ニコン「PC NIKKOR 19mm f/4E ED」と「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」の価格に関する情報

軒下デジカメ情報局に、間もなく発表されるニコン新製品のリストが掲載されています。

ニコンの「PC 19mm f/4E ED」と「AF-S 70-200mm f/2.8E FL ED VR」の国内価格

  • PC NIKKOR 19mm f/4E ED
    - 量販店価格:398,520円(税込)
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
    - 量販店価格:323,190円(税込)
  • LC-K101 (レンズキャップ)
  • HB-78(レンズフード)

 

価格はヨドバシやビック等の量販店価格ということなので、最安値では上記の価格よりも10%程度安価(35万9000円と29万1000円程度)になると思われます。

PC 19mm f/4E は、キヤノンのTS-E17mm F4Lの価格が最安値で約22万8000円(初値で約27万9000円))であることを考えると、かなり高価ですね。

70-200mm f/2.8E FL ED VRは、現行の70-200mm f/2.8G ED VR II が最安値で約23万円(初値で約26万8000円)なので、2万円少々高くなっていますが、新型は蛍石や電磁絞りを採用していることを考えると、許容範囲内でしょうか。

2016年10月18日 | コメント(14)

コメント(14)

ミッコムさん、キルロイさん
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

待ってました、やっぱり一番使うから即日買い替えですね。

19mmのPCレンズですが、
思ってた以上に高額ですね・・・
売れる数からいえば仕方ないとは
思いますが、、それにしても高いなぁ〜
初期ロットを逃すと、
数ヶ月待ちになるのでしょうか?

ニッパチズームでこの価格ならば
妥当でしょ
ライトグレーも復活して欲しい

PC19mmがやっと発表、発売になりそうですね。
建築、インテリア関係の撮影を仕事でしている写真家には朗報です。キヤノンよりも2mm焦点距離が長いですが、これまでの特許情報などからは、歪曲収差などがほぼ0なので、シフトを最大限使用しても画面の隅まで有効に活用できるのであれば、周辺部がやや甘いキヤノン17mmと同等以上に仕事では使えそうです。
高価なのは、生産数、販売数が限られるからでしょうが、それを考えるとむしろ安いのかもしれません。コシナとの共同開発・製造という情報もありますが、コシナはツアイスでの実績があるので歓迎したいです。

現行の70-200に不満は無いのですが、実機を見たらヤバいなーーー。でも、すぐに見てみたい。

70-200を買うつもりです。
経費で買うのでなんとか少額減価償却資産の30万未満ということで安心しました 汗

早くサンプルやサイズ、重さなどスペックが知りたいです

いよいよ、本格的に出る雰囲気になりましたね。現行70−200
がよかっただけに期待大です!

近年の価格動向からすると相当な高値かとも思ってましたが、機能面から見ても、結構良心的な価格ではないでしょうか。

daipaさんの言う通り、現行に満足しておりますが、
試写したら欲しくなってしまいそうです。。
さらに思った以上に値上げされていませんし。

あとは大きさ、重量が早く知りたいです。
82mmフィルター径なら買わないかな~。

30万切れると触手が動きますね。
後は、デザイン、大きさと重量ですか。

公式にも出ましたね。
70-200mmF2.8が11/11発売、PC-E19mmが10/28発売。

発表ありましたね。

70-200/2.8Eに関して言えば、一番変わった点は、ズームとフォーカスのリング位置が逆になったことと、フォーカスロックスイッチが付いたことでしょうか。
大きさはほぼ一緒ですが、重さが100gほど軽くなってます。

MTFを旧型と見比べると、周辺の画質の向上と、解像力アップに力を注いだことが良くわかります。
より一層の高画素機に対応するためでしょう。
最短撮影距離も1.1m、最大撮影倍率も0.21倍と大きく向上していますね。

実写に期待して待つとします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが近日中にSummaron-M 28mm F5.6を発表?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが2016年中に発表する新製品はXシリーズのカメラ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る