富士フイルムがX-Pro2やX-T1など6機種の新ファームを発表

富士フイルムが、Xシリーズのカメラのフォーカス精度等を改善する新しいファームウェアのリリースを告知しています。

「FUJIFILM X-Pro2」ファームウエアアップデートのお知らせ

  • 新製品「FUJIFILM X-T2」に搭載された新しいオートフォーカスアルゴリズムを「FUJIFILM X-Pro2」に適用(除くAF-Cカスタム)。
  • 新製品の多機能クリップオンフラッシュ「EF-X500」に対応し、TTL多灯ライティング、ハイスピードシンクロなどの機能が使用可能に。
  • オートパワーオフ機能に新たに15秒、30秒、1分のタイマーを新設。待機中の電力消費を効果的に抑制。
  • 「FUJIFILM X-Pro2」の特徴である光学ファインダーにとって不可避である「パララックス補正」機能を改善し、より正確で使い易いファインダー内表示を実現。

レンズ交換式カメラボディ/交換レンズ ファームウエア対応表

  • X-E1(バージョン2.61):MF時のフォーカス精度向上。
  • X-E2(バージョン4.01):MF時のフォーカス精度向上。
  • X-Pro1(バージョン3.61):MF時のフォーカス精度向上。
  • X-Pro2(バージョン1.02):MF時のフォーカス精度向上。稀に発生する現象の改善。
  • X-T1/X-T1 Graphite Silver Edition(バージョン4.31):MF時のフォーカス精度向上。
  • X-T10(バージョン1.21):MF時のフォーカス精度向上。

 

X-T2の発表と同時にXシリーズ各機種用の新ファームもリリースされました。特にX-Pro2は、AFシステムをX-T2と同じアルゴリズムに置き換える大きなアップデートになっているようなので、恩恵が大きそうです。

それから、ハイエンドコンパクトのX70もバージョン1.10の新ファームがリリースされているようです。

2016年7月 7日 | コメント(1)

コメント(1)

すぐに使えるのかと思ったらけど
ファームウエア公開予定:2016年10月
なんですね。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年7月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「X-T2」を正式発表」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがレンズロードマップに3本の単焦点レンズを追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る