ニコンD7300はD500と同じ20MPセンサーを採用?

Nikon Rumors に、ニコンD7300のスペックに関する噂が掲載されています。

First set of rumored Nikon D7300 camera specifications

  • 以下は、ニコンの一眼レフカメラD7300の最初の噂されているスペックだ。

    - 20MPセンサー(D500と同じセンサー)
    - 4K動画
    - 51点AF
    - (追記)スナップブリッジ

    まだ、正確な発表日は分からない。

 

ニコンの次の一眼レフは、D760(?)かD820(?)などのフルサイズ機かと思っていましたが、D7300が登場する可能性があるようですね。

この噂が事実だとすると、D7300は、D7200の24MPから20MPに画素数が減ることになります。同じシリーズのカメラの後継機では、α7Sのような派生機を除けば、センサーが低画素化されるのは珍しいことですね。

2017年2月28日 | コメント(66)

コメント(66)

D500センサーはAPS-Cの中でもトップクラスに優秀なものですから高感度では向上と言えますね。
画素数は2000万あれば十分です。
高画素化アピール時代の中でNikonさんいい選択だと思います。

D500は現状使っていて、その前はd7200でした。
500のセンサーを使うということは、単なる廉価版にならないといいのですが。。。
ただ、500のセンサーは最近の入門機に積まれているセンサーに比べてアドバンテージがあるでしょう。イメージ処理で高感度ノイズを消してるわけではないので。。。その辺ってわかってもらえるんでしょうか。。。200コマまでというのはともかく、1秒あたりの連射伸ばせますかね。。。いずれにしろニコンとユーザーの利益なる機体であって欲しい。

D7200のセンサーもかなり優秀なセンサーでした。あれを引き継いで500との差別化をするというのもよかった気が。。。500 の廉価版なら、7200が値崩れすれば、逆に7200の価値も出てくる気が。。。

方向性が見えてきましたね。
(喜ばしいことです。)

わざわざ、24MP→20MPと低画素化するということは、画像1枚あたりの情報量を減らして、連写性能を上げるということです。

少なくとも(同条件で)連写枚数は増えます。

当然それだけでは発売する意味は無いので、連写速度も上げてくるでしょう。

最低でも7/s(14bit RAW)〜8/s(12bit RAW)は期待できます。

ひょっとすると、9/sや10/s(x1.3クロップ限定)も視界に入るか?

D500に手が届かない人間には嬉しい機種になるかも知れません。

そういえばD7200のセンサーも相当優秀なものでしたね。
そう考えると廉価版D500。。。になりますね。。。
設計流用してセンサー流用するなら価格はできるだけ低くシてほしいですね。

ペンタKPが24Mで結構高感度も頑張ってたので、同じ路線かと思ってましたが、事実ならある意味英断かも。

まさに、APS-Cの高感度番長機にするつもりなのでしょうか?
実用でISO200万なんてなったらヤバイです。

まあ、D3400、D5600と来てD7300ですから、DXは順当ですね。ということはFXとミラーレスのラインの見直しになるのでしょうか?

2000万画素だとなやみますね。D7200を使っていますが、画質面はまったく問題なくD500よりも低感度は良いと言われています。
センサーはそのままで、薄型グリップ、バリアングルのD7300まちだったので、質感はD7000シリーズでセンサーはD500だったら、泣けます。
なにはともあれ、新しいカメラに合わせてDXフォーマットも忘れずにレンズを更新してもらいですね。

ん~、なんかDXの住み分けとして微妙な気が・・・7300には現状以上の画素アップとボディの薄型化を希望してただけに。
現在の2416万同等か更に画素数アップさせて、それぞれの特徴を際立たせて存在感を持たせてくれたほうがありがたい気がするんですけどね。
DXでレンズ共有の2台体制を考えてたもんで・・・7300がそうなったら7200を買うかも。

画素数を減らすということがあるですかね。7000クラスは、メーカーにとってもメインの機種だと思うので何かしらのびっくり箱でもないと営業サイドが、いい顔しないでしょうね。
まあ、初めての噂なのでこのクラスの機種が出てくるということでいいかな。

