ニコンが「D5600」を正式発表

ニコンが、DXフォーマットの一眼レフカメラ「D5600」を正式に発表しました。

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D5600」を発売

  • ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D5600」を発売する。発売予定日は11月25日。
  • SnapBridgeアプリとBLEテクノロジーにより、カメラとスマートデバイスの常時接続が可能。
  • 前機種「ニコン D5500」で好評のタッチパネル操作機能をさらに拡充し、写真の必要な部分だけを切り取れるトリミング機能や、再生画面の切り替えを瞬時に行える「フレームアドバンスバー」を新たに追加。
  • 上位機種「ニコン D7200」で採用されているタイムラプス動画の撮影機能を搭載。
  • 有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載。画像処理エンジンには「EXPEED 4」を採用し、ISO 100~25600と幅広い常用ISO感度域を実現。

 

最近、何度か噂が流れていたニコンD5600が正式に発表されました。D5500からの改善点はスナップブリッジ対応と、タッチパネルの機能の拡張、タイムラプス機能の追加などで、全体としては小幅なモデルチェンジという印象です。キットレンズは、噂通り新型のAF-Pレンズに変更されているようですね。

nikon_d5600_002.jpg

2016年11月10日 | コメント(16)

コメント(16)

やはりD5500からの変化はsnapbridgeだけみたいですね
EXPEED5はフラッグシップにしか載せられないのでしょうかね D7300くらいでつけたら入門機と差別化できるって考えもあるかもしれませんね
特に買う理由が見当たらない(D5200、D500ユーザーからすると)のでD5700に期待し始めてます。

実はこのモデル楽しみにしていました。
DXはD500/D7200/D5300をそれぞれ使い分けていますが、大きな不満のないD5300からの更新はちょっと悩みます。
EXPEED5が搭載されていれば買換えに踏み切ったと思うのですが、今回は見送り濃厚です。
このクラスはダイナミックレンジや高感度の改善など画質面でのブレイクスルーがないと既存ユーザーには訴求力は足りないと感じます。

同じくD500&D5300ユーザーからすれば買い換えるほどの進化ではないですがエントリークラスのカメラとしては魅力的だと思います。結果としてD5300は長く使えていい買い物でした。AFと画像エンジンが進化したD5700に期待します。

みなさん、数値スペック(若しくは画質?)だけで進化を語っているように聞こえますが、D5300からD5500へのモデルチェンジは
カメラを持った瞬間にわかる、握りやすさ、軽さに対する大変大きなものだったと思っています。
D750同様です。
作りが華奢なモデルですが、道具として使い易さをもっと評価されるべきだと思います。

Mkさんへ
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

ダブルズームだと55-70の画角が空いてしまいますね
これをキッドレンズにした理由はなんだろう

しかもキャノンと比べてくらいですし

D3400に続き、イメージセンサークリーニングが省略されているのではないかと心配していましたが、ちゃんと搭載されていますね。

ニコンのトップセラー機種でもあり、唯一バリアングル液晶を採用したシリーズのモデルチェンジですね。

新キットレンズのAF-P DX70-300はとてもAFが速くて軽い評判の良いレンズなので店頭で多くの人に手に取って試してもらえるといいですね。

何気にnikon creative lighting system に対応してくれたのは高得点(SB-R200などが使えますし)。D750 のサブ機としての導入が考えられます。これで16-80mm のお買い得なレンズキットなどがあればますます食指が動きます。

比較明合成機能をくっつけて欲しかったです。

写真は撮るのも撮られるのも苦手だった私は、写真を取らねばならない状況に追い込まれ、どうせなら一眼に挑戦だと2014年始め清水の舞台(大げさ)を飛び降りる気分で5300を購入、無我夢中で撮ってる内に一眼に魅了され、レンズを買い増し結局D500も買ってしまい・・・ハマってしまったのはやはりニコンの力なんだと思う。5000シリーズにはそんな素人にも最良の入り口であり続けて欲しい。5600が多くの人に写真の魅力を拓く新たなキッカケとなってNIKONの事業が潤って欲しいと願うばかりです。

niko-nomさん

念のためですが、過去の5xxxシリーズと同様に本機も内蔵フラッシュにコマンダーモードはありません。仕様表の記載で、
・nikon creative lighting system対応
 →ニコンのストロボシステム対応ってだけ(3400も対応してる)
・アドバンストワイヤレスライティング(光制御)対応
 →本機単独でワイヤレス発光可能とは言ってない
 ※D750等は「コマンダーモードあり」と記載がある

このサイズでペンタプリズムって無理なんでしょうかね…
ミラー機が良くないわけではないですし、撮るものにもよりますけど、あえてレフ機を選ぶ意義がもう少しあればなぁ…って思います。

7000系列にバリアングルを搭載するのではなく、このサイズで本格派が欲しいかなぁ…。

待ってました!
SnapBridgeでスマホとの連携がより簡単になりますね。
WiFiも前々からついてましたが、使用中は
普通の通信が出来なくなってしまうデメリットがありました。
さらに位置情報も同期するのではGPSがオミットされたことに対する
デメリットも無くなったと言っていいですね。

後はEXPEED5になって、ライブビュー撮影時の撮影速度が向上すれば
D5300から乗り換えよう!って気持ちになるかな…。

買い替え需要には答えられないけど、Nikonの一眼レフを検討していた人には嬉しいニュースですね。エントリー機とはいえ、性能は上級機と事実上かわらないし、コンパクトゆえ、いろんなシチュエーションに柔軟に対応できる良さは上級機以上ですし。

D5500を予定してたらD5600が出るとは
ノーマークでした。また再検討です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2016年11月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスMilvus 2.8/15は非常に高性能なレンズ」です。

次のブログ記事は「ライカの新型M(LEICA M10?)に関するいくつかの噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る