オリンパス ED 25mm F1.2 PROは開放から画面の隅まで良好な画質

LensTipに、オリンパスの大口径単焦点レンズ「ED25mm F1.2 PRO」のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko Digital ED 25 mm f/1.2 PRO

  • フォーカスリングの動きは滑らかで十分な重さがあり、非の打ち所がない。フォーカスリングの最短から無限遠までの回転角は100度だ。フォーカシングで前玉は回転しない。
  • 解像力は、中央も隅もF1.2の開放から50lpmm(良像の基準値は44-45lpmm)をキープしており、完全に実用になる。これは素晴らしい成果だ(パナソニック25mm F1.4は、F2まで絞っても周辺部は良像の基準値に達しない)。絞るとF2でピークの74lpmmに達するが、パナソニック25mm F1.4はピークで75lpmmなので、これは驚くような値ではない。オリンパスは、絞ったときの解像力は優先事項ではなく、開放での画面全域の良好な解像力を目指したように思われる。
  • 軸上色収差は開放でもほとんど見られず、賞賛に値する。
  • 倍率色収差は、開放付近では0.14~0.15%でかなり高い値だが、幸いなことにF2では中程度のレベルになり、絞り込むと更に減少し「中程度」と「低い」の境界線上まで減少する。パナソニック25mm F1.4は0.08%を若干超える値で、オリンパスよりも良好だ。
  • フォーカスシフトはそれほど目立たないが、気が付くレベルで、特に開放とF2~F2.8まで絞った場合とを比べると分かる。
  • 歪曲は、JPEGでは-0.22%、RAWでは-0.18%で、これは誤差の範囲内で同一の結果だ。歪曲はJPEGでもRAWでも問題はない。オリンパスは、このカテゴリではライバルよりもずっと優れている。
  • コマ収差の補正は不完全で、開放とF1.8では隅でデフォルメが見られるが、それでも、コマ収差はせいぜい中程度で深刻な問題ではない。いずれにしても、コマ収差は、パナソニック25mm F1.4よりはずっと良好だ。
  • 非点収差は17.6%の高い値で、F2からF4に絞ったときでさえ目立つ。非点収差は、このレンズの解像力が80lpmmを超えなかった理由の1つだ。
  • 周辺光量落ちはJPEGでは38%(-1.38EV)で目に付くレベルだが、レンズの明るさを考えれば許容範囲内だ。RAWではこれよりも若干大きな値になったが、JPEGとの差は2%以内だったので、誤差の範囲内だ。パナソニック25mm F1.4の周辺光量落ちは、開放で49%でオリンパスよりも明らかに大きい。
  • 逆光ではレンズの枚数が多いために、コントラストの低下が見られる。太陽が画面内か、画面の端にあると、多くのフレアやゴーストが見られ、太陽を画面外に出すとフレア・ゴーストは改善はするが、完全にはなくならない。絞るとフレアやゴーストは更に目立つようになる。
  • AFは静かで非常に速い。AF精度は、スタジオテストでも屋外でも全く問題はなかった。
  • 25mm F1.2 PROは、均一性を重視したレンズで、解像力のレコードを狙ったレンズではないのは明らかだ。このレンズは開放から画面の隅まで完全に実用になり、コマ収差や周辺光量落ち、歪曲はライバルよりも良好だが、全てが完璧なわけではない。複雑なレンズ構成を考えると、非点収差と倍率色収差の補正は期待はずれで、また、複雑なレンズ構成は、逆光耐性には不利だ。価格が高いのも問題だ。
  • 良い点:しっかりとした金属製の防塵防滴の鏡筒、非常に良好な中央の解像力、開放から良好な隅の解像力、軸上色収差が穏やか、歪曲がほとんどゼロ、周辺光量落ちがライバルよりも顕著に少ない、コマ収差がライバルよりも顕著に少ない、静かで高速で正確なAF。
  • 悪い点:倍率色収差がライバルよりも悪い、球面収差が目立つ、非点収差が大きすぎる、逆光耐性に問題あり。

 

25mm F1.2 PROは、F1.2の大口径レンズにもかかわらず、開放から隅まで高い解像力を実現しているのは素晴らしいですね。歪曲や周辺光量落ちも非常に良好に補正されているようです。

ただ、他のレビューでも指摘されていましたが、逆光ではフレアとゴーストがかなり見られる(サンプル画像はこちら)ので、逆光耐性だけは少々注意が必要かもしれません。

2017年1月22日 | コメント(8)

コメント(8)

5万円以上の価格差を考えたら、パナライカが如何に優秀なレンズかが分かる。
このレンズも非常に素晴らしいものだが、オリンパスも優秀な格安レンズが欲しいところ。

このレンズは万能というよりかは多少癖はあるけどハマれば凄い、って感じですかね
逆にf1.2でよくここまで収差を押さえ込んだとも言うべきか
万能に使いたいなら同じオリンパスではf1.8という写りのいい格安レンズもありますしこういうレンズを選択肢に用意するのもアリかもしれませんね

このレンズは、フルサイズで50mm、人によってはスナップで一般的によく使用する焦点距離だと思いますが、人物を逆光でとる場合は、この欠点は気になりますね。なぜオリンパスは、この当りの対応が、おざなりになっているのでしょうか?

予想通りの結果ですね。
ベンチマークレビューサイトは解像を最重要視しますが、それを目指したレンズではありませんし。
一般的にF値が明るいレンズの方が高額な場合が多く、安価なレンズより解像性能も高いです。しかし同じ価格帯で設計するならF値は暗いほうが高解像なレンズを作れますね。12-100/4.0がまさにそうですね。
とはいってもF2ですでに解像ピークですから、絞らず使うなら実は他の25mmよりも高解像とも言えますよね!
癖があると言う方もおられますが、私は逆にとても素直なレンズだと思っています。開放から目立つ収差もハロも無いのでF値は被写界深度のコントロールのみに使えます。後ボケも被写体の距離によらず滑らかで、苦手な距離を意識する必要がありません。
逆光耐性は…一般的なレンズの2倍のレンズ枚数ですから今のコーティング技術ではどうにか出来るとも思えません。

逆光耐性については、レンズ構成数が多いので必然的に内部反射も増えてしまい、仕方が無いんじゃないでしょうか。
オリンパスでも逆光に強い弱いはありますから。

それよりは、価格・大きさを考えると解像能力面でややコストパフォーマンスは悪いかな、という印象があります。開放から良好と言っても、やはりF4程度まで絞ると全体的に収差が減りカッチリした写りになるのは間違いなく、むしろ他のマイクロフォーサーズレンズの方がF1.8クラスといえ開放から良く写ります。
あくまでもF1.2レンズとして考えれば開放でも良好ととらえる
べきでしょう。パナの42.5mmF1.2は焦点距離は違えど、同じ大口径同士で明らかに解像力は上ですからね。

何よりデザインがかっこいいと思います。逆光耐性だけは今一歩な感じですが、それさえ気をつければ良いレンズなのでしょうね。もう少し気の利いたカメラボディさえあれば植物写真などに使ってみたいとは感じます。

75-300IIとか300/F4とか、逆光でも描写の素晴らしいレンズもありますし、「逆光耐性の問題はオリンパスのレンズの決まり文句」ということもないような。

この大口径で解放で隅まで良像の基準値を超えているってのがミソでしょう。知る限り他にないですね。レビュー読んで漸く値段と重さに合点がいきました。
他のレンズでも、解放で使える事を強く意識しているというのは感じてはいましたが、これはかなり拘ってますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2017年1月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムGFX 50Sのサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「LEICA M10の実写サンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る