DxOMarkにシグマ18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM のスコアが掲載

DxOMark に、シグマの高倍率ズーム「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM Contemporary」のKマウント版のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 18-300mm f/3.5-6.3 DC Macro HSM C Pentax lens review

 テスト機はK-5II   Sigma18-300C   Pentax18-270   Sigma18-200OS 
DxOMarkスコア 15 13 13
解像力 7P-Mpix 6P-Mpix 6P-Mpix
透過 5.7T 5.7T 5.5T
歪曲 0.6% 0.7% 0.7%
周辺光量落ち -1EV -0.8EV -1EV
色収差 8μm 9μm 9μm

  • シグマ18-300mmは、これまでにテストしたペンタックスKマウント用の高倍率ズームではトップのスコアだ。
  • 解像力は広角端から85mmまでは開放から素晴らしく、35mmでF5.6に絞ったときが最もシャープだ。300mmでは開放では隅がかなり甘いが、F8では素晴らしい鮮鋭度になる。
  • 歪曲は良く補正されている。18mmでわずかなタル型で、35mmでは糸巻き型が目立つが、50mmから300mmでは糸巻き型の歪曲は改善する。
  • 色収差は広角側で若干目立つが、よく補正されており、どの条件でも大きな問題はないだろう。
  • 周辺光量落ちは18mm開放では-1EVだが、望遠側にズームすると改善する。周辺光量落ちは、F8まで絞ればほぼ完全に解消する。
  • 純正18-270mmやシグマ18-200mmと比べると、シグマ18-300mmは望遠端の解像力が最も高く、開放から中央も隅も良好だ。歪曲や透過は3本とも同程度だ。色収差は望遠端ではペンタックスよりシグマの2本が良好で、一方、広角端ではシグマ18-300mmとペンタックスが良好で、シグマ18-200mmが一番色収差が大きい。
  • シグマ18-300mmは同社の18-200mmと比べて、全体的に画質が改善しており、広角側の光学性能は、より大きく重く高価なレンズに匹敵する。この種のレンズの中ではシグマ18-300mmはベストの性能で、ペンタックス純正の18-270mmに少し優っている。Kマウントユーザーで高倍率ズームを探しているなら、シグマ18-300mmが第一候補だ。

 

シグマの18-300mmは、DxOMarkのスコアでは純正の18-270mmを解像力で少し上回っている程度ですが、元記事の色分けチャートで比較すると、特に望遠端の解像力の差はかなりあるようで、スコアの数値以上に性能差があるという印象です。

2016年7月14日 | コメント(5)

コメント(5)

それにしてもシグマの純正超えのスペックを出してくる姿勢は毎度毎度感心させられます。

ともあむさんへ
ご指摘ありがとうございます。F値を修正しました。

18-200mmは現行のContemporaryではなく、旧型のモデルですよね。

今更こんなレンズと比較しなくても良いような気がするんですが・・・。

18-200mm Contemporaryモデルとの比較をしてほしいです。

このレンズを持っておりますが、記事通り写りは優秀だと思います。以前はDA18-250とシグマの18-250を使用してましたが、望遠端の写りが今一つだったので、こちらに買い替えました。

しかし、苦言をすれば、少し大きくなったのと、重くなったこと。それに伴ってAFがもたつく所でしょうか。

それでも、AFの精度は良いと思うし、色収差が少ないのでトリミングしても問題ないレベルです。

旅レンズとしてもこの一本でかなり重宝します。

私も広角側に振った高倍率ズーム、欲しいです。
APS-Cで200mm以上寄りたい状況より18mmからさらに引きたい状況のほうが多いので…


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年7月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samyangが5本の新しい交換レンズの発表を予告 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「海外の認証機関にオリンパス、キヤノン、ライカが新型カメラを登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る