キヤノンがCP+の前に新型のEOS M を発表?

Canon Rumors に、キヤノンの新しいEOS Mに関する信憑性の高い噂が掲載されています。

New EOS M Camera Coming in February [CR3]

  • キヤノンが、2017年の2月23日から横浜で開催されるCP+に先駆けて、2月に新型のEOS Mを発表すると聞いている。新しいEOS M は、最近リリースされたEOS M5の下位のモデルで、EOS M10やEOS M3と似た形状を維持する可能性が高い。
  • このカメラのキットレンズは、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMとEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMの2種類になり、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMはディスコンになるという確認も取れている。 

 

信憑性はCR3(ほぼ確実)なので、来年のCP+では新型EOS Mのお披露目が期待できそうですね。新型機はEOS M5より下位のモデルで、箱型の形状になるようなので、EOS M10かM3の後継機の可能性が高そうです。

このクラスの機種にも、EOS M5と同じデュアルピクセルCMOS AFが採用されるのかどうかが気になるところです。

2016年12月25日 | コメント(15)

コメント(15)

デュアルピクセルCMOSが採用されたEOS M3の後継機なら、めちゃ興味ありますね。CP+で実機を触ることができるなら凄く楽しみ♪

kissと8000Dの後継も1月か2月って噂だったから、cp+はエントリー機ばかりになりそうですね

個人的にはデュアルピクセルCMOS AFよりもボディ内手振れ補正が気になります。

M5は80Dを考慮してなのか、HDR動画や動画時のAFカスタマイズが搭載されませんでした。

M3の後継機だとして、露骨にスペックが抑えられたものにならなければよいのですが

DPAFや動画時のボディ内5軸補正は是非載せてほしいです。

M10のマイナーチェンジでセンサーはそのままで、
DIGIC 7を積んで、快適に動く程度かなと思ってます。
デュアルピクセルCMOS AFは次のM5の後継機が出るまで、
出し惜しみしそう。。。

M3にデュアルピクセルCMOS AFとDIGIC 7があれば、
ほぼM5化するので、発売してもM5とあまり値段が変わらない高級機になりそうで心配です。

ボディーよりも、レンズの方を増やして欲しいんですけどね。
標準近辺のズームばかりが渋滞しているイメージです。
小型の単焦点が同時発表されることを期待しています。

M5の出っ張りデザインはミラーレスの長所をスポイルしているような気がしてたのでM3のが正統進化した後継機の出現は嬉しいです。

ぶっちゃけデザインだけでいうと初代とM2がベストです。
それとDPAFはミラーレス機にこそ必要なもの。ヒエラルキー厳守の出し惜しみ戦略は勘弁してもらいたいものです。
小型軽量シンプルな本体デザインでタッチ操作によりサクサク撮れるカメラをふつーの消費者は望んでいるはず。。。

電池をM3、M5と同じ物に変更。ネーミングはM20で、EVF搭載は見送り、外付けも無し、でしょうか。センサーはアップされると思います。M5並に撮影後のブラックアウト時間の短縮は必須でしょう。ハンドグリップは同梱でお願いします。価格はM10据え置きがいいですね。

今は自撮り用のチルトは必須なのでm10の後継機m20あたりでしょうね。
m3の後継機はm5があるのでスペック的に微妙な立ち位置になるのでおそらくないでしょう。

M5はM3の後継機みたいなものだと思うので、次に新しくなるとすれば、M10のモデルチェンジでしょうか?

ハイブリッドCMOS AF IIをIIIへバージョンアップして、無難な感じで出してきそうな感じです。

まだデュアルピクセルCMOS AFはこのクラスには採用しないのでしょうね・・・。

軽いカメラに仕上げてもらえたら嬉しいです。

サイクル的に見てM3の後継ではないでしょうか
kiss x8iのライブビューのAFを見てたら結構早いのでDPAFに拘らなくてもハイブリッドCMOSで充分な気がします
DPAF乗せて高価格になってもM5と住み分けが出来ませんし。
しかし、AFポイントがM3のように大きいままなら微妙ですね
M5のようにAFポイントの小が選べるなら買っちゃいそうです
いずれにしても期待しています

m5とm10の開きがかなり大きいので中級機でしょう。
DPAFの有りではm5との差別化が難しいので、逆にファインダー有りのm3ってのはどうでしょう。例えばオリなんかもフラグシップ以外は像面位相差付いてないし。

EOS M2桁機のターゲットは動体を撮らないユーザでしょうから、DPCMOS AFはオーバースペック(特に価格的に)でしょうね。
ハイブリッドCMOS AF III+DIGIC 7で十分快適な撮影ができるのではないかと。
EOS M3でもそこそこ明るい場所であればAF速度自体は我慢できるレベルでしたし、撮影後の処理がもたついていた印象なので、DIGIC 7でそこが改善されれば静物メインなら問題ないのではないかと予想します。

型番だけ前から出てきているEVF-DC2はおそらくチルトなしでコンパクト、かつ廉価な新型EVFで、EOS M20と新型EVFセットで(Canonにおけるミラーレスの)中級向け、EVFなしでライト層向けといった感じではないでしょうか?
http://www.nokishita-camera.com/2016/09/evf-dc2.html?m=0

実際にはM10を値下げ併売してそちらを入り口にするのでしょうけれど。

いい加減歪曲補正を搭載して欲しいのですが、最上位のM5でも搭載しなかった辺りからして無理なのでしょうね…


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年12月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスED25mm F1.2 PROとパナソニックLEICA25mm F1.4の比較レビュー」です。

次のブログ記事は「Konostのフルサイズレンジファインダーカメラの最新情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る