DxOMarkにツァイスMilvus 2/100Mのスコアが掲載

DxOMark に、ツァイスのマクロレンズ「Milvus 2/100M ZF.2」のスコアとレビューが掲載されています。

Zeiss Milvus 2/100M ZF.2 review: Ultra-high performer 

 テスト機はD810   Zeiss Milvus
 2/100M 
 Makro-Planar
 2/100M [旧型] 
 Nikon Micro
 105 f/2.8G 
DxOMarkスコア 40 39 34
解像力 34P-Mpix 23P-Mpix 21P-Mpix
透過 2.2T 2.3T 3.3T
歪曲 0% 0% 0.2%
周辺光量落ち -1.6EV -1.5EV -1.7EV
色収差 5μm 3μm 7μm

  • Milvus2/100Mのスコアは40に達しており、これは大口径のマクロとしては高いスコアで、DxOの中でも上位にランクされている。
  • このレンズは開放から中央は非常にハイレベルで、周辺部もとても良好だ。画質のピークはF5.6で、このとき画面全域で完璧に近い均一性になる。透過、歪曲、色収差の項目はどれも素晴らしく、周辺光量落ちもレンズの明るさを考えれば良く補正されている。
  • 旧型との比較では、新型は解像力のスコアが顕著に改善しており、どの絞り値でも高い値になっている。透過・歪曲・周辺光量落ちは、新型と旧型で大きな違いはないが、色収差は、新型も低いレベルではあるものの旧型よりも若干目立つ。
  • Milvus 2/100Mは安価なレンズではないが、これだけの光学性能のレンズはめったにない。

 

Milvusシリーズでは50mm F1.4と85mm F1.4以外は旧型の光学系を踏襲していると言われていますが、新型の100mm F2は旧型と比べると驚くほど解像力のスコアが上がっているようです。

これはMilvus 2/50でも同じ傾向なので、基本的に同じ光学系でもMilvusシリーズでは細かい改良で、かなり性能が向上しているようですね。

2016年10月10日 | コメント(9)

コメント(9)

デザインは旧型のがはるかに好きなんだけど、これだけ解像よくなってると新型に買い換えたくなりますな。

「光学系のタイプが変わっているのは、1.4/50と1.4/85の2本です。残りの4本の基本的な光学系はClassicを踏襲していますが、外観デザインのみを変えたというわけではなく、レンズの間隔やコーティングなどを微調整して、デジタル一眼レフでより良い結果が得られるように改良を加えています。」
だそうです。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview_dcm/730550.html

旧型マクロプラナー使ってますが特に不満はありません。
純正AF-S105mmも昔使っていましたがマクロプラナーの方がシャープでした。
新型は更にシャープと言うことで気になってきました。
純正105mmf1.4とどっちが良いか?
今まで選択肢が少なくて良かった?のですが、
高価な選択肢が増えうれしい悲鳴ですね。

収差が増えてるせいかスコアは旧型からほぼ変わってませんが、解像力の驚くべき伸びは2/50Mと同等ですね。収差などフォトショップでいくらでも満点へ補正でき、このテストがボケの質を語らない以上、個人的な注目項目は解像性能となります。純正のスコアが平凡に見えてしまうほどの好成績ですよこれ。

光学性能が改良されているのなら旧型のような道具として使いやすいデザインもラインナップし続けてほしいですね。
Milvus・Otus・Batisの鏡筒デザインはカッコ良い悪いではなく単純に使い辛いので購入に躊躇います。

新型、使いやすいですよ。
一度使うとなぜツァイスがこのデザインにしたかわかると思います。
パッと見の印象ではなく実際に使うと理解できると思います。
数年後は純正レンズもこのデザインに寄っていくんじゃないかなと思いますよ。
僕はもう旧型を買う気にはなれなくなっちゃいました。

新しいツァイスのデザインは見慣れてくると好きになりました。
ロキシアもこのデザインで統一すれば好ましいです。

自分もMilvusのデザインの方が好きですね。
実際に使ってみるとわかると思いますが、人間工学的に非常によく考えられていて使いやすいデザインです。
また、ボディとのデザインの親和性も非常に高いと思っています。性能も相まって、手持ちのClassicを全てMilvusに置き換える予定してます。

カメラに付いてるレンズを見て一瞬でツァイスと分かる様にしたとも思います。
ツァイスはかつてコンタックス等でカメラにも影響力が有ったしその昔は子会社に作らしてました。しかし、昨今 交換レンズメーカーになってます。ならばデザインも独特なデザインで行くのは分かります。が、このデザインは保守的な人は受け付け無いですよね。自分は気に入りましたが…


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年10月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにオリンパスPEN-Fのスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーFE50mm F2.8 Macroは素晴らしい性能で楽しめるレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る