オリンパスE-M1 Mark II のセンサーはソニーのIMX270

43rumors に、E-M1 Mark II のセンサーに関する情報が掲載されています。

Chipworks reveals the E-M1II uses the "Sony IMX270" sensor

  • ChipworksがE-M1 Mark II を分解してセンサーを調査しており、このカメラがソニーのIMX270を使用していることを確認している。GH5がE-M1 Mark IIと全く同じセンサーを使用しているのか、それとも少し変更を加えられたセンサーを使用しているのか、興味深い。

 

初代E-M1のセンサーは、パナソニック製(Chipworks調べ)でしたが、E-M1 Mark II ではソニー製に変更されたようですね。

Mark II のセンサーは、DxOMarkの総合スコアがm4/3で初めて80の大台に乗った優秀なセンサーなので、他のm4/3機にも採用されるのかどうか気になるところです。あと、元記事でも言われていますが、GH5のセンサーの詳細も気になるところですね。

2017年4月22日 | コメント(13)

コメント(13)

センサーの総画素数はどちらも2177万画素なので、
GH5も同じセンサーの可能性はありますね

ソニー製でしたか。動画にも強いメーカーですから、納得です。パナソニックからソニーへの変更ということですが、製品の方向性に合った、良いものを使いこなす思想は良いと思います。

E-M1 Mark IIはGH5より高感度に強いみたいなので同じセンサーでは無いかなぁ?

センサー同じだったらGH5に像面位相差付かないかなぁ・・・

GH5のセンサーは
https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=30637
こちらでGX8と同等のものとありますね。

マイクロフォーサーズ規格のカメラメーカーが複数あって、
さらに複数のセンサーメーカー選択しているのは素晴らしいことだと思います。

やっぱりソニーセンサーでしたね。
そうだとすればEM1Ⅲのセンサーがα9センサーのようなセンサーになるのも期待できそうですね

選択肢が多ければ自由競争で切磋琢磨しその機材にとって最良のものを搭載できれば願ったり叶ったりですね。
ただ製造する側からすると死活問題で大変な苦労があるかと思いますが、相乗効果でどちらもクオリティが上がっていってほしいですね。

このセンサーって、ソニーもオリンパスも公表してないけど、プロセス的にはα9に載せたのと同じメモリ積層センサーExmor RSじゃないですかね?

連写18枚って数字を聞いた時から、センサーからの読出し速度上げる手立てを何かしてないと無理じゃないかと思ってたんですが、製造プロセスについてはオリンパスは(敢えて?努めて?)何も説明していなかったので。。。。α9の連写20枚という数字をみて、ひょっとしたら。。。。?

裏面照射+メモリ積層の製造プロセスをα9向けにいきなりフルサイズでやるかな?って思うと、先に(こっそり)4/3サイズで量産技術を鍛えていたのじゃないかな、と。


E-M1 markiiのセンサーはオリンパスが設計に関わってるという話もあるのでGH5と同じ、という可能性は低いかと思います。

正直、ソニー製になってマイクロフォーサーズの画質が劇的に画質が向上したと思うので、良いことだと思います。

GH5のほうは、GX8のセンサーの改良型って言ってませんでしたっけ。
有機センサーはいつになったら実用化させるのか。
パナはセンサーで出し惜しみしている余裕は無いとは思うのですけれど。

オリ設計なら、Exmorの型番は付かないでしょう

以前の記事にもあったAPSのIMX271の4/3版じゃないんでしょうか。IMX271よりはブラッシュアップされているとは思いますが、同じインタフェース採用品では。

http://digicame-info.com/2015/04/post-704.html

裏面照射+メモリ積層のセンサーが4/3にもきてくれるとすごいうれしいのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年4月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックス「DA55-300mmF4.5-6.3」はコントラストが高くパンチの効いた素晴らしい画質」です。

次のブログ記事は「PENATX Q 用の望遠マクロが登場する希望もある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る