DxOMarkにソニーFE70-200mm F2.8 GMのスコアが掲載

DxOMark に、ソニーの望遠ズーム「FE70-200mm F2.8 GM OSS」のスコアとレビューが掲載されています。

Sony FE 70-200mm f/2.8 GM OSS lens review 

 テスト機はα7R II   FE70-200 F2.8 GM     FE70-200 F4 G 
DxOMarkスコア 39 34
解像力 38P-Mpix 35P-Mpix
透過 2.9T 4.7T
歪曲 0.3% 0.3%
周辺光量落ち -1.7EV -1.3EV
色収差 5μm 4μm

  • FE70-200mm F2.8 GM は39の際立ったスコアを達成している。このレンズは、α7R II でこれまでにテストしたズームレンズの中でトップのスコアで、解像力は単焦点レンズを含めると4番目のスコアだ。
  • 解像力はα7R II の42MPに近い38P-Mpixで、驚くほど高い。100mm~200mmでは、非常に鮮鋭度は高く、開放から均一だ。70mm開放では、隅が中央に比べて若干甘くなるが、それでもなお、とても立派な性能だ。
  • 周辺光量落ちは、開放ではズーム全域で-1EVを超える値で、特に望遠側では顕著だ。しかし、F4に絞ると周辺光量落ちは顕著に改善する。
  • 歪曲は、70mmでは0.6%のタル型、200mmでは-0.6%の糸巻き型で、この種のレンズとしては非常によく補正されている。
  • 色収差は大部分の焦点距離で良く補正されている。200mmではいくらか色ズレが目立つが、これは一番隅の部分で、画質へのそれほど大きな影響はないだろう。
  • このレンズは非常にシャープで、多くのFEの単焦点レンズを超える性能だ。小さなα7シリーズ用としては大きく重いレンズだが、多くの機能を搭載し、全体としてトップの性能を実現している。

 

FE70-200mm F4 G もとても優秀なレンズですが、FE70-200mm F2.8 GM は、それを大きく上回る非常に高性能なレンズのようですね。透過のスコアが非常に優秀なのも目を引くところです。ただ、周辺光量落ちが、このクラスのレンズとしてはかなり大きいのが気になるところです。

2017年1月27日 | コメント(2)

コメント(2)

センサーといえばソニーが強いですが、最近はレンズもそれに合わせて作っているだけあり高性能になっていますね。単焦点に勝るというのはすごいです。
最近のソニーのスコアを見ていると透過が平均的に優秀な印象があります。
レンズ設計もそれを重視しているのでしょうけれども、ナノARコーティングやT*コーティングも使ってて割と優秀なイメージがあります。

70200GMも入手が安定する頃になったら購入する予定です。
その頃にはよりAFの速いボディも出てそうでワクワクしています。
高級志向にシフトしていますが、しっかりと性能に反映されていれば、安いのばかりが揃うよりも高くても良い物の方が揃っている方が良いですね。

ソニーのGレンズは優れたズームレンズが多い印象です。SAL70400G2型をα7RM2にて使っていますが、ボケはまずまず、しかし解像度はSAL135Zにも引けをとらないくらい優れています。SAL135Zは売りに出しても良いのではないかと思うほどです。リクエストとしては、Eマウントの70400もGMで出してほしいです。そうしたらボケもきれいな最強望遠レンズになりそうです。単焦点の300mmの意義も霞むくらいのものを出してほしいですね。いやはや昨今のレンズの質の上がり方はソニーに限ったことではないですが、どこのメーカーも素晴らしいものがありますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年1月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが新技術を導入したEF70-200mm F4L IS II を開発中?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがレンジファインダースタイルのGFXを検討中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る