D5のDX版がD500だとしてD7200後継機はD8000にしてD8xx系のDX版としたほうが棲み分けが明確でいいように思うのですが、もしくはD750のDX版として2400〜3000万画素でD7300としたほうがいいのではと思ってしまいます。
何はともあれニコンがこれからどのように展開していくのか迷走のないよう願いたいですね。

ご存知の方も多いと思いますが、D7200の24MPのCMOSセンサーは東芝のイメージセンサー事業(大分工場)がソニーに譲渡される前に生産した最後の仇花(有終の美)と言うべき優れたセンサーだと言われています。なので、それと同じ物は今となってはニコンは調達不能なのだと思います。D7200はフジユーザーの私でも財布に余裕があればボデイのみ購入しておきたい逸品です。D7300が、それを越えるのは至難の業かもしれないですね。

D500の廉価版として、ペンタプリズムをペンタミラーに、シャッター精度とシンクロ速度、連写枚数とバッファをグレードダウンし、ボディを簡素化。

使用感は劣るけど「写りはD500」に近いということでしょうが、少なくともD7200よりも価格を大幅に下げないと微妙な立ち位置になるような気がします。

D500はDXのハイエンド(全ラインアップの中でのミドルレンジ)であるとして、5000系はミラーレスで小型化が望ましいように思いますし、そうなるとペンタミラーの7000系はラインアップに不要な気もします。

画素数を現状維持したままExpeed5への更新&D500やD5で採用されたAF自動微調整機能&SnapBridgeによるスマホとの連携で問題ないと思えるのに、なぜ画素数を2000万画素に減らすのでしょうか。Expeed5と2400万画素のCMOSセンサーとの相性が悪いのでしょうか。気になります。

確かにD500のセンサーは優秀かと思いますが、DxOMarkではD7200の24MPセンサーのスコアのほうが上ですので少々意外なうわさですね。もちろん、D7200を使っていてもっと高感度のノイズが少なければ…と思うことは多々ありますが、全体的なバランスを見ても十分なレベルだと感じています。ただ、これまで発売されたD3400やD5600がEXPEED5を搭載していなかったことから考えても、新型センサーでなければ処理エンジンに対応できないという事情があるのかもしれません。ハード面は素晴らしいのにもかかわらず、ソフト面に何かしらの限界があるのでは?と深読みしてしまいます。DLの件といい、最近のニコンは何かしらの問題を抱えた機種が多いので今度こそは致命的な問題のない機種が出てくれることを望みます。

ペンタがKPで凄い高感度性能を出して来たので、ニコンにも頑張ってほしいです。
4K動画と液晶モニタの使い勝手も気になります。

量産効果でコスト削減ということもあるのかもしれません。
ニコンは結構やってる手段ですね。

D3とD700、D4とDf、D四桁ではほかにもありますね。

D500とD7300がD300とD90の様な関係になるなら、それはそれでありと思います。
ボディ性能が少し劣る代わりに世代の新しい機能がついてる可能性もありますね。
D90の時は動画機能でしたので、D7300ではSnapBridgeでしょうか。

このクラスのキットレンズは「望遠域は高倍率でカバー」
というのが慣例となってますが、個人的にはAF-P70-300mmを絡めた
ダブルズームキットがあると良い選択肢になりそうとも思います。

D7200の後継機じゃなくてD500の廉価版として型番も空いてるD400を使った方が
分かりやすいし、印象も良いと思うんですけどねえ。
ニコンは一度モデル名を見直した方が良いと思います。
特にビギナー層は訳が分からないんじゃないでしょうか?

