富士フイルムが「XF50mmF2 R WR」を正式発表

富士フイルムが、小型軽量な中望遠単焦点レンズ「XF50mm F2 R WR」を正式に発表しました。

「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」

  • 富士フイルムは、ポートレート撮影やスナップ撮影に最適な中望遠レンズ「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」を、平成29年2月下旬より発売する。
  • ED非球面レンズ1枚を含む7群9枚のレンズ構成を採用。ED非球面レンズにより、球面収差と色収差を抑え、高い解像性能を実現し、かつ撮影距離による性能変化を抑制している。
  • 質量は僅か200gと軽量。また、小型なレンズのため、「FUJIFILM X-Pro2」の光学ファインダーを覗いた際のケラレを最小限に抑えている。
  • 金属パーツによる高級感と堅牢性を兼ね備えたスタイリッシュなデザイン。
  • インナーフォーカス方式を採用。軽量なフォーカスレンズを、静粛性と制御性に優れるステッピングモーターで駆動させるため、静かで高速なAFを実現。
  • 鏡筒の10ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 希望小売価格は62000円(税抜き)。

 

XF50mm F2は、7群9枚のレンズ構成で、ED非球面も採用しているということなので、この明るさ・焦点距離のレンズとしてはかなり贅沢な光学系ですね。光学性能には大いに期待したいところです。

なお、店頭価格は、最安値で4万8000円(税込)程度で、XF23mm F2とほとんど同じ価格のようです。

2017年1月19日 | コメント(5)

コメント(5)

フードはどうなるんですかね?
HP見ましたがどこにも載っていないです。細長なデザインで癖があるので、フードとのデザイン的な相性を確認してみたいです。

フードの画像はデジカメWatchに出ていますね。
デザインは可も不可も無く、実用性重視と言った感じです。

買います! 気になる人 さんの仰る通り、フードのデザインが気になりますね。できれば他のF2シリーズとフィルター径を統一して欲しかったです。

最短39cm! けっこういけますね

フードは大きいですね。取り付けると2倍くらいの大きさ。もう少し小型の別売品もあればいいのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2017年1月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「X100F」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンのフルサイズミラーレスカメラは6D Mark IIベースになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る