富士フイルムXF100-400mm F4.5-5.6は価格だけの価値のあるレンズ

photozone に、富士フイルムの超望遠ズーム「XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR」のレビューが掲載されています。

Fujinon XF 100-400mm f/4.5-5.6 R LM OIS WR - Review / Test

  • 鏡筒は金属とプラスチックのミックスで、造りはとても良好だが、このクラスでベストのレンズには若干及ばない。三脚座は付属しているが、座面は小さく、これはこのレンズのスペックを考えると奇妙だ。
  • ズームリングとフォーカスリングはスムーズに回転するが、非常にホコリが付きやすい。フォーカスリングは若干ザラザラした感触だ。望遠端にズームすると鏡筒は6cm伸びるが鏡筒のガタツキは見られない。 
  • AFはインナーフォーカスで、ツインリニアモーターを使用しており、静かで速い。マニュアルフォーカスはバイワイヤ(モーター駆動)だ。
  • 手ブレ補正は公称5段分だが、実写では3~4段分の効果に感じた。しかし、それでもなお、これは素晴らしい効果だ。
  • 歪曲は自動補正に頼っているので、心配する必要は無い(最大で0.2%)。素の状態では歪曲はズーム全域で糸巻き型で、最大で2%に達する比較的高い値だ。
  • 周辺光量落ちは、自動補正有効時は望遠端の開放で0.5EVで、非常に穏やかな値だ。自動補正無効時は望遠端の開放で1.3EVで、それほど良好ではない。1段絞れば、周辺光量落ちはごくわずかになる。
  • 解像力は中央は100mmと200mmでは開放から素晴らしい値(excellent)で、周辺部と隅もとても良好な値(very good)だ。300mmではごくわずかに解像力が低下する。400mmでは中央は、まだとても良好(very good)だが、周辺部は良好(good)のレベルまで低下する。隅は若干甘くなるが、悪くはない。像面の湾曲はごくわずかだ。
  • テストした個体の偏芯は非常に少なかった。
  • 倍率色収差は、完璧ではないが周辺部で平均1ピクセルを下回っている。富士のレンズは、色収差でがっかりすることはほとんど無いが、このレンズも同様だ。
  • ボケはこのような暗いレンズとしてはとても素晴らしく、前ボケも後ボケも滑らかだ。玉ボケは、内部の描写は完璧ではなく輪郭も若干付くが、比較的良好だ。絞りは9枚の円形絞りで、F11まで絞った時でも円形に保たれている。
  • XF100-400mmには、スタジオ内のテストだけでなく実写でも感心させられた(正直言って、私はこのレンズをレンタル会社から買い取ろうと思った)。中央の解像力は全域で非常に高く、隅は400mmでは若干甘いが、それ以外の焦点距離ではとてもシャープだ。このレンズの価格は安くはないが、それだけの価値のあるレンズだ。大いに推薦!

 

光学性能の評価は3.5~4点(5点満点中)で、photozoneとしては非常に高い評価になっています。解像力は望遠端で隅が若干甘くなるようですが、全体的には非常にハイレベルと言ってよさそうです。

サンプルを見る限りでは、このレンズは、富士フイルムらしくあまりカリカリではなく落ち着いた描写で、ボケもズームとしてはなかなか綺麗という印象です。

2016年9月 5日 | コメント(2)

コメント(2)

どうもありがとうございます。
当初、野鳥の撮影に使うつもりでしたが、野鳥もあまりいないので遊んでおります。

実際、テレコン1.5倍をつけ、手持ちでアオゲラを撮ってみましたが、森林の暗い中で、感度をかなり上げてでしたが、私の趣味の範囲でしたが、満足しました。

三脚座は手持ちの時を考えてデザインされているのですよね
実際三脚座を持って撮影するとホールドしやすかったです


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年9月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ50-100mm F1.8 DC HSM Artはズーム全域で際立った解像力」です。

次のブログ記事は「ソニーがカメラ部を大幅に強化したスマートフォン「Xperia XZ」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る