キヤノンEOS 77Dの新しい画像

軒下デジカメ情報局に、キヤノンEOS 77Dの新しい画像が多数掲載されています。

キヤノンの「EOS 77D」のスペック【画像追加】

eos77d_002.jpg

eos77d_003.jpg

eos77d_004.jpg

eos77d_007.jpg

eos77d_005.jpg

eos77d_006.jpg

※画像は軒下デジカメ情報局さんから提供していただいたもので、一部元記事と異なっています。

 

EOS 77D(国内での名称は不明)の外観は、EOS 8000Dとよく似ていますが、上部の液晶の形状が変わっていてグリップ部分が深くなっているように見えます。また、背面に2つ新しいボタンが追加されているようですね。

液晶の表示から、シャッターの最高速は1/4000秒なので、77Dが8000Dと同クラス(80Dよりも下位)の機種なのは間違いなさそうです。

2017年2月11日 | コメント(19)

コメント(19)

パッと見、80Dにそっくりですね。

8000Dがベースのようですね。

背面は8000Dと変わりませんね。ボタンは増えてるけど。上部右側は8000Dとも80Dとも違うような。

AFスタートボタンが付いていて8000Dよりいいかも...

8000D後継器のようですね。
X9iと同時発表かな。

あれれ、AFボタンついてますね。ミラーレスに突き上げられてきたからか、エントリー機も底上げしてなかなか良さげな感じですね。ペンタミラーとかバッテリーとかに差違があるとは言え、だんだん80Dの機能的な優位性が無くなってきました。80D使いとしては微妙な気分。もっとも70D使ってて8000D出てきた時の衝撃よりはマシですが(笑)。むしろヒエラルキー維持のためには7DIIのセンサー更新が必要でしょうか。

ファインダー等々上位機とは差別化してくるとは思いますがキヤノンはAPS-CのラインナップがEOS Mも含めてかなり渋滞していますね。
ただエントリー層からしたら充実していて囲い込むには隙がなく販売員さんも勧めやすくなっているのは流石キヤノンといった感じがします。
詳細なスペック次第ではここで十分満足できる人も多そうで、きんたんさんの仰るように7DⅡの更新が必要に思えてきますね。

裏面のこのタイプの電子ダイヤルは厚みが無いので操作性が悪いですが、そこ以外は80Dと同程度の操作性の良い機種になりそうですね

背面AFボタン付きましたね!
もはや上級Kissではなくて廉価2桁D。
ますますいい感じになってきたんじゃないでしょうか。
このまま順番に底上げして行ってほしいですね。
願わくばX7後継機に19点AFを、7D3にAllF8対応AFを…

これでISO1/3段切り替えが可能であれば欲しいです。

スペックがキヤノンらしからぬ奮発っぷりですね。

稼ぎ頭のエントリー機層のラインナップにある程度上位機に並ぶ性能を奢って
近年の販売数減少に対してのテコ入れを行い、
これまで通り他社に流されない独自のペースでモデルチェンジをする。
細かいラインナップで次のモデルチェンジにはステップアップを促す。
といった狙いでしょうか。

(仮称)8100Dと言った所でしょうか。
これでお値段が8000Dと同等だったら美味しい一台ですね。

見た感じボディはスリムになりグリップが深くなった感じですね。
相変わらず上面液晶にAFとドライブの情報が載らないのは不満です。そこが上位機種との差別化なんでしょうか?

日本でも77Dの名称で販売してほしいと思いますが、私も8100Dのような気がします。
このカメラは売れそうですね。

wifiボタンが付いてますね。
今までwifi接続の手順が煩わしかったので歓迎です。

80-3で77Dとは機能に大差はないのでしょうか?
バッテリー
ファインダー
シャッター
電子水準器
ISO1/3段
このあたりが大きな差になりそうですね。

・たぶんペンタミラー方式
・たぶんスクリーン固定式
・上面液晶の表示内容が限られている (測光モードなんかは表示しない)
・モードダイヤルに絵文字がたくさん

...といった辺りで上位機との差をつけた感じでしょうか。人気出そうな気がします。

職場で記録用に8000Dが導入され使っています。
あの電源スイッチ、急いでるとき油断するとONを通り越して動画モードまで入ってしまうので、動画との切り替えは分離してほしかったです。

細かいところですが、メインダイヤルSCNとMの間にクリエイティブフィルターモード追加(8000D無し、80D有り)されてますね。
差別化どこでするんだろう。測距点45点化、DPCMOSAFの噂もあるし、SA-11さん、ほのさんの仰る点以外は80Dと差がなさそう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年2月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE70-200mm F2.8 GM OSSは全域で高解像力でボケも美しいレンズ」です。

次のブログ記事は「CP+でオリンパスとパナソニックが新レンズのプロトタイプを展示?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る