ペンタックスK-1の機能拡張ファームウェアバージョン1.40がリリース

リコーイメージングが、PENTAX K-1に天体撮影等で有用ないくつかの機能を追加する新ファームウェアをリリースしています。

「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア バージョン1.40

  • 「PENTAX K-1」向け機能拡張ファームウェアバージョン1.40を、2016年11月17日よりリリースする。機能拡張ファームウェアは、「PENTAX K-1」に新しい機能や設定可能な項目等を増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするもの。

(拡張される機能)

  • 赤色画面表示:天体撮影時などでモニターを確認する際に、暗所に慣れた目に優しい赤色画面表示機能を追加。
  • バルブタイマー機能:バルブモードでの長時間露光に便利な最長20分のタイマー露光機能を追加。
  • その他:長秒撮影時における、白点ノイズ軽減処理を追加。その他、全般的な動作安定性を向上。

 

K-1用の機能拡張ファームの内容は、以前の噂通りで、赤色画面表示やバルブタイマー、白点ノイズ軽減処理の追加など、特に天体撮影をする方には嬉しいアップデートになっているようです。

前回のK-1の機能拡張ファームが9月29日のリリースだったので、K-1は非常に早いペースで機能が拡張されていますね。

2016年11月17日 | コメント(4)

コメント(4)

jpgでの白点、当初から気になっていたので、やっと対応してくれたかと安心しました。
RAWで記録すればどうにかなると言っても、ないにこしたことはないし、
撮影現場でも液晶で見えていたので、余りいい気分ではなかったです。

赤画面やバルブタイマー等、使い勝手が更に良くなって本当に嬉しいです。
これからもどんどんお願いします。

面倒くさいけれど嬉しい悲鳴です。あまり使いそうにない機能ですが・・・(汗)。ペンタの姿勢に拍手!

以前のPENTAXには見られなかった対応で素晴らしいですね。長く使ってもらおうという姿勢に好感が持てます。

ありがたいアップデートが続きますねえ。私としては、一番欲しいのはsRAWかな。9Mと18Mくらいが欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのPlanar T* 85mm F1.4 ZAが公式サイトのリストから削除?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムGFXの価格は標準レンズ付きで8000ドル?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る