シグマが「12-24mm F4 DG HSM」の価格と発売日を決定

シグマが、Artシリーズの超広角ズーム「12-24mm F4 DG HSM Art」の価格や発売日をアナウンスしています。

「SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art」(デジカメWatch)

  • シグマは10月13日、交換レンズ「SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art」を正式に発表した。キヤノン用、シグマ用、ニコン用を10月28日に発売する。希望小売価格は税別22万円。
  • レンズ最前面にクラス最大という80mmの大口径グラスモールド非球面レンズを採用するなどし、歪曲収差、球面収差、コマ収差を低減した。グラスモールドとすることで価格も抑えている。
  • マウント部には簡易防塵・防滴構造を採用。レンズ構成は11群16枚。最短撮影距離は24-25.8cm、最大撮影倍率は1:4.9。絞り羽根は9枚(円形)。フードは組み込みでフィルター枠は無い。最大径×全長は102×131.5mm、重量は1,150g。マウントコンバーターMC-11にも対応する。

 

12-24mm F4はArtシリーズになって、大口径モールド非球面を採用するなど、旧型の12-24mm F4.5-5.6 II と比べて大幅に進化しているようです。

価格は旧型よりもかなり高くなっていますが、それでもキヤノンのEF11-24mm F4Lに比べればずっと安価ですね。なお、12-24mm F4の店頭価格は、最安値で税込みで17万円前後になっているようです。

2016年10月13日 | コメント(12)

コメント(12)

シグマだと思うと高いです・・・

やはり、大口径非球面はなかなかお高いのですね。

個人的にとても欲しかった機能を実装してきました。

公式サイトで
>前玉に撥水・防汚コートを採用
とあります。

前玉が飛び出てるレンズのフッ素コーティング保護は私が知る範囲でトキナー/ペンタックス共同開発の魚眼ズームが初ですが、その後しばらく出てませんでした。おそらく値段の比較的に安い玉だったからでしょう。

でもシグマArtラインが20万円レンズで採用した以上、キヤノン&ニコンも無視できそうにないかも。
フッ素コーティングは今後、この手のフィルター装着困難レンズでは標準となってほしいです。

思わず高っ!
と声に出してしまいそうでした。
それでも描写がよければいいのでしょうけれども。

キヤノン純正11-24が40万近くだったことを考えると妥当どころか十分安いと思います

ちょっと高いですね。これで光学性能が11-24Lと同程度ならいいのかもしれないせすけど、プレレビューで劣ってるので、もうちょっと割安感が欲しかったですね。

妥当な価格です
ね。
私は8-16の後継、SD quattroにベストマッチする超広角レンズを待ち望んでおります。

ちょっと高いという印象ですが、歪曲収差の補正が良さそうなので、使ってみたいレンズです。ズームなのでSONYのAマウントも出して頂ければ買っちゃいます。

シグマ好きですが、この価格では手が出せません・・・
APS-CユーザーならトキナーのAT-Xシリーズも選択肢に入りますね。

フィルターが使えるということでしょうか。。。
楽しみなレンズですね。

某サイトの最安を見ると、11-24/4Lが35万で、12-24/4が17万。
リセールバリューを考えると躊躇しますね。
広角端1mmの差は大きいし、手持ちの12-24IIをキープしつつ様子見かな?
高くても12万くらいと思っていた事や、タマ数があまり出ない焦点域だけに
この調子で推移するなら、これを選択する意味がなさそう。
今の心境を正直に言えば「(12-24IIを)焦って処分しなくて良かった。」です。
下がっていた12-24IIの買取価格は上昇するんじゃないかな?

このスペックならこの価格は納得。いや、全然安いですね!!
ニッコール14-24使ってますが、2mmの差はでかい!そしてArt。これは買わねばならない気がします。

早く価格コムに出ないかなぁ
シグマさん、12ミリ単体を出してくださいませ。
このクラス私には、ズームは、いらないんですが、仕方なく使っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年10月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマが「85mm F1.4 DG HSM Art」の発売時期と価格を告知」です。

次のブログ記事は「シグマが「500 F4 DG OS HSM Sports」の価格と発売日を決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る