APS-Cフォーマットで2000万画素となると、フルサイズにおける4500万画素にあたり、D810の密度を上回っている状態になります。
APS-C2400万画素であれば、フルサイズ5600万画素。キヤノン5DS(5DSR)さえも上回ります。
果たしてレンズの解像度はついていけるのでしょうか?
この情報が当たりだとしたら、2000万画素を落とし所に、解像度や高感度といった画質と、連写・バッファ増加の調整をしてくるのかもしれませんね。

>これまで発売されたD3400やD5600がEXPEED5を搭載していなか
>ったことから考えても、新型センサーでなければ処理エンジンに対応
>できないという事情があるのかもしれません。

これが本当なら、EXPEED5が新型センサーのインターフェースに特化した設計しかしていないということで、製品バリエーションを狭めてしまうという意味で自殺行為に他ならないと思います。また、撮像センサーとEXPEED5のインターフェースが異なった場合にインターフェース変換ロジックを何らかの形で実装してでも実現できない場合は、設計面でのシステム志向に欠けてると言わざるを得ないです。

いまのニコンの体力を思うと、なぜわざわざ2000万画素の置き換えを?センサの調達は工場がなくなったわけでもなく、日本国内なら長期安定の契約をしているのが普通では、と思います。
インドネシアでの認証登録は1機種のところD810,D750,D600などの後継、はては真のD700後継に加えてD7200後継とは・・・どれが当たりなのでしょうね。

D7200の2400万画素センサーはDxOMarkのスコア等でD500の2000万画素を上回る結果も出していただけにこの噂は少々意外です。やはりこういう所でセンサーを自社調達できない弱みが出てきてしまいますね。

このクラスを購入するユーザーに対して一番アピールできるのは画素数ではないでしょうか。
画素数がD7200よりも少ないけど上位機と同じセンサーの新型機だから値段は高いです。
というのは受け入れられにくいのではないかと思いますね。

APS-Cで24MPになるまで画素数競争を起こしてきたことで自分の首を絞める結果になりそうですね。

D500という贅沢な選択肢がある以上、D7300はむしろ3000万画素を目指して差別化すべきです。あとファインダー撮影時の顔認識AFと可動式タッチパネルがあると子供撮りで助かります。
コストダウンでマグボディやプリズム廃止みたいなことは止めてほしいですね。ハイアマ機としての正統進化を望みます。

D500の真骨頂は連写や高速AFだけではないです。お使いの方はわかると思いますが、低照度域、夜景や夕暮時に圧倒的なヌケの良さ、絵の厚みがあります。プリントしないとその良さはわかりにくいのです。しかも最低でもA3+で伸ばすとびっくりです。D750,D7200と比較してもその絵作りの良さはじゅうぶんわかると思います。PCモニターでしか判断していなければわからないかもしれません。

D7200の後継機に、D500と同じセンサーを載せてくるのは、センサーコストを下げる意味はあるんでしょうが、製品ラインナップとしては、問題がある気がします。
D7000シリーズは、D500が出る迄はDXのフラッグシップをになってたので、D500の廉価版とするのは、コンセプト的に合わないと思います。
D500の廉価版とするなら、新シリーズ名にして欲しいです。が、今のNIKONにこれ以上ラインナップを増やす余裕はないでしょうね。
D7200後継機は、D800シリーズのDX版の方がいいと思います。が、更なる高画素化も難しく、改良点も難しいところですね。

画素数云々を仰る方が多いように感じますが、果たしてそれほど重要な要素でしょうかね。
例えばカメラでなくPCを買う場合、プロセッサがインテルだのATOMだの、クロック数がどうだの言う人はそんなにいますかね? マニアは別として、結局ワードエクセルが使えるかとか、見た目の格好良さとか軽さとか、そっちの方が余程重要視される気がします。
D7300にしても、たとえ画素数が低くなっても、連写性能の向上や高感度での描写能力をアピールしさえすれば、D7000台の購入を検討している層に対しては十分な訴求力がある気がします。

DXの画素数は増やしてほしい。

36MPのFXのサブとして24MPのDXを使っています。
FXよりピクセルピッチの小さいDXを使って、同じ望遠レンズでもより遠くを拡大したいときに使います。

画角がFX換算で云々というのではなく、画像を拡大したときにどこまで拡大できるかという話です。
例えば同じ400mmのレンズを使ってD800とD3200で月を撮影すると、D3200のほうがピクセルピッチが小さい分、より大きく拡大でき、クレーターをより多く写すことができます。

DXを専らそうした用途に使っているので、個人的には画素数減少は残念です。D7200を確保しておこうかな。

同一パーツを使って、コストを下げる事は、工業製品ではよくありますが、D500のセンサーを使うメリットはなんでしょうか?
商品ラインナップを考えても、なんか違う様な気がします。
他社の20MPセンサーじゃないのでしょうか?

