富士フイルムがレンジファインダースタイルのGFXを検討中

dpreview に、富士フイルムの開発陣のインタビューが掲載されています。

Interview: Fujifilm talks GFX, X100F and getting serious about video

  • (GFX 50Sのターゲットは?)ファッション、コマーシャル、風景写真家がメインターゲットだ。風景に関しては、プロカメラマンだけでなく、アマチュアもターゲットだ。
  • (それらのユーザーが希望する交換レンズは?)既に6本のレンズを発表しているが、次のレンズも検討している。いくつかの案はあるが、まだ決定はしていない。例えば、風景写真家のための広角ズームや、ことによると、200mmや250mmのようなレンズなどだ。我々は、次に開発するレンズに関して、ユーザーから更に多くのフィードバックを得たいと思っている。
  • (GFXの優先事項は?)画質が最優先だ。AF速度は、既に十分良好で不満はない。それどころか、コントラストAFの速さに驚いているユーザーもいる。しかし、このことは、GFXが像面位相差AFを採用しないことを意味するわけではない。像面位相差AFの開発にはもっと時間が必要だ。将来、もしかすると像面位相差AFを搭載するかもしれないが、一方で、我々は、既により進んだコントラストAFのアルゴリズムを開発しており、これを使えば、像面位相差AFのように画質を低下させることなはい。
  • (GFXには、Xシリーズ同様にボディ内手ブレ補正を搭載していないが?)いくつかのレンズにはレンズ内補正を搭載している。基本的にレンズのイメージサークルは 44 x 33mmのセンサーサイズに最適化されている。
  • (XFレンズにもX100シリーズと同じスペックの23mm F2のレンズが登場したが?)X100シリーズのレンズとセンサーはお互いに最適化されているが、レンズ交換式用のセンサーは全てのレンズに対応しなければならない。このためX100では、非常に良好な性能を維持したままレンズを小さくすることができる。XF23mm F2も良いレンズだが、サイズは若干大きくなっている。しかし、AFはXF23mm F2が若干速い。
  • (X100シリーズの顧客はどのような人なのか?)購入者の30%は、X100シリーズのカメラのユーザーだが、常に新しい顧客も開拓している。しばしばX100シリーズが、富士フイルムのシステムへの入り口になっている。X100のサイズ、重さ、そして画質だ。かなりの数の顧客が、X100によって写真への情熱を取り戻せたと言っている。
  • (中判カメラにもX100シリーズの利点を応用できないか?)もちろん中判でも考えられるかもしれない。市場の要望による。GFX 50Sは1つの形で、「S」はSLRスタイル(一眼レフスタイル)を意味している。もう1つの方法としては、レンジファインダースタイルのカメラがあるだろう。ことによると「R」がレンジファインダー機になるかもしれない。我々は、常に他の選択肢や可能性を考えている。もし、レンジファインダースタイルのレンズ交換式カメラが大きすぎるなら、GF670のようなレンズ固定式カメラなら、より小さくできるだろう。
  • 一眼レフスタイルのカメラは、より多くの人をターゲットにできる。プロやハイアマが一眼レフスタイルのカメラに引き付けられている。GFXを一眼レフスタイルにしたのもこれが理由だ。
  • (それでは、X-T20のターゲットは?)X-T2やX-T1のユーザーがサブカメラを欲しがっていて、彼らはX-T2画質でよりコンパクトなカメラを求めている。X-Aシリーズからのステップアップや、エントリーレベルの一眼レフからの乗り換えもあるかもしれない。
  • (タッチパネルが搭載されている機種とされていない機種があるが?)X100は光学ファインダーがあるので、タッチパネルを搭載するのは理に適わない。ジョイスティックの方が良い。X70はずっと小さいカメラなので、タッチパネルによる操作が理に適っている。X-T20はカメラを小さくしたかったので、ジョイスティックを搭載するスペースがなかった。従って、タッチパネルの有無は、それぞれの機種の事情によるもので、その機種がプロ仕様か否かではない(GFXはタッチパネルを搭載している)。
  • (X-Eシリーズはどうなっているのか?)X-Eシリーズは富士フイルムにとって重要だ。X-Eシリーズは、世界中に多くのユーザーがいる。X-Eシリーズの次の機種について常に考えているが、現時点では何も言えない。しかし、このタイプのカメラに、多くのリクエストがあることは分かっている。

 

富士フイルムから、レンジファインダースタイルの中判カメラ(GFX Rシリーズ?)が登場する可能性があるかもしれませんね。蛇腹折りたたみ式中判カメラGF670のデジタルバージョンも、実現すれば面白いカメラになりそうです。

X-Eシリーズの新型機に関しては明確な回答はありませんでしたが、前向きな回答なので、後継機に期待できそうな雰囲気ですね(X-E3の開発が再開されているという噂は、既に流れています)。

2017年1月27日 | コメント(10)

コメント(10)

Sってそういう意味だったんですね。
AF速度は動画が上がっていたので確認しましたが、速い!とは思いませんでしたが決して不満を感じるような遅さではなかったです。
動きものを機敏に追うようなカメラではないと思うので十分でしょうか。

ハッセルのX1Dみたいにスッキリしたデザインだといいなぁと。
厚みも減らして欲しいと思います。背面液晶のチルトとか要らないし。
少しでも小型軽量化を図って欲しい。今でも十分小さいとは思いますが。

往年のG690のラインの様なカメラになるのでしょうかね。>GFX50R
OVAはX-Proシリーズを大型化したようになるのでしょうか。

商品化には販売店との折衝も効いてくる気がします。
GFXやそのレンズと併せて在庫となると、高額ですから決算期は気になってくるんじゃないですか。

とは言え、これまでのフジ製中判レンジファインダーからすると、魅力的な商品になるのは間違いないでしょうね。

もし出たら固定単焦点で50万以上する感じですかね。
結構、キてますね。

口に出せるのが凄いですね…
最近経営陣のごたつきというかトップの更迭なんかもあって、
かなり実力主義の会社なんだなと感じましたがこのカメラ部門は富士フィルムのエンブレムというか、社員のプライドの様な感じですね。

もし出るならばカメラ業界全体に対するマウンティングの様に感じます。

Eに前向きなようで一安心。
Xシステムに入るならEからかな、と待ってます。

中判一眼(X)の次があるんだ(驚)
一言、言いたい!
Xシリーズが良かったので、Pro1を始め、何台かのXを購入しましたが、中判となるとおいそれと手が出ない!次々出さないで、ロングランにしてもらわないと、覚悟ができないですよ!

X-T20はスティックがあれば完璧だったような気がします。
EVF使用時に、液晶非表示状態のタッチ機能が使えればいいのですが。

GF670のデジタルが出れば即買いですけど。

GFX「R」やるんですか!

最近アメリカのフジ倉庫からGF670のデッドストック品がまとまって発見されて、B&HPhotovideoで2月発売に向けた予約注文を受け付けているという話が出てましたが、偶然見つけたものなのか、この「R」のためのニーズ調査も兼ねて、タイミング見計らった上で放出しにきたのか、何かフジの(良い)企みが始まっているような気がします。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年1月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにソニーFE70-200mm F2.8 GMのスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「PENTAX K-3 II の後継機は今年の下半期に登場する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る