パナソニックが「DMC-LX10(国内ではLX9)」を正式発表 [内容更新]

パナソニックが、1型センサーと大口径標準ズームを採用したコンパクトカメラ「DMC-LX10(国内ではDMC-LX9)」を正式に発表しました。

Panasonic Lumix DMC-LX10 gains 1" sensor and fast 24-72mm equiv. lens

  • パナソニックが1インチ20MPセンサーを採用するDMC-LX10を発表した。レンズは換算24-72mm F1.4-2.8で、液晶モニタは3インチ104万ドットでタッチパネルが採用されている。手ブレ補正は、機械式手ブレ補正に電子手ブレ補正を加えた5軸ハイブリッドOISが採用されている。
  • LX10には、30fpsの4K動画と4Kフォト、フォーカスセレクト、深度合成機能、カメラ内RAW現像機能が採用されている。最高感度はISO12800。LX10の価格は699ドルだ。

 

LX10(日本ではLX9)も正式に発表されました。このカメラはEVFレスでセンサーもボディもLX100よりも一回り小さいので、LX100の後継機ではないようですね(LX7の後継機でしょうか?)。

デザイン的にはTX1によく似ていますが、LX10は専用の絞りリングが搭載されていて操作性が良さそうです。LEICAブランドの低倍率ズームと、評判の良い1インチ20MPセンサーの組み合わせで、画質も期待できそうですね。

[追記] 国内の公式サイトでも正式に発表されました。名称は情報通りLX9のようです。

pana_lx10_101.jpg

 

2016年9月19日 | コメント(6)

コメント(6)

パナのLXシリーズは使ってきた一人です。
しかし、どうも、、、プラスチック鏡筒レンズが
ニューっと伸びて気持ちが萎えます。

ここのところ、何とかならないんでしょうか。

RX100M3,4やG7Xは妙に価格が高いので、
スタートが699ドルというのは嬉しいですね。

絞りリングは良いですね。
これかRX100M3かTX1か、悩みどころです。
これのズームが120㎜くらいまで伸びていれば決定打になったのですが、ライバルのRX100と同じということは、現在の技術ではこれ以上伸ばすと描写に影響が出るということなのでしょうかね?

高画素なのが高感度的に良くない、と聞くこともあるので2000万画素じゃなくてもっと少なければよかったと思います。

複数人いる暗い飲み会では、開放で撮影すると後ろの人のピントがボケてしまったりするので、そういう場面でフォーカスセレクト、深度合成の機能を使いたいので買おうと思います。人だとわずかに動いているから上手く合成できないかもしれないけれども、試してみたいです。

LX100ぐらいの撮影センサー面積でタッチパネルになってフォーカスセレクト機能と深度合成機能があれば一番よかったですが、LX100の後継機というのも発売されるのか楽しみにしています。

持っているLX7と比較すると、個人的には以下のような感じですかね。

【良くなったところ】
・WiFi搭載
・4K対応
・絞り
・180度チルト式タッチモニター(ハイアングルの方が良かったけど)

【悪くなったところ】
・高画素化
・レンズの望遠端が暗い
・レンズの望遠端が短い

センサーの大型化は微妙です。一眼レフではできない明るいF値でパンフォーカス気味の写真を撮りたいので。大型化した分、高感度の絵がきれいになればそれもありかと思いましたが、無駄に高画素化もしてしまったので相殺され、それほどきれいにはなってないのではないかと考えています。
またLX7との比較ではないですが、今時のデジカメでGPSが搭載されてないのは残念ですね。少し大きくなっても入れてほしかった。
あと、画像を見る限りアスペクトのセレクターがないようですが、機能としてなくなったんでしょうか?リアルマルチアスペクトはLXシリーズのアイデンティティだと思ってたんですが。これがないんだったらLXシリーズでないといけない理由はないです。他のと同じ土俵で単純に性能だけで比較することになります。

いずれにしろ今回は見送りです。

今さらですが、仕様表の記録画素数(静止画)を見るとリアルマルチアスペクトではないことが分かりますね。残念。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年9月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが「DMC-G85(国内ではG8)」を正式発表 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「パナソニックが「DMC-FZ2000(国内ではFZH1)」を正式発表 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る