ソニーが間もなく新型カメラを発表することを確認?

SonyAlphaRumors に、信頼できるソースが本日中の新製品発表を確認したという情報が掲載されています。

(SR5) New exciting Sony camera will be announced today at 3-4pm London time!

  • 信頼できるソースが、ソニーが本日、ロンドン時間で午後3時~4時に新型カメラを発表することを確認した。

    もし、これまでの噂が正しけれは(「正しければ」だ)、このカメラはソニーの最初のPROカメラ、または新型のRXシリーズのカメラかもしれない。匿名のソースが次のように述べている。

    「新型カメラでソニーはプロ市場に参入し、ニコンとキヤノンに挑戦するだろう。このカメラは非常に高速で、プロのスポーツ写真家が待っていたものだ」

 

この情報が事実だとすると、あと数時間でソニーの新型カメラが発表されることになりますね。時間的に国内発表は無いので、いつものように海外先行の発表になりそうです。

SARの信頼できるソースが確認しているのは、「新型カメラが登場する」ということだけで、どのような機種が登場するのかは確認が取れていないようですが、噂のハイエンドEマウント機やRX1R III の登場に期待したいところですね。

2017年4月19日 | コメント(21)

コメント(21)

ついにα9がきますか!?
楽しみです^ ^
噂どおりのスペックなのか。
それともその上をいくのか。
新レンズにも期待です。

時計をロンドン時刻に合わせました!

楽しみに待ってます。

α6500でかなり動画も含めたAFを煮詰めてきているので、更にブラッシュアップされて連写コマ数も早くなっているならC,Nに追いつけ追い越せの可能性はありますね。

少なくともα99Ⅱ超えならかなり良い線までいくんじゃないでしょうか?

 高スペックのカメラだと想像できますが、本体もレンズも高価格路線がこれ以上勧めば、もう趣味とかで使う人も限られてくるかもしれませんね(私もですが)。
 カメラの販売台数が減っているのも高額路線も一因になってるんでしょうね・・・。

ゲームチェンジャーになるような製品期待してます。

ついに来ましたね
α9でしたらソニーがどれだけ技術を革新してくるか楽しみです

いよいよですね。ソニー1強時代の幕開けとなるかどうか。

仕事、プライベートで使い分けはありますが、3社のカメラをそれぞれ使わさせていただいている身から言わせていただくと、α99ⅱでもレンズさえ揃えば、充分にニコンやキャノンのPro機に渡り合えるカメラだと思うのですが…
つまりそれ以上って事ですよね??コレは楽しみです!!

ソニーほど良心的にフルサイズカメラをラインナップしているメーカーは他にないでしょう。
高性能高画質を求めればソニーに限らずどのメーカーでも高価に大きく重くなるのはカメラ・レンズに興味関心のある方なら承知のことですね。
ようやくキヤノン・ニコンの60万円超えのフラッグシップと対等ラインのカメラが出てくればさらにフルサイズカメラの幅が広がり、さらにさらにNEX-5のフルサイズ版も10万円以下で出てきたら最高なのですが。
あまり期待し過ぎず期待しています。

アレか?
それともアレが出るのか?
ホントに出るのか?

と、期待半分不安半分で待ちます(笑)

ロンドン時間の15時ですか、もうすぐですね
ワクワクします
α9だといいなぁ~
実売50万円程度でお願いします

動態撮影で満足できる性能ならソニーへの乗り換えを考えておりますが値段が心配。
α7R3が40万オーバースタートだったこと考えるとやっぱり60万オーバー!?
レンズも一から揃えること考えると厳しいなぁ・・・。

Eマウントでもプロ機を名乗るのであれば最低でもα77程度のボディサイズは欲しいですね。
ですけど、それよりもまず発表が楽しみです。
α77、α77II、α6000、α7、α7RII、α99IIなどと数年前から(欠点こそあるものものもありますが)あっと言わせるような製品が多いです。
アメリカでの販売台数の件も含めてソニーは既に一眼市場のゲームチェンジャー足りうる存在だと思います。
あとは、プロ仕様のボディ、プロサポートの強化、(撒き餌も含めた)レンズラインナップの充実位でしょうし、ソニーほどの体力と映像の経験があるのであれば、そんな大きな問題は無いはずです。

1DX、D5クラスと考えると、60万円くらいになりそうですね。
素人はなかなか買えないカメラですけど、仕方ないですね。

なんだか、ものすごいものが発表されるカウントダウンが始まってる気がする…
ソニーにはまだ、手を出していませんが期待大ですね
個人的には、ニコンにも頑張ってほしいです!

プロ機というのはスペックばかりが注目されがちですが、プロ機に必要とされるものがソニーの新型機に備わっているのか楽しみです。
ブラックアウト時間がなく、またピント精度が高いままAFが追従できるのかどうか気になります。
あとは熱や衝撃、水に強いかどうかですが...。

ソニーUKのプレスでましたね
http://presscentre.sony.co.uk/pressreleases/sony-expands-flagship-g-master-lens-series-with-new-100-400mm-super-telephoto-e-mount-zoom-1923976

100-400F4-5.6 GM OSSでした。

・1,395グラム
・テレコン対応
・最短0.98m
・7月発売
・2,500ポンド(今のレートで35万円)

ライトバズーカがはやりですかね!

連投すみません。
もう一つありました。α9です!

http://presscentre.sony.co.uk/pressreleases/sonys-new-a9-camera-revolutionises-the-professional-imaging-market-1923969

・24.2MP
・秒間20連射でRAW241枚、JPG362枚連続撮影
・1/32,000秒までのシャッター速度
・693点AF(位相差)
・デュアルSD、新しいバッテリー(NP-FZ100)
・5軸手振れ補正
・7月発売、4,500ポンド(現在のレートで63万円)

 こんなとこですかね?

20fpsで6秒間!?バケモノのようなスペックですね!

いずれにしても、これでカメラ業界は海外メーカーの入る余地は完全に無くなったと思いますね。
可能性があったアジア勢も、これで完全に諦めたと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2017年4月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック8-18mm F2.8-4のサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーがα9(ILCE-9)を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る