ソニーFE100mm F2.8 STF GM OSSのサンプル画像が多数掲載

ePHOTOzine に、ソニーの新しいSTFレンズ「FE100mm F2.8 STF GM OSS」の23点のサンプル画像が掲載されています。

Sony FE 100mm f/2.8 STF GM OSS Lens Sample Photos

  • ソニーFE100mm F2.8 STF GM OSSの原寸大のサンプル画像を掲載した。これらの画像はソニーα7R II で撮影したものだ。

 

FE100mm F2.8 STFは、前ボケも後ボケも大変に滑らかで、さすがに見事なボケ味ですね。また、玉ボケが周辺部まで円形を保っていて、口径食がほとんど見られないのも素晴らしいです。発色もとても綺麗ですね。

sony_100stf_sample001.jpg

2017年2月16日 | コメント(17)

コメント(17)

STFは反則級の技を使っているので究極的な理想のボケを描写するのは当たり前ですが、これがついにAFで使えるというのが素晴らしいですね。
このレンズで女性ポートレートを撮ったりしたら正に理想の思い描いた描写が得られそうで楽しみです。

ボケはもちろんのこと管理人さんが仰る通り色乗りや解像感も良く惚れ惚れしますね
動画で見るにAFも高速のようですし、加えて画角が100mmになって使いやすさも格段に上がっていそうです
かなり人気が出そうなので、あとは供給が滞らないようにしてほしいです

たしかにボケはきれいですが、3枚目5枚目を見ると100mmにしてはディストーションが少し大きい気も・・・。

EマウントのSTFレンズは、SONYの方に期待して下さいと言われてから、ずーと楽しみに待ってました。
ソニストで早速予約しましたが、手に届くのはいつ頃かな?
桜の花が散る前に欲しいけど・・・無理かな
富士山を背景にした、ひまわり畑は撮りたいな
誕生日やクリスマス等の夜間点光源入り人物撮影も、イイ写真が撮れそうでワクワクします。

玉ボケが隅までホントに綺麗ですね。
100mmなので使いやすいでしょうし、AFでバシバシ撮れるので、最強のポートレートレンズになりそうですね。

135mm STFを売ってこちらを買うか、検討中です。

SONYはちょくちょく良いレンズを出しますね〜
Eマウントフルサイズ機への移行は広角ズームまで様子見でしたが、これを期に決めてしまいそうです

満を持しての登場なので期待されているとは思いますが、サンプルを見る限りボケに色付きも少ないですし、非常に滑らかで口径食にもこだわった本家らしいSTFレンズですね。開放での遠景の写りも素直で、周辺まで問題なく解像しているようです。
像面位相差AFにも対応していて手ぶれ補正まで付いているので、それらの理由でAマウントのSTFを躊躇していた人でもこれは買うのではないでしょうか。結構売れそうですね。
ソニーストアで予約開始すぐに予約したので届くのが楽しみです。

コンパクトレンズを待ち続ける身ですが、この描写なら多少大きくても買います。

全体的に室内での撮影が多くISOが高めですが
それでも素晴らしい。これぞSTFですね。
後半の階段の手すりとシャンデリアの7枚は三脚固定でなく手持ちのようですが
F22ではシャッタースピード1/10秒で切ってますね。
5軸手振れ補正も優秀なようです。

たしかに、「さすが」のレベルです。
独自のレンズにAFと手振れ補正まで加え、
Eマウントで出してくれるとは見事。
もしかしたら、ミラーレンズも‥‥?

糸巻き収差が結構ありそうですね。
目的がボケなので仕方ないのかもしれませんが、
値段の割に…、と考えてしまいますね。
デジタル補正入れたら玉ボケが歪んだりしないと良いのですが。

買いです。

心配なのは、供給不足だけです。
Eマウントユーザーで本当に良かった。

開放が見たかった...F5.6ばかりなんですよねぇ。

元記事のサンプルはT値がF値として記載されているようなので、F5.6が開放だと思われます。

>>管理人様
あ!成程了解ですありがとございます!

>JYさん
いえいえ、どういたしまして

解像ならこちらですが、完璧さでは135STFでしょうか
収差は補正出来ると考えて置いておくとして、口径食は気になります
どちらも素晴らしいレンズなのは確かですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年2月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック12-60mm F2.8-4 OISは高い解像力と魅力的なボケを両立したレンズ」です。

次のブログ記事は「パナソニックGH5のサンプル画像が比較ツールに登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る