突然の情報にびっくりですが、もしかしたら、これはD760(仮)の登場への布石なのでしょうか。

現行のD7200は、D750のAPS-c版といえるほど、非常に似た性格、方向性をしていますので、そのままD750の後継機が出てくるような気もします。

ただ、20MPとのことで、以前にチラッと出たD760の情報では24MPで、そう考えるとD500の廉価版といえないこともないですね。

個人的には、D7000系はD750やD600系といった、廉価版フルサイズのAPS-C版という立ち位置のほうがいいと思いますが…。

APS-Cの2400万画素超を自然に解像させるには、高性能レンズが必要となり、総合的に必ずしも得策でないという判断でしょうか。
ソフトでシャープネス処理して無理やり解像させた絵は、妙に表現が硬くて、感じ悪い傾向があります。
画素数抑えて、並レンズでも自然な解像感を得るのも悪くない。

24MP+EXPEED5ではD500に肉薄する画質が得られないのではないでしょうか
Hi5(ISO160万)とかは実現できないんだと思います

D7300の仕様を考えると難しいですね
後発だから何かしらD500を超える性能は搭載しないといけませんし
AFもD7200よりは性能UPしD500に肉薄するようなものにしないといけません
ただD500を総合的に超えてはならないという(笑)

D7200,D500共に使用していますが、解像度に関しては、D7200のほうがいいですね~。あと撮影枚数も(汗)・・・。
高性能レンズでじっくり撮ると、実にいい絵を出してくれます。

D7300になっても、是非とも画素は落としてほしくはないのですが・・・。

APS-Cのなかでも明快な棲み分けができるほうが、複数台使うユーザーは楽しいのです。。。

aps-cのサイズでは20MPがベストバランスな気がします
画素数を落としてでも連射性能や高感度性能を上げ、実用域での使いやすさを追求するのは質実剛健のニコンらしいと思いました
他メーカーとのマーケティング的な競争から距離を置き、真面目なカメラ作りを続けることがニコンが今1番求められてることなのでは

画素数減少でセンサーコストのダウン(?)の様な意見が大半ですが意味がわかりません。
現状D500のみに搭載されているセンサー故にコストは上がるのでは?
噂が本当ならば同センサーを7000系にも採用して数による調達コストの引き下げという意味はあるかもしれませんね。
元来D100/D70、D200/D80、D300/D90という関連性がありましたから、D500の登場によってD500/D7x00というラインナップに立ち返る?のかなぁ?

D500の存在を抜きに考えてみれば、多画素の5000系と高感度の7000系ということなるので、ハイアマよりちょっと下のファミリー向けも視野に入れてるのでは?

D500をメインで使っているのですが、軽快なサブを持つのも悪くないと思いD5500,D5600を見ましたがファインダー倍率が低いので7300を待っていました。
待っていましたが、500とおなじセンサー、もしかして連射改善だとするとD500と
並列で使うのは変ではないですが迷ってしまいます。評価の高い7200を買っておこうかしらん。

20Mですか~
RGVΓさんが仰ってたようにD7200は結構玄人好み?の名機だと思ってます。
連写速度云々やバッファー云々言われましたが、素直に写真を撮る!には良い機材でした。そこそこ暗くても良く写るし。
最近D4以外、FXにあまり魅力感じず(レンズに金掛かりすぎます)にDXの良さを再認識してました。D700、D600、D800、D750...すべて売却して現在、D7100とD7200、あと他メーカーのコンパクトを使用。
D7300がどのような機種になるのか?まだまだこのクラスを諦めていないニコンに賛辞を贈りたい。
そういえば、過去に「デジタルになって、レンズの性能、解像云々になった時、一番Fマウントに最適なのがDXサイズ」と言ってた意味、分かる気がました。。。

