オリンパスがフォトキナでE-M1 Mark II と12-100mm F4 PROを発表?

Mirrorless Rumors に、フォトキナで登場するオリンパスの新製品に関する噂が掲載されています。

Olympus will launch the 4K capable E-M1II and the new 12-100mm f/4.0 PRO lens!

  • かなり前にリークされたE-PL8は噂のレーダーから姿を消しているが、我々は、よりエキサイティングなオリンパスのニュースに切り替えることができる。フォトキナでは、次の2つの素晴らしいm4/3製品の登場が期待できる。

    1)E-M1 Mark II(20MPセンサー、4K動画、デュアルSDカードスロット、手持ちハイレゾモードを搭載している)
    2)12-100mm F4 PRO

    上記の製品と共に25mm F1.2も登場すれば、m4/3ユーザーにとって、エキサイティングなフォトキナになるだろう。

 

E-M1 Mark II は発売は2017年になると噂されていますが、発表は以前からの噂通りフォトキナで行われる可能性が高そうですね。

12-100mm F4 PRO は、換算24mmスタートで、高倍率ズームでは珍しいF値一定のレンズなので、使い勝手はよさそうです。画質もPROシリーズのレンズなので期待したいところですね。

2016年7月29日 | コメント(12)

コメント(12)

M1mkIIには期待してます.即購入かな(値段次第).
PL-8の噂が消えたのは残念ですね.M1mkIIと同じくらい期待していたのですが…
Sonyからセンサー供給に対して優先順位でも出されたのでしょうか.PL-8の復活に期待したいです.

いよいよですね!

でも、発表から発売までに時間がありすぎると、無印E-M1を買う人が大幅に減りそうな気がします。

そこをどうやってしのぐのでしょうか?
バナナのたたき売りでしょうか、それとも何か秘策があるのかな(ソフト的なバージョンアップなど)? 

手持ちハイレゾモードがあるのかないのか、情報が錯綜してますね。あったら儲け物くらいの期待値でいるのが精神的に良さそうです。

もう2ヵ月もないんですねぇ…
E-M1mk2はもとより、つい最近ポッと出た12-100mmProはフォトキナ発表はわかりますが、
PL8が音沙汰なしなのが気がかりですね。あと30mmマクロもそろそろ…
これもフォトキナなのでしょうか
気になる情報がばかりですねー

噂はいよいよ実現化の動き。楽しみ!

EM1mk2はともあれ、12-100はもう少し短めでもよいか‥と。100-400持っていると、7-14との繋ぎにちょうどよく、然らば12-40はもちろん40-150(テレコンあり)の出番がなくなってしまう。便利ではあるのだけど。

APS-Cや135フルの高倍率ズームが8M程度の解像しかしていないことを考えると、
PRO画質が担保されていれば、ボディごと購入の選択肢もアリかと。
かなり期待してます。

フォトキナはおそらく開発発表にとどまるとのこと。

少なくとも現段階のファームでは、手持ちハイレゾは無理と聞いています。
オリンパス自身が三脚使用を推奨しているとも。

ハイレゾはたのしみですね、手持ちで使えれば使う機会が増えそうです。
深度合成撮影も当然搭載してくるでしょうし、AFも強化されているみたいだし、あとは動体予測が一眼レフの普及機レベルに追いついてくれると嬉しいです。

12-100がMarkⅡのキットレンズとなれば、買ってしまうだろうなぁ~

ようやくデュアルSDスロット装備か、待ってました。
やっぱりこれが無いと怖いですよ。

それにしても12-100はいくらで出すんだろうか?
14-140愛用中ですが、価格帯によっては買ってしまいそうです。
10万前後で収まらないかな~

12-100mm F4 PRO って、毎回オリのアンケートで「このスペックで出してくれ」って言ってたんで、ホントに出たら嬉しい!!絶対買う!

12-100F4は絶対欲しいレンズだけど、E-M1IIのキットレンズになりそうですね。
でもレンズだけ先に発売されたら、、、悩ましい選択になりそう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年7月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外の販売店にEOS 5D Mark IVとEF24-105mm F4L IS II の製品ページが掲載 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「LAOWA 12mm F2.8 Zero-Dは歪曲が極めて少ないレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る