キヤノン「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」の詳細スペック

軒下デジカメ情報局に、EOS M用の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」のスペックの情報が掲載されています。

キヤノンの「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」のスペック

  • EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM
    - カラー:ブラック・シルバー
    - レンズ構成:13群17枚(UDレンズ1枚、非球面レンズ2枚)
    - 絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)
    - 最短撮影距離:0.45m (広角は0.25m)
    - 最大撮影倍率:0.31倍
    - 手ブレ補正効果:約4段分
    - フィルター径:55mm
    - 最大径 x 長さ:60.9 × 86.5mm
    - 質量:約300g
    - フード:EW-60F
    - ステッピングモーター
    - フルタイムマニュアルフォーカス

 

EF-M18-150mmはF値が3.5-6.3と暗いレンズですが、その分、かなり軽量コンパクトなレンズに仕上がっているようですね。最大撮影倍率も高いので、ちょっとしたマクロ撮影にも対応できそうです。

このレンズは18mm(換算28.8mm)スタートでズーム倍率が8.3倍と、最近の高倍率ズームとしては無理の無いスペックなので、描写性能にも期待したいところです。

2016年9月13日 | コメント(13)

コメント(13)

やはりプラマウントでしょうか。
個人的には15-120とかの方が魅力的でしたけどね。

予想通りマウントはプラの様ですね…

F値はワイド側始まりが思ったより明るいようで、
後はどれくらい解像してくれるか…

ただ、花形フード、望遠側で長さ足りるのか…
気になる所です。

APS-Cの高倍率レンズとは思えないほどコンパクトで軽いですね。

ただ、15-45mmもそうなんですが、F6.3ってやっぱりちょっと暗くて使いづらいです。室内だと厳しい・・・。

明るい単焦点なども充実してるなら、こういうレンズもアリだと思うけど、現状だと22mm以外は暗いレンズばかりで、APS-Cサイズのセンサーをあまり生かせていないような気もします。

かなりコンパクトにまとまった感じでいいですねー。

タムロン18-200mmと比べてかなりのサイズダウン(望遠側が150mmまでなので単純比較はできないけど)。

画質 気になりますが、倍率ムリしてないし、今までのMレンズみんな良かったし、これもそれなりの画質を期待していいんじゃないかと思ってます。

よって
購入決定です!
EOS M5とのレンズキットで!

いいですね。EF−Mレンズはどれも最大撮影倍率が高くて非常に使いやすいです。この辺は富士も見習ってほしい。

EF-M55-200mmと同じくらいのサイズだそうでいいですね!
旅行はM3にこれ一本でいけそうだから買います。

EOS-MシリーズのAFは暗い場所が苦手なので、明るいレンズが理想なんですが…
18-150ならちょっとした旅行とかレンズ一本で済みそうなので、これは便利ズームとして魅力的です。

情報元の画像を見るにプラマウントのようなのが非常に残念ですね。
よほど安く写りもソコソコでないとF値も暗いので手が出しにくく感じてしまいます。

この手のズームレンズは、全て15mmスタートにして欲しいですね。18mmスタートだと35mm換算で約29mm。フィルム時代なら満足でしたが、今は24-25mmスタートが理想ですね。
15-105/F3.5-5.6IS STMで、出来るだけコンパクな旅行用レンズが欲しいです。

プラマウントですね。今後出てくるMマウントは全てプラなのかちょっと心配。
それはともかく、ようやく出てきた便利ズーム、コンパクトで使い勝手良さそうですね。フィルター径が11-22と同じなのも個人的にはGood。キットで買おうか?いつ買おうか?それが問題。

決まったことなので仕方ないですが
やはり15mmスタートは必須だし、150mm迄伸ばすから6.3と暗くなるわけで、15-120の8倍ズームだと、換算24-192mmとなって、更に便利で実用的となって使いやすいと思いますね
60.9mm統一鏡胴サイズから脱却し、明るい新レンズシリーズを早く手がけて欲しい、その時の便利ズームは是非15-120入れて欲しい!

今回のEOS-M5がかなり物欲を刺激するカメラなのに対して、レンズはイマイチですね。ソニーやオリンパスが魅力的なレンズをどんどん出してるなか、もっと頑張って欲しいというのが本音。

EF-Mネイティブの明るい単焦点が揃っているにこしたことはありませんが、今は少々感度を上げたくらいで画質が破綻したりはしないので、必要な焦点距離を押さえる方を優先してもらって正解だと思います。

EF-M単焦点をやるのなら、20mm以下、及び30mm前後(非マクロ)を優先して欲しいところです。それ以外のレンジは現状でもマウントアダプターでおおむねカバー可能ですし、キヤノン自身がミラーレスの優位性だと言っている小ささが一番顕著に現れるのが広角域ですから。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年9月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF70-300mm F4-5.6 IS II USMの詳細スペック」です。

次のブログ記事は「E-M1 Mark IIの手持ちハイレゾは現時点ではレンズ内ISと組み合わせる必要がある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る