずっと使えるレンズになることができれば、ボディ側の進化で価値を増していくかもしれませんね。

早速のレビューですね。ほしいなあー
ところで、ePHOTOzineさんの「very good」ってどの程度なんでしょ?
というのも、先日のLensTipさんのレビューで辛口評価だったLEICA 100-400mm F4.0-6.3の400mmも、ePHOTOzineさんのレビューでは「very good」ですよね?
詳しい方、教えて頂ければありがたいです。

"Very good"の意味はImatestのマニュアルに載ってます。
http://www.imatest.com/docs/sharpness/#interpretation

MTF50 in Line Widths ⁄ inch on the print 110
Very good - Large prints (A3 or 13×19 inch) look excellent, though they won’t look perfect under a magnifier. Small prints still look very good.

ポートレートの写真見ると開放からカリカリで解像力高いのがわかります

早速、予約しました!

私も予約しちゃいました。
オリ12mmF2.0とパナ15mmF1.7を悩んだ末パスしたので
いい加減買っちゃえって感じです。
4k動画やこれから出るであろう6k,8k動画機でも活躍してくれそうですしね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年6月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが「LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーが2016年中にFEの大口径単焦点レンズを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る