D7200の後継とするならガッカリだと思うのですが、そもそもニコンの体力から考えても機種が多すぎではないでしょうか?ミラーレス参入の噂もありますから、無理して後継出さずラインナップの整理が必要な気がします。

肩液晶の脱簡素化とクロップ時のマスキングを希望します。画素数はDXとして適正と思います。

DXフォーマットの中級機で153点AFが採用されないのは残念です。
ただ24MP→20MPになったと言うことはD810の後継機(42MP仕様?)開発の準備段階なのかもしれません。

バッテリーグリップ装着時7、8コマ程度の連写機廉価版が有っても良いと思います。バッファメモリもAFポイントも低価格路線ならやむを得ないかもしれません。高画素機は低振動なミラーレスで出してくれれば問題ありません。

D7200のマイナーチェンジなのか?かなり完成度の高いD500とD7200にその片翼を落す必要を感じません。どんどん新しい機種を出すことで付加価値を高める商売方法が日本の物づくりを追いつめてきたのではないかな。ちょっとだけの変化なら現行のままがいい。D200からD300、さらにD500と大きく性能を変化させたモデルチェンジをユーザーは望んでいるのではないでしょうか。それでは商売にならないのかなあ・・・
 D7300がそれほど大きく性能を上げるならD500の驚異になるんじゃなかとも思います。ラインナップを増やす必要があるのかなあ??

D7200のセンサーは傑作で特に低感度での性能は
高感度に全振りしたD500を圧倒していてDxOmarkでも
大差でD7200が上になっています。
D500のセンサーのチューニング直して低感度に対応
できるなら良いと思いますが、単に持ってくるだけなら
今でもD7200の方が動体連射でなければいいかも、と
言われているのに単なる安いD500に成り下がりますね。
メーカーの体力がないためのコストダウン一択とも
とれますが…。同情的に考えるとソニーに吸収された
旧東芝センサーの供給の問題かもしれませんが…。

機種多すぎという意見もあるようですが、効率的な開発体制の再構築(ソフトウェア資産・ハードウェア資産・ファームウェア資産の有効活用も含む)、市場動向に合わせた製品サイクルの見直し、機種グレードの違いによる住み分け、どんな人にどういうジャンルの製品を売っていくのかも大事な要素かと思います。

一方、撮像素子や映像エンジンが同じなのにわずかな機能追加した新製品を出すぐらいなら、ファームアップして機能向上して製品寿命の延命を図ればいいと思います。

再登失礼します。
aps-cのサイズでは(DXには)20MPがベストバランスとか、十分とかいうご意見もちらほら見られますが、正直意味がわからない。パソコンの処理能力問題などは別として、画素数の多さは明らかな優位性だと思うのですが。(D500とD5300使ってますが20と24ではやはり違いを感じます。)
低画素でもありがたいと思う状況を再考しましたが連射性能や高感度性能アップのためだけなら、D500との関係で説得力も面白味もない、ただの廉価版D500ではD500ユーザーに全然響かないでしょう。(それって食い合うし、価格差だけじゃ狙い所が狭すぎる)
ただ連射性能はさほど上がらずとも低感度域から高感度域までダイナミックレンジが驚異的にアップ、とか言うのであれば写真機としての説得力は有るかもしれませんね。
「チャンスに強いD500と画作りが深いD7300」とかなら欲しいかな。

気になるのはホールド感。D7100→D7200のとき見送られた薄型化、今回こそしてくれるかな? 剛性&ドッシリはD500に任せて、機動力を重視する方向できてくれたら嬉しいです。

D7200を普通に使い、D810と比較して、これなら使用目的(一定の画質確保)を果たせると悦に入っていましたが、不満は連写連続性能が全く不満、高感度は一定の我慢で、D810のサブとしては納得のカメラでした。
D500発売に合わせて2台とも750と500に入れ替えました(810の画質は別マウントへ)が、7200の画質は良かったです。

