ライカSummaron-M 28mm F5.6のサンプル画像が多数掲載

dpreview に、1950年台に販売されていたズマロンの復刻版であるライカSummaron-M 28mm F5.6 のサンプル画像が掲載されています。

Re-make/Re-model: Leica Summaron 28mm F5.6 Samples

  • ライカの新しいSummaron 28mm F5.6は、信じられないほどスリムなパンケーキレンズで、オリジナルのレンズは1950年台に販売され、最近、Mマウントで再発売された。このことは、2017年で道理に適っているのだろうか? サンプルギャラリーをチェックして欲しい。数日後に、ここで、撮影のレポートも掲載する。

leica_28mm_sample_001.jpg

 

ライカの新しいSummaronは、周辺光量落ちが強烈で、最新のレンズにもかかわらず、オールドレンズの雰囲気を存分に味わえるレンズですね。このレンズは50年台のレンズ設計を踏襲しているようですが、意外にシャープで発色も綺麗という印象です。

2017年3月24日 | コメント(5)

コメント(5)

これとフィルムシミューレションできるカメラ組み合わせれば、レンズ設計の狙い通りにレトロな絵が撮れそうです。

現代レンズのシャープさと、オールドレンズの発色と柔らく広がるフレアを併せ持つレンズですね。とても味のあるレンズだけど、ただ単に現在に復活させただけでなく現代風にアレンジされていてとても面白いコンセプトですね。私はこういうレンズ好き。

これが一桁万円だったら、喜んで買うのだけど(苦笑)

ライカだけは時間の流れが他と違うようでマイペースでニッチなものをつくっていけるというのが羨ましいです。無理でしょうけどもキャノンニコンにも対応してくれたらいいな。

昔の良い設計のレンズを、今の硝材とカッティングとコーティングを使って作れば良い味のあるものが出来るという好例ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年3月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックとソニーの次の新製品発表は4月23日?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark II の発表は第2四半期~第3四半期でNABでは登場しない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る