海外の認証機関にオリンパス、キヤノン、ライカが新型カメラを登録

インドネシアの認証機関Postelに、オリンパスとキヤノン、ライカの新しいカメラのコードネームが登録されています。

Postel (OlympusCanonLeica

  • オリンパスの登録内容
    - 機器: デジタルカメラ
    - モデル名: OLYMPUS IM002
    - 製造: ベトナム
    - 登録日: 2016年6月24日
  • キヤノンの登録内容
    - 機器: デジタルカメラ
    - モデル名: Canon DS126601
    - 製造: 日本
    - 登録日: 2016年7月1日
  • ライカの登録内容
    - 機器: デジタルカメラ
    - モデル名: LEICA 8854
    - 製造: ドイツ
    - 登録日: 2016年7月11日

 

以前に登録されたオリンパスのIM001はE-PL8のコードネームのようなので、IM002も新型のm4/3機かもしれませんね。

また、DS126601 は台湾NCCへの登録(一番下の画像です)によると、Wi-Fi内蔵で、「with GPS Receiver Module」という記述も見て取れますね。ライカの新型機は詳細は不明ですが、ドイツ製なので、OEM機ではなさそうです。
-------------------------------------------------
情報を教えてくださった方ありがとうございました。

postel_201607_oly-2.jpg

postel_201607_canon.jpg

postel_201607_leica.jpg

ncc_canon_ds126601.jpg

2016年7月14日 | コメント(13)

コメント(13)

DS12661は5Dmk4ですかね。そうであってほしい。

Pen miniでしょうか。
CP+2016で「Pen miniはもう作らないのか?」という内容の質問をしたところ、
「GMと同じかそれぐらいじゃなきゃ顧客は喜ばないし、オリンパスはボディ内手ぶれ補正を期待されているから、手ぶれ補正搭載した上でGMと同じぐらいの大きさにならなきゃ売れないだろう。開発しているかどうかは末端の営業まで情報がこないから何ともいえません。」
と言う内容のお答えをいただきました。

もし、Pen miniだったらうれしいです。

Leicaは、何を出してくるんですかね。
Made in Germanyですから...
最近、Leicaは、Mでバリエーションを増やしているので、Leica-TやQの別バージョンとか。
期待大です(簡単に買えない値段だろうけど)。

オリンパスのは通常でしたら時期的にE-M1mk2の気もしてしまいますが別の機体なんですかね?
Pen miniだとしてもうれしいんですが…続報に期待します。

pen miniは出ないと思います。
消費者からは歓迎かもしれませんが、上位機種との差別化が難しい。
過去、PM2では、安価かつ液晶が可動しない以外はPLと同等だったため、PLを食ってしまい台数は出たもののPENシリーズ全体の利益キープが厳しかった。
出るとするならば、全く違う小型機種。そしてPLより高い値段になると思います。

E-P6ではないのでしょうか。。。

ライカはそろそろTyp240後継が発表されてもおかしくない時期ではありますが、どうなんでしょう?
折しもTyp240のギフトカードキャンペーンも今月から始まっているわけですが。

PEN-Fの廉価版は、まだ早いかな。

ライカのはズマロンの噂もあったしMの新型が濃厚かな。
Tでも面白いんだけど。

リンク先、キヤノンのリスト見るとコンデジとデジカメが分かれてますし、kiss辺りは台湾製造だった様な気もします。日本製造なら、もしかして5D4辺りですかね?


液晶固定のシンプルなPEN-Fが欲しいです。
以前TRIP-Dの噂がありましたが…

そう言えば、今年はライカMデジタルが、10周年なんですよね。
2014年にMシステム60周年を記念して「ライカM Edition60」が出ているので、今回もその記念モデル... ですかね。
楽しみです。

Wifi認証機関なので新Mではないでしょう。
Leica Q/35 だといいなあ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年7月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにシグマ18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM のスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「パナソニックが8月末に新型m4/3カメラを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る