そのままのセンサーで連写を8f/s、エンドレス位にブラッシュアップしてくれたら、ミラーショックの大きい500を手放しても良いかと思います。
それくらい7200は良かったと。

爺ショックさん
ダイナミックレンジD500に比べて劇的に改善してD7200を
一蹴、と言うものでしたらむしろ歓迎なんですが、今出て
いる製品のセンサーそのままですとむしろダイナミックレンジ
驚異的にダウンになるんですよね…。チューニングでなんとか
なるものなのでしょうか…。

>ダイナミックレンジD500に比べて劇的に改善してD7200を
>一蹴、と言うものでしたらむしろ歓迎なんですが、今出て
>いる製品のセンサーそのままですとむしろダイナミックレンジ
>驚異的にダウンになるんですよね…。チューニングでなんとか
>なるものなのでしょうか…。

センサーに供給するアナログ用電源をデジタル用と分割して供給できるだけでなく、アナログ用電源の供給電圧を上げてダイナミックレンジを拡大できる設計になってれば可能かと思います。

D7200まではD500の噂すらなかった状況で、DXのフラッグシップ機の役割も担っていました。D500が出たことで、D7300は、もう少しゆるい(?)モデルになっても良いかと思います。

2400万画素が2000万画素になったことは、別に自分の購入意欲の減退にはなりません。D7200同様ボディデザインが据え置きだったら、ガッカリですが。

D7300がグリップしやすく薄型になるのなら、
APS-Cは久々にニコンに戻ろうかと思います。
期待しています。

D500と同じセンサー使用とは自分的には期待値大です。
D500と差別化を図るためこれまでのD7000系よりも軽量化してくれたら更に嬉しいですね。妄想が拡がりますが、D7000系はD80から連なる系列ととらえていましたが、気が付いたら100g以上重くなっていますので、小型バッテリー使用で視野率100%でD5000系並みは無理でも500g代前半位のカメラができたら、絶体買ってしまいます。

ちょっと残念な情報です。
D7200の正常進化でよかったのに。D500とD7200は両方持ってますが、出てくる絵はD7200の方が解像感に優れセンサー性能はD7200の24MPがDXの最適解かと思ってます。
D500購入後にD7100がくたびれてきたのでD7200に買い替えて、D500、D750と併用していますが使い勝手のよさと機能のバランスのよさでD7200がメイン機です。
次のD7300が本当に20MPになるなら、もう一台D7200新品を予備に購入してしまいそうです。

そもそも7200って発売からまだ2年程度しか経ってないんですよね。まだ新型は必要ないと思います。せっかくいい機種でD500との住み分けも出来てるからまだまだ売れるだろうにもったいない。サイクルが早すぎます。たくさん使ってもらって壊れて、2台目を買ってもらうくらいの息長く売っても良い機種だと思います。7300なんか作らないで、D600シリーズでエントリーフルサイズを頑張って欲しい。ニコンはとにかくエントリー機が弱すぎますし、フルサイズ入門機ではキャノンに大きくリードされているわけではないと思うので。

AF-Pレンズの登場は動画強化の方向性を目指していたはずなので、画素を落として動画を強化したモデルになるのは必然かと思います。最近私の周りでも静止画より動画撮影される方が多くなっていますので新型DXカメラはそう言う味付けを期待したい。
スナップブリッジで動画が簡単アップできれば利用者も増えると思いますので軽快に動作してくれればいいなと。

ニコンの7000シリーズはほぼ2年周期で更新されているし、価格低下の引き上げと5000シリーズのようにSnapbridge対応のようにマイナーバージョンアップが必要かもしれませんね。
D500のセンサーの使い回しの情報は、にわかに信じ難いですね。APS-Cサイズは2400万画素が標準だと思います。CANONの中級機は全て2400万画素ですから、ユーザーへの訴求効果を考えると画素数を落とすのは、得策ではないと思います。

リトルD500として、ユーザーの手に届き易い製品として何らかの訴求ポイントがあれば、別ですが。。。

新製品を出すタイミングを図っていると思いますが、いろいろな賞を獲得し、製品に箔を付けるためには年度またぎのタイミングで発表するのは難しいと思いますね。

ともかく7月の100周年のイベントに期待したいですね。

映像エンジンも
CMOSセンサーも
AFセンサーも
連写性能も現状維持ならば、新製品を出さずにファームアップによる機能追加で製品寿命の延命を行えばよいと思います。

画素数の減少(24M→20M)が本当なら、D500とD7300の棲み分けがなくなる分、両方買おうかという人も減るし、さらに連写性能が秒7コマ超えがなければ他社の同クラスに流れてもおかしくないでしょう。

高感度に強い機種にするのですかね〜
ソニーのα7Sの様な立ち位置で・・・
噂であって欲しいですね D7300は、高画素に振って欲しいですねー

1)東芝製24MPの在庫が残りわずか。
2)東芝のイメージセンサー部門はSONYに吸収されたため、同じ物の追加発注は不可能。
3)新型機を出さざるを得ない。
4)東芝製24MPからSONY製24MPへの載せ換えだと「なに改悪してんだよ」という批判が目に浮かぶ。
5)やむを得ず、SONY製20MPを採用することに。

という流れだと、想像。

D7300にD500のセンサーを使うとすれば4K動画じゃないんですかねぇ。
現行のニコンの24MP機の動画はフルHD止まりだし、ソニーのα6300や6500のセンサーを売ってもらってイチから作るのではなく、ありもののD500のセンサーと映像エンジンとソフトウェアを流用する方がいろいろな意味でリスクが少ないのかも。
実際に4K動画を使うかどうかはともかく(笑)、D7000シリーズって結構いいお値段ですし、D5やD500のフラッグシップクラスの4K動画を下のクラスに持ってきて、なおかつD5000シリーズとも差別化できる。今年や来年発売するのでしたら4K動画が売りになりますしね。

高感度強化のアプローチは良いですね。
ただ、D500より価格面でメリットが無いと、
D500か、噂の新ミラーレスに流れそう。

まだ噂の第一報でしかも最小限の情報ですから、あまりそれで深読みするつもりはないですが…。

EXPEED 5 って仮に心臓部が 4 と同程度のコストだったとしても高性能故にその周辺、I/O まわり等結構いろいろコスト掛かりそうなイメージはありますね。 ただ、さすがに D7000 系の次のフルモデルチェンジには載せてくるような気がします (ただし D7300 がそうとは限らない)。 それに加え、D750 が登場した 「ころの」 イメージで D7300 の姿を予想すると

薄型ボディ+チルト液晶
24 MP センサー
EXPEED 5 (4K 動画)
フル画素 8 fps
51点 AF (F8 対応点やクロス増加) + D5 仕様 AF 制御
少なくとも1つの UHS-II SD スロット
SnapBridge

あたりが順当 「だった」 と思いますが、直近の状況変化を加味したのが今回の噂なのかもしれませんね。

鳥屋ですが、7200は画素数が多くトリミングに耐えるのが魅力です(画質も気に入っています)。加えて、飛びものを撮るのでなければ、連写スピードも7200級で十分です。連写スピードが速く、シャッターの回数が増えると、撮れ過ぎちゃって整理や消去に時間がかかってしょうがない。だから、7300の画素数落とすという噂は、かなりがっかりです。価格以外の理由で、500ではなく7200を選んでいるユーザーがいることを知ってほしいですね。

24MP→20MPでも連写が8コマ/秒だったら欲しいです。
昆虫写真が専門ですが、最近はオリやパナのミラーレス機に乗り換えている方が多いです。
10コマ/秒でもミラーショックが大きいD500は鮮明で繊細な描写が求められる昆虫写真に向きませんでした・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年2月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスが新型Batisのティーザー広告を公開」です。

次のブログ記事は「シグマ14mm F1.8 DG HSM Artの実写サンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る