ソニーのPlanar T* 85mm F1.4 ZAが公式サイトのリストから削除?

SonyAlphaRumors に、ソニーのPlanar T* 85mm F1.4 ZA が公式のレンズリストから削除されているという情報が掲載されています。

Sony removes the Zeiss 85mm f/1.4 A-mount from their A-mount list

  • SARの読者が、ソニー公式サイトのAマウントのレンズリストからツァイス85mm F1.4が削除されていることに気付いた。もし、新しいレンズが近日中に登場する予定なら、通常は何らかの変化が起こるものだ。

    最近、ソニーは、いくつかの現行のAマウントレンズ群を、よりAFの速いSSMにアップデートすることを認めている。これが単なる公式サイトの間違いなのか、さもなければ本当に新型が近日中に発表されるのか見守ろう。

 

日本国内の公式サイトには、まだ85mm F1.4 ZA は掲載されているようですが、この件は海外のソニー公式サイトの単純なミスなのか、それとも85mm F1.4が近日中にリニューアルされる兆候なのか気になるところですね。

85mm F1.4 ZAがリニューアルされるとしたら、SSMによるAFの高速化やコーティングの変更等でしょうか。新型がインナーフォーカスになるかどうかも気になるところです。

2016年11月17日 | コメント(10)

コメント(10)

α99ⅱと一緒にPlanar T* 85mm F1.4 ZAの購入をしようとしていたので、リフレッシュされるまで購入を待ってみるのも良さそうですね。しかし、光学性能まで変わってしまうようであれば、現行のレンズを購入すると思います。

SSMに更新されるなら買い替えしたくなります。

135mmは持ってないのでそちらが先かな?

milvus並の進化があれば工学系は刷新しなくても良いと思います

リニューアル期待します!!

光学系は維持したままSSM・インナーフォーカス・防塵防滴等が施されたら素晴らしいですね。
光学系が変わる(変えざるを得ない)なら現行の85mmは貴重な銘レンズになるかもしれませんね。

ツァイス廃止でGM投入…なんてことはないかな。

ツァイス銘廃止はないでしょう。
Aマウントを使っているとZとGは設計コンセプトが全く違うレンズ群で、いくらリソースがないといっても、選択と集中でディスコンするようなものではないと思います。
特にZのコントラストと発色の良さから来る絵画のよう映りと、Gのボケ身と陰影で立体感と躍動感を映し出す感じは、それぞれ雰囲気で使うレンズを変えることも楽しみです
そうなると、SSM化の線が妥当です。

SSMと防塵防滴化ですかね。Aマウントユーザーのみならず、α7iiシリーズでツァイス大口径レンズをAFで使いたい人達もターゲットにしているのかもしれませんね。

某直営店のSONY社員から聞いた話をしましょう…
Aマウントの単85をEマウント向けしにたのが85GMだそうです。
なので…現行の単85がリフレッシュされたらGMになる可能性は大きいです…

1635,2470がそうだったように、SSM化とARコーティングが付いたリニューアルが妥当ではないでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2016年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが「アポ・ズミクロンM F2.0/50mm ASPH.レッド」を限定発売」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-1の機能拡張ファームウェアバージョン1.40がリリース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る