オリンパスE-M1 Mark II のアクセサリーの情報

軒下デジカメ情報局に、オリンパスE-M1 Mark IIのアクセサリーの情報が掲載されています。

オリンパスの新製品

  •  E-M1 Mark II 関連アクセサリ
    - パワーバッテリーホルダー HLD-9
    - 防水プロテクター PT-EP14
    - リモートケーブル RM-CB2
    - プレミアムカメラバック CBG-12
    - ツインフラッシュセット STF-8

 

12-100mm F4と25mm F1.2 はPROシリーズらしく、鏡筒の質感は非常に高そうです。25mm F1.2は標準レンズとは思えないほどレンズの枚数が多く、非常に力の入った光学系のようですね。

なお、アクセサリー群はE-M1 Mark II のボディと同様に発表のみで、後日予約開始される可能性が高いとのことです。

2016年9月17日 | コメント(20)

コメント(20)

25㎜のギッシリ感、ワクワクしますね。

E-M1 IIは,縦グリ一体型じゃないのですね。
12-100が大きく重いので,HLD-7よりしっかりした造りでお願いしたいです。

いいレンズ群ですね〜。
後はE-M1Mark2の発売日が非常に気になります。

25mm F1.2は隙間ないくらいにレンズがギッシリ詰まっていますね。
これは描写に期待するなというほうが無理な気がします。
かなり贅沢な設計のようで力の入れようが窺い知れますね。

このページを開くまで12ー100が気になってましたが、25ミリの光学系を見てもう25ミリ以外見えなくなってしまいました

ノクトンの25mm/f0.95やパナソニックの25mm/f1.4とどう違った描写をするのか、今から興味津々です。

ツインフラッシュセット STF-8 これって ガイドナンバーが 8 ってことはないですよね?

8mm fisheyeも凄かったけど25mmもギチギチですね~
きっとこういう設計に長じたエンジニアがいるんでしょうね
20Mセンサーのハイレゾでもキッチリ解像するレンズとして売り出されるんじゃないかな?

オリンパスのレンズ技術は、なお一層独創的ですね。単焦点レンズでここまで濃密な構造はめずらしいですね。

30mmにスナップショットフォーカス付かないんですね…。

こんなにレンズ枚数多くて
抜けは悪くないの?

皆さん同様、25mmのレンズ構成は凄いの一言ですね。
同じ25mmF1.8と較べてどう違うのかの検証も面白そう。

で、個人的に待ちに待ったマクロ!
3535マクロと構成枚数は同じっぽいけど、旧型から約11年分の進化がどんなものか、来週の発表が楽しみだ~!!

25mmは枚数もさることながや、フォーカスレンズも巨大ですね。
オリンパスの松レンズと言えばズームか望遠でしたが、新たな伝説が標準レンズに生まれるのでしょうか(笑)

楽しみです30マクロ。
できれば防塵防滴が良かったのですが、その分お安くなるなら我慢します。

STF-8は30マクロに合わせた小型の物になるのでしょうか。
STF-22と同じようなタイプなら小型のコントローラーも欲しいですね。

25mmはもうガラス柱ですねぇ(笑

25mm、もう冗談のようなレンズ構成ですね(笑)。

まるでガラスの塊です。

単焦点好きはもちろんのこと、ズーム好きの人も惹かれるんじゃないでしょうか?

F1.8の25mmはよく使っていますが、使いやすいんですけどこれといった個性が薄いんですよね。

F1.2には、味のある写りを期待します。

>25mm F1.2は隙間ないくらいにレンズがギッシリ詰まっていますね。

 先頭に凹エレメントを持ってきたディスタゴンの50(25)ミリ版ですよ。逆望遠構成でガウスの前後対称が失われる代わりにペッツバールの和が改善され、ガウスの泣き所である像面湾曲が補正できます。

 ソニーツアイス・ゾナー24/1.8、ツアイス・アポディスタゴン(オータス)55/1.4、シグマ・アート50/1.4、そしてソニーツアイス50/1.4Eマウントと同じコンセプトのレンズですね。今後も増えそうですよ。

決して茶化すつもりではなく、開発者がやりすぎた感のある25mm f1.2。
どんな写りか興味があります。

でも最近、私がよく持ち出すのは、赤エルマーなんですよね。
その対極をゆく新作の標準ですね。

25/1.2は、AFスピード確保されているのでしょうか。何処を動かしても、重そうですが・・・。

25mm F1.2のレンズ構成は凄いですね。

200,000円のLEICA 42.5mm F1.2が11群14枚、425,000円のZeiss Otus 1.4/55でも10群12枚なのに。

レンズ構成図を見ているだけで欲しくなってしまいそうな感じです。

ただ、個人的には絞りリングがついていればなあと思います。
(絞りリングを付けるということはオリンパスとしての基本的なコンセプトとして無理なのかもしれませんが)

以前E-M5に25mm F1.8を組み合わせて使っていました。
カメラの質感はとても良く写りにも何の不満もありませんでしたが、ダイヤルでの絞り操作は絞りを大きく変えるときに何度もダイヤルを回さなければならないことと、電源を入れてディスプレイに表示されるまで絞り値が分からないことが操作上煩雑に感じて、富士フィルムのXシリーズに変えてしまいました。

しかしこのレンズ構成図を見ていると、もう一度E-M**シリーズに戻してこのレンズを使ってみたいような、そんな危うさを感じます。

リモートケーブルがフォーサーズのプロ機と同様、USBとの兼用タイプでは無くなるということみたいですね。
E-M1と二種類リモコン持たなきゃならなくなりそうです・・・

25mmの19枚は、凄すぎますね。オリンパスのレンズはフレアが多いことがあるのですが、ここまで構成枚数が多いと、逆光耐性など気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年9月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパス12-100mm F4 PROと25mm F1.2 PROの価格に関する情報」です。

次のブログ記事は「ソニーα9は数ヶ月以内に発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る