DxOMarkに「Milvus 1.4/85 ZF.2」のスコアが掲載

DxOMark にツァイスの中望遠単焦点レンズ「Milvus 1.4/85 ZF.2」のスコアとレビューが掲載されています。

Zeiss Milvus 1.4/85 ZF.2 Nikon review

 テスト機はD810   Milvus1.4/85  1.4/85 旧型   Otus1.4/85   Nikon85f/1.4G 
DxOMarkスコア 46 31 48 42
解像力 36P-Mpix 22P-Mpix 33P-Mpix 30P-Mpix
透過 1.6T 1.6T 1.6T 1.6T
歪曲 0.1% 0.1% 0.2% 0.2%
周辺光量落ち -1.9EV -1.4EV -1.6EV -1.8EV
色収差 4μm 12μm 6μm 7μm

  • D810のテストでは、新型の1.4/85はズバ抜けた解像力を達成しており、テスト機の解像力を超えている。歪曲も素晴らしく良く補正されており、色収差は極めて少ない。そして、透過も見事な値だ。周辺光量落ちも比較的少ない。
  • 旧型のPlanar T* 1.4/85 と比較すると、新型の光学系は完全な新設計で、旧型では期待はずれだった解像力(特に開放付近の解像力)が改善されており、どの絞り値でも旧型よりもシャープだ。新型はF2まで絞ると、旧型のピークの解像力を超える。新型は極めてシャープなレンズで、色収差も並外れて少ない。唯一旧型が優秀なのは周辺光量落ちで、旧型はF2.8で周辺光量落ちが解消するが、新型はF2.8でもまだ目に付く。
  • Otusとの比較では、Milvusはピークの解像力と均一性で優っているが、Otusは開放時の解像力で勝っており、F2でもOtusが若干良好だ。色収差はMilvusの方がよく補正されている。Milvusが弱いのは周辺光量落ちだ。
  • Nikonの85mm f/1.4はしっかりとした性能で評価の高いレンズだが、開放時の性能はMilvusやOtusの方が優れており、ピーク時でも両者と同レベルのシャープさにはならない。
  • 新型のMilvus 1.4/85の性能には驚かされた。このレンズはOtusの半額だが、光学性能はそれほど負けていない。Milvusは(開放を除く)ほとんど絞り値でOtusよりもシャープで、色収差も少し少ない。開放ではOtusがシャープだが、これが問題でなければ、Milvusがよい選択のように思われる。

 

Milvus1.4/85はOtusを超える高解像力(36MP機によるテストなので、解像力のスコアは上限の値に達してます)で、DxOのテスターも驚くほど光学系が改善されているようです。色収差も非常に優秀ですね。

周辺光量落ちは旧型よりもやや大きいようですが、このクラスのレンズとしては平均的な値なので、それほど問題はなさそうです。後は、DxOのスコアには現れないボケなどの「味」の部分が気になることですね。

2016年10月 1日 | コメント(10)

コメント(10)

最近のレンズはどれも非常に優秀で恐ろしい時代になりましたね。

5Dsを使ってシグマの新型85mmと比べて見て欲しいですね。
あちらも驚くようなスコアを叩き出しそうな気配がすごいですから。

シグマ新型が、Otusをベンチにして作られているとしたら、この結果見て、シグマの人、青褪めてるのでは。

85Artは、AFの85/1.4なので、実際に使うとなったらシグマなんでしょうけどね。

うーん、レンズの性能ってなんでしょうね。

高画素数カメラ時代に即した素晴らしい性能だとは思うのですが、正直、個人的には85mmにこの上の解像力を求めていないんですよね。。。

この超絶な解像力で、しかも「開放からシャープ」にされてしまうと、個人的には表現の幅という意味でマイナス評価にも聞こえてしまいます。

ぶっちゃけお肌のアラとかが映りまくるのではないかと。

もちろん、あくまで個人の感想にすぎませんが、高性能すぎて使いこなすのは逆に難しそうですね。

あと、管理人さんがコメントされているように、スコアに現れない「味」がやはり気になります。

ツァイス同士なのにオータスと食いあうなよ(苦笑)という感じですね^_^A
いやいやびっくりの性能でさすがツァイスといったところでしょうか

味というと開放での球面収差でしょうか
クラシックを選択するのもありですね
フォクトレンダーに85mmは無かったと思いますが58mmとかこっちも良い味出してると思いますよ

ツァイスというよりもどちらもコシナ設計なので、大差ないのですかね。
ツァイス企画→コシナ設計→ツァイス承認と聞いたことがあります。

ZEISS Japanの人から、OtusとMilvusはツァイス設計→コシナで量産化のために調整→ツァイス承認って聞いたような気がしたけど記憶違いだったのか・・・

設計.製造に関しては↓あたりが詳しい.
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview_dcm/730550.html
だれが設計しようが,Otusの方は妥協をゆるさないとするコンセプトなので,Milvusに負けるところがあるとすればOtusの方はバージョンアップしなければいけないのではと思います.

Otusを使っていますが,Milvusと一番違うのは,ボケの周辺に色収差がでないことだと感じます。特に白色系の物体がボケると,カラーフリンジが盛大に出るレンズがありますが,Otusでは全くと言っていいほど出ません。ZEISSのサイトでも,Otusのページではアポクロマートやカラーフリンジの追放を謳っていますが,Milvusのページではそれがありません。DxOMarkではこういった点は評価されているのでしょうか。

DxOMarkのテストでは倍率色収差は見ていますが軸上色収差は見ていないので評価していません.ちなみにMilvusのwebページにもフリンジの抑制に関する記述はありますよ.
http://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/ja_jp/camera_lenses/milvus/milvus1485.html

>>ちーさん

私もその認識です
設計はツァイスで硝材やメカニカルな部分を踏まえ実現できるかをコシナが検討するという感じで何年も前ではありますが雑誌に載っていた話です


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年10月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがダークグレーのX-Pro2を準備中?」です。

次のブログ記事は「Samyangがニコン用とキヤノン用のAFレンズを